2006/1/16

「怪獣のあけぼの」打ち上げ  イベント
クリックすると元のサイズで表示します
四谷の某イタリアンレストランにて。ステージがあって楽器もあるが、
ライブをやったわけではなく、寺田さんが歌を歌ったわけではない。
単に乾杯のご挨拶。

クリックすると元のサイズで表示します
「怪獣のあけぼの」のスタッフ、出演者の方々、ほぼ全員が集合。
中央は「池袋モンパルナス」の回に出演していた、平塚美術館の土方さん、
右は特撮関係の評論家として大活躍の池田憲章さん。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
飯島敏宏監督!「ウルトラシリーズ」において、実相寺監督が変化球の名手だったとすると、
飯島監督は直球ストレートの担い手。ウルトラシリーズで、間違いなく最も知名度の高い宇宙人であるバルタン星人登場回の演出を手がけられたのでも有名だが、なんと言っても、ウルトラマンのスペシウム光線の撃ち方の演出をなさったのはこのお方なのであーる!
でも、それだけではなく、飯島監督はかの大ヒットドラマ「金曜日の妻たちへ」のプロデューサー&ディレクターでもあるのであった。凄いべ。平伏。
というわけで、何がなんでもツーショット。小柄な、品のいいジェントルマンでした。

クリックすると元のサイズで表示します
打出親五さん。円谷プロの怪獣倉庫で怪獣のきぐるみたちの保守をずっと手がけられてきた、まさに「怪獣のマエストロ」。「狙われない街」で、メトロン星人の治療をしていたのはこのお方。
怪獣倉庫にまつわるいろんなお話を聞かせていただきました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
会も終盤に差し掛かったとき、寺田さんが打出さんをステージに。
「打出さんの一番好きな怪獣はなんでした?」
「シーボーズでしたねえ・・・あいつはかわいかったなあ」
というような、いくつかのホノボノしたやり取りのあと、寺田さんの質問。
「打出さんにとって、ウルトラマンっていうのは、なんでした?」
ちょっと考えこんだ打出さんの答え。
「銀色の少年、でした」
いいなあ、それ。打出さん、マジ、詩人だ。

クリックすると元のサイズで表示します
「朋友」打出さんと寺田さんのやりとりを見つめる実相寺監督。
こんな優しい顔もするのであるw。

2006/1/18  0:29

投稿者:ウルトラマンの母
ピグモンがあまりにも切なかったので、円谷プロの携帯サイトに行ってウルトラマンの時に登場した怪獣達をげとしてきました!ピグモンはとても勇敢な友好怪獣だったのを解説を読んで思い出してますます愛おしくなりました ウルトラマンの物語のなかで、宇宙船士としてある星に打ち上げられたが、その計画の失敗を、隠蔽されその星に取り残されたことへの強烈な嫉みと苦しみにより、醜い姿の怪獣と化して地球に再び降りてきたジャミラが、ウルトラマンとの対決で、弱点の水流を浴びせられ、地面の上で苦しみ悶える姿とその悲痛な泣き声を着ムービーで再現しました 醜い怪獣と化したジャミラの姿はもうすでに消え去り、地面の上でのたうち泣き叫ぶそれは、地球にもう二度と帰れないことを知った一人の宇宙船士の…… それから、ゼットンとレッドキングとバルタン星人の泣き声と待ち受けをげとしました

2006/1/17  21:02

投稿者:キキ
今日キネ旬でテレビ評を読んで監督のお名前を見付け
こちらへ伺いましたらこんなステキな打ち上げの様子
を拝見できてウレシイです^^

「銀色の少年」!!!くう〜〜〜シビレましたっ

2006/1/17  20:07

投稿者:ウルトラマンの母
そういえばピ、ピグモン可愛かったなぁ☆カワユス×小憎たらしい、というか小さい頃いじめられてた男の子思い出しちゃって…あぁ、切ない…

2006/1/17  19:12

投稿者:爆じゅん
35話「怪獣墓場」・・・やっと見ました〜!
(トーボーズ絡みで、ずっと見たかったのだ〜w)

打出さんが忘れられないと語ってらしたシーボーズの泣き声(鳴き声より泣き声の方がふさわしいかな)は本当に切なかったんだけど、
迷子の子供がぐずるような仕草とか、頼りなく泣いてる姿とかかわいかったです〜(・・って、人が悪いか?w)
ウルトラマンはそれを諭す厳しく優しいお兄ちゃんみたいで、これまた別のカコよさがありますた〜
怪獣なのにとても人間味溢れてたので感情移入しちゃって・・・
夕日をバックにトボトボ歩く姿なんて、思わず涙出そうでした。(笑わないで〜)
最後のナレーションは、心に痛かったですぅ。。。

・・・で、まだ何話も見てるワケじゃないからはっきり言えないけど(主に変化球中心にしか見れてないし:^^;)、
大人になってから(なったからこそ?)楽しめるお話というものもあるんですね〜
「胡蝶の夢」も「狙われない街」も、この「怪獣墓場」もそうだと思いました。
映像や音楽は斬新で印象的だから映像美として楽しめたし、
カワス感じの話の展開とか、芯のあるメッセージがあるのも良いです〜

「バカモノのロマン」は感じられないかも知れないけどw・・・
もう子供の気持ちには戻れないけれど、このお話には、ぐぐーーーっと感じるものがありました!

2006/1/17  18:16

投稿者:fukuda
>>男のロマンというものが、さっぱり分からない。

怪獣は、男のロマン、なんかではない。「バカモノのロマン」である。したがって、分からないほうが正常。で、さらに、怪獣は「理解せんとする」という知的作業では最終的に「理解」も「分析」もできず。ただ「感じる」のみ。だから「感じない人」は黙ってなさい。以上。

2006/1/17  17:27

投稿者:「シーボーズ」?「銀色の少年」?
男のロマンというものが、さっぱり分からない。

2006/1/17  17:16

投稿者:寺田さん、
渋くて、かっこいいっすねぇ。

2006/1/17  17:14

投稿者:派手派手なシャツ着て、
メガネ掛けてる男の人って、誰なんだろう?もしや、浜省のバックバンドで、アコーディオン弾いてた人かな?ところで、一体、誰なの?

2006/1/17  13:23

投稿者:ウルトラマンの母
福田さん…こんなところにいたんですね…

2006/1/17  8:54

投稿者:爆じゅん
昨日はさらっと読んでたけど・・・
>>「怪獣のあけぼの」のスタッフ、出演者の方々、ほぼ全員が集合。
これってメッチャ凄いことですねぇ〜〜〜〜〜
fukudaさん、皆さんとおしゃべりする時間って全然足りなかったんじゃ・・・。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ