2006/1/29

井上氏の実家は  
湯河原市で古くから幼稚園を経営。

クリックすると元のサイズで表示します
歴史感じますなー、この看板。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
送迎バス、カワユス!

クリックすると元のサイズで表示します
人数が多いので、いったん、幼稚園の講堂にお邪魔することに。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
玄関を入るといきなりゴジラ出現。
幼稚園のイベント用に井上氏自らが制作したもの(ちなみに井上氏は美大卒w)
だそうで、
「昨日の夜完成したばっかりなんでここに置いてあります」とのこと。
さすがに普段からここにでーんといるワケではないらしいw。
それにしてもあまりにも出来がよく、かつカワいい。
浅田監督も「こりゃーよく出来てるなあ・・!」と感心しまくり。
「腕のつきかたがいいよねえ」

クリックすると元のサイズで表示します
というわけで、「ゴジラクリエーター」二人の2ショット。

クリックすると元のサイズで表示します
その後案内された立派な講堂に一同唖然。
しかも、DVDプレイヤーとプロジェクターが用意されている。
変な映画館よりはるかに立派な環境、突如出現。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
井上氏、林氏の発案により、浅田監督歓迎用の「Gケーキ」が用意される。
轟天号もゴジラもチョコ・・・と言いたいところだが、ただのフィギアw。

クリックすると元のサイズで表示します
「このゴジラ、食べれるの?」Gケーキを見つめる浅田監督。

クリックすると元のサイズで表示します
でもって、また記念撮影さーw。
この後、コーヒーとケーキを肴に、伊福部先生が音楽を担当した1964年の
中国映画を観るという、マニア度1000%のイベントに突入w。
さらにそのあとは、粟津くんという若いクリエーター(実は、JETの井上さんの弟子だったことがあるそうな)がたった一人で作り上げたフルCG怪獣映画「惑星大怪獣ネガドン」を鑑賞。去年のFANTAで福田がスケジュール上ムチャだ、と判断して見るのを泣く泣く諦めた作品だったので、食い入るように観た。
いや、こりゃあすげえセンス。「ネガドン」と戦う巨大ロボットが出てくるのだが、
もうかっちょいいのなんのっす。去年の「鉄人28号」作っちゃった人たちは、全員粟津くんに弟子入りしたほうがいい。

で、その後、地元中華料理屋に席を移して飲み会。
クリックすると元のサイズで表示します
浅田監督からはほんとにいろんな貴重なお話が聞けました。
監督、ありがとうございましたー!

2006/2/4  22:43

投稿者:爆じゅん
fukudaさん♪
「惑星大怪獣ネガドン」見て来ました♪
(遊びに来たダンナさんの友人も見たいと言ったので、急遽3人で♪)
全体のトーンがしっとりと情緒があって、それが凄く良い感じでした(^^)
お話も起承転結きっちりまとまってたし、カット割りとかもメリハリあったし
Mi-6も迫力&スピード感があって、25分っていう短い作品なのに見応えありました(^^)
(ただ、音響設備の問題なのか、音が小さかったので少し迫力に欠けてたのが残念でしたが。。。)

・・・で、上映終了後、監督の舞台挨拶(というかトークショー)があったんですが、
その時に聞いたお話をちょびっとご報告しておきますね(^^)
監督の好きな怪獣映画は「平成ガメラ2 レギオン襲来」と「三大怪獣 地球最大の決戦」だそうです。
(ネガトンの姿を見た時、ちょっとレギオンに似てる感じがしてたので、なるほど・・と思った私。)
監督が生まれた当時は怪獣映画氷河期と呼ばれる時期で怪獣とは縁がなく、
怪獣映画を見るようになったのは専門学校に入ってからなんだそうです。
それよりも、中学生の頃はアニメを良く見てたので、そっちの影響が大きいかもと。
(「AKIRA」を見た時はかなり衝撃を受けたそうで、一番好きなのは押井守さんだとも言われてました。)
ネガドンのアメリカ進出も決まったそうで、
次回作は映像物とは違う表現方法になるかもしれないけど、準備中だそうです(^^)

それと・・・
この映画を見たのは、例の「○○の不思議」wの映画館だったので、中のレイアウトがどうなってたかも報告しておきますね。
客席数150くらい(試写室のような感じ)の部屋が、通路を挟んで左右に3つずつ並んでました。(うーんw コンパクトww)
※写真もあげておきますので、よろしかったら見てください(^^)

2006/2/1  11:36

投稿者:爆じゅん
そうなんですね(^^)
そうなると、あれもこれもそうか?・・・と気になり出してきました(^^)
時間が有るとき調べてみます♪

それと、絵と音がピッタリで思い出しましたけど、
「トム&ジェリー」の「ピアノコンサート」見ましたが、見事でした! 感動しました☆

2006/1/31  23:31

投稿者:fukuda
>>もしかして、「ベイブ」もプレスコかしら

だよ。

2006/1/31  22:52

投稿者:爆じゅん
>>>案外昔からあります
そうなんですねぇ〜(^^;
「AKIRA」は、そう言えば、見逃したままになっててまだ見てません。。
・・・なので、いまいちどんな風になってるのか分かりませんが、
この方法だと、セリフと口の動きがピッタリ合いそうですねぇ。
(もしかして、「ベイブ」もプレスコかしら。)

2006/1/31  20:03

投稿者:fukuda
>>「アフレコ」は知ってるけど、「プレスコ」なんて、初めて聞きました!

このやり方は案外昔からあります。
日本だと、大友克弘の「AKIRA」のアニメが「プレスコ」。当時は案外話題になりました。

2006/1/31  16:34

投稿者:爆じゅん
fukudaさん
もうご存じのことばかりかもしれないけど、
「ネガドン」に関する面白いインタビュー記事を見つけました♪
<惑星大怪獣ネガドン 映画づくりの新ビジネスモデル>と入力して検索すると出ると思いますが、
計3回のインタビュー記事です♪

この映画って、先に声が録音してあって、それに人の動きを合わせて作ってあるそうですね〜
(「アフレコ」は知ってるけど、「プレスコ」なんて、初めて聞きました!))
この映画の作り方って、凄く難しくて大変そうな気がします〜〜〜

2006/1/30  14:08

投稿者:A☆ヒロコ
今更ながらに思い出しましたが、日本で初めてゴジラが姿を見せたのが
横須賀の観音崎沖という事を記念?してゴジラ滑り台が観音崎に有り、
(子供の頃、遊びました)
一度は老朽化の為に取り壊され、現在結構立派でリアルなゴジラ滑り台が
(本家「東宝」で制作されたモノだそうです)
『くりはま花の国冒険ランド』にてそびえ立っておりますが・・・
fukudaさんはもう見られて・・・おりますよね??
私はまだなのですが(;^_^A
ファンの方はぜひどうぞ★

2006/1/30  9:08

投稿者:はある
井上さん制作のゴジラ
節分の豆まきで活躍するのかなあ☆ふふ
背丈も子供目線でとーーーーても可愛ゆくていい感じ!
ゴジラへの愛情と子供達への愛情がにじみ出てる〜〜〜〜☆
ケーキは不○家!!ああ〜食べたい。

2006/1/30  0:35

投稿者:同じ苗字デス
白いモコモコの絵・・・ワタシも、パッと見て、おにぎり(具は、梅干し)だと直感しました〜。みやかみようちえんのバス、これまで目撃した幼稚園バスの中で、最上級にセンスいい!!大人も子供も心和む何かを感じる・・・♪

2006/1/29  22:30

投稿者:PUMITON
みやかみようちえんもゴジラも1954年生まれで奇遇ww
みなさま叔父様たち〜ケーキを前によいおかおでいらっしゃいます〜

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ