2006/2/17

報告  PSE法
今日(もう、昨日)の夜19時から、JSPAの会長 松武さん、アイデックスの社長 氏家くん、YAMAHA ARTの山崎くん、そして福田の4人で、件の「PSE法」について、TBSの日曜日午後2時の番組「噂の東京マガジン」の取材を受けた。ARTの山崎くんが、マスコミ各所にガンガン投書したところ、TBSが真っ先に反応してきてくれたのだ。
氏家くんの会社「アイデックス」のスタジオに、ビンテージのシンセをずらっとならべ音出し。松武さんはYMOのステージでも使っていたムーグの巨大モジュールシンセを実際に操作しながら、PSE法が、こうした「現役の名器」たちの流通市場を完全に奪おうとしているという事実を熱く語った。残り3名も、それぞれの考えを手短に。全部で30分程度の取材だったが、多分、放送時は2分未満に編集されるだろうなw。でも、伝えたいことは伝えたと思う。放送は今月の26日。

取材後は、「デジタルミュージックマガジン」の編集長も含め、これからの「運動」の展開についてミーティング。
我々はあくまで「アーティスト」として、我々の重要なツールの自由市場を破壊しようとしているPSE法に異を唱えていこう、という事で見解を統一。坂本龍一さんを「発起人」として、まずは音楽家の署名を集め、経済産業省に明確な意思表示を行う、ということを正式に決定した。
最終的には、PSE法内の追加特例措置として、電子楽器、電気楽器、音響機器などを、PSE法適用外の電気用品である、と認可させたい。
このブログを読んでくれているみなさんには、みなさんの「生活者」としての立場からPSE法の問題点の洗い出しをしてもらった後に、自主的な署名運動の展開などによって、経済産業省に対して、明確な「反PSE法の意志」を示してもらえれば幸いです。よろしく〜!


2006/2/26  22:35

投稿者:爆じゅん
私も見ました。
全体的にはきちんとした内容で、分かりやすく説明してあって良かったです。
細かい事を言えば「中古業者でもPSEシールを取得して販売出来ないことはない。」の後に、
「実質的には無理ですが・・・。」と付け加えて欲しかったとか、
個人資産に関わる件についても触れられれば、もっと当事者的感覚が大きくなるかとは思いましたけど、
この法律に反対というスタンスが明確に現れてるのが良かったです。
福田さん達音楽家の皆さんのインタビューでは、文化を継続していく大切さに焦点があてられてましたね。

それにしても、経産省の答えには怒りが。
あと一ヶ月で周知徹底につとめるって、それはあちらの都合で、もともと予定通りのことですよね。
マークを早く統一したいと言っても、それは消費者の為じゃなくて、
「規制する側がやりやすいように」・・・ってことで、結局自分達の都合しか考えてないし。
谷みどりさんのブログで訴えられてた声が全否定されたような気になりました。

24日に国会で質疑応答があったそうだけど、
ビンテージ楽器については個別に丁寧に対応していくという見解だとか。
何か突破口は無いかしら・・・。

2006/2/26  14:02

投稿者:30代学生
噂の東京マガジン、いま放送見ました。福田さんもインタビューに答えていらっしゃいましたね。でもこの状態で、こんなに周知されてないまま、残りあと1ヶ月です〜っていう状態で本当に施行されるんですかね?施行するならやっぱり特例措置をとるべきだと改めて思いました。私も微力ながら署名活動に参加させていただきます。でも、経済産業省の担当者も「(PSE法が周知していないことについて)大きな反省です」って認めているんだから、もう一度考え直すことをしようとしない・・・・・だろうなぁ。ちなみにウチの家電製品、PSEついてるものないですよ( ̄▽ ̄;)!! とにかく、たくさん署名集めて見直しさせる方向で私も頑張ります!!

2006/2/17  21:16

投稿者:爆じゅん
>>>パソに関しては、ほっといても3〜4年たったら捨てるしかないから、はなっから規制対象にしてないんじゃないか
そうですよねぇ。その方が自然ですよねぇ・・。
PCを「リユース度が高い」と言った人は、中古パソコンショップが沢山あるからそうイメージしたのかも知れないけど、
大体、2001年前に製造されたパソを買い取って貰おうとしても買い取って貰えるか怪しいし、
実際売られてるのは見たことはないのかもしれないですね。
・・・で、私は、PCが対象外なのはもっと政治的に裏があるのかと・・・。

>>>一体誰が言い出しっぺで制定された法律なのか、ですら、今、よく分からない状況。
そうなんですね・・・。
リサイクル業者さんにまで及ぶ規定は、最初は無かったっていうのも読んだけどほんとうなのかしら・・・。
それなら、付け焼き刃みたいなのもちょっと納得できる気もするんですけど・・。(でも、これは確証ないかな。)

輸出入に関する部分は、あんまり読んでなかったので読んでみます。

2006/2/17  18:42

投稿者:fukuda
>>日本で安全でないとされているものを輸出してもいいのか

ですよね、普通はそう考えるんですが・・・経済産業省の考え方は全く逆で、「それは輸入するほうの問題」に属するのね。要するに、この製品が安全かどうかの判断は、あんたんとこの政府にまかせた、買うほうの自己責任において買ってちょー、という事です。
でもこれだと、BSE問題で、アメリカ政府の牛肉輸出の対応に文句言えないよーな気もw。

>>私は法律そのものの意義については反対ではないです。

そう、もちろん「意義は正しい」。安全管理、っていうのはある意味、「錦の御旗」だしね。
でも、どうもそのウラにあるいろーんなものが、ねえ・・・多分今後、叩けば叩くほど、ホコリの出まくる法律だと思いますよ、これ。大体において、一体誰が言い出しっぺで制定された法律なのか、ですら、今、よく分からない状況。
それに、この法律が安全管理、ということを本当に第一に考えてるのなら、爆じゅんの言うとおり、「きちんと修理された中古品」が流通している状況のほうがはるかに「正しい」わけで、個人売買とか無償供与とかはほおっておく、という見解はどう考えても「理論的に変」。この状況でもし火災が発生した場合の責任は誰が取るのか?

>>>「リユース度が高い」などの理由からパソコンや電話機は法律そのものの対象外

マジで???これを言った人ってパソ、使ってないんじゃないの?少なくとも、今、例えば2001年製のパソを中古で買おうっていう人は、多分、相当変わりモノのマニアか、単に何にも知らないか、だよな。
俺は、逆に、パソに関しては、ほっといても3〜4年たったら捨てるしかないから、はなっから規制対象にしてないんじゃないか、とまで思ってたんだが・・・

2006/2/17  18:03

投稿者:爆じゅん
コミュ、読んで来ました。(ちょっとヘロヘロ〜〜〜)
「PSE」マークの発行プロセスや検査機関には全然目が行ってなかったので、教えて頂いて良かったです。
ここから先、転載OKのコミュからなので問題ないと思って書きますけど、
検査自体、特別大掛かりでは無いらしいですねぇ・・・。
・・・で、頭パンパンで働かないんですけどw
おかげで、PCがなぜ対象外なのか理由が書かれてる記述を発見しました。
http://www.sankei.co.jp/news/060217/kei017.htm
>>>「リユース度が高い」などの理由からパソコンや電話機は法律そのものの対象外
こう本当に取材時に言われたとしたら、
「リユース度が高い」製品(リサイクルショップ)に並ぶ確立の高い商品ほど対象外になるってことですよね???
新聞社のWebページだから・・・とは思うものの素直に受け入れられないほど、ヘン・・・。
どこまで、おかしな説明が続くのか興味があるけど、笑ってる場合じゃないですね・・・。

署名運動を起こしてるサイトもひとつ見つけました。
お役所も周知徹底不足(故意かどうかは知らないけどw)は認めてるようなので、
とりあえず「猶予期間延長」を求めるってことで、参加しようと思います〜

2006/2/17  18:02

投稿者:maria
私は法律そのものの意義については反対ではないです。あくまでも安全性を考えての事だとおもうので、
ただ、リサイクルという意識が芽生え育って市場が出来てきたところで、それをつぶすような法律は賛成できません。中古品でも自動車のように公認の検査機関で検査後市場に出せるようにしてもらいたいです。時代のものを大切にするという流れからは逆行しているような、、、
この法律では、シールなしの中古品は海外には流せるということです。
その場合、受入国の法律に従うということで安全検査の必要は必ずしもありません。日本で安全でないとされているものを輸出してもいいのか?私はなんかごみ予備軍を海外に輸出する道を作っているような気がします。

2006/2/17  16:57

投稿者:「東京マガジン」に、
福田さんが出演するんなら、とりあえず、チェックしときます。

2006/2/17  15:05

投稿者:fukuda
>>PSEマークに反対ではないです

確かに、このマークの機能そのものには意義はある。でも実は、このマークの発行プロセスにもいろいろ問題がありそうです。
だいたい、このマークを発行する(発行できる)検査機関、というのが、まあ、例の耐震構造偽装問題でも出てきた「イーホームズ」みたいな「民間の」、でもようするに「天下り官僚」の受け皿、みたいな機関。
「部品の検査一件につき、20万円から50万円」という法外な値段をとってで検査を請負い、検査に合格であればPSEシールを発行している(ただし、正確を期すために書くけど、これはたとえば一台につき、という意味ではなく、電気用品の企画そのものの検査に関して、ということ。だから、例えば部品Aというものがいったん検査に合格すれば、その部品Aは何万個でも生産してよろしい、ということね)
まずこの値段の根拠が全然わからない上に、
実際は「民間機関」なんだから、検査の内容が実践できる、という証明ができて大臣の承認を得さえすれば、たとえばJSPAで「検査機関」を立ち上げて、独自でPSEマークを発行することだって出来そうなんだが、松武さんが実際に経済産業省でこの内容を打診したら「それは出来ない」と言われてる。
で、なんで出来ないのか、の説明は全然なし。
ただ「出来ません」と。
確かに、そこらじゅうに「検査機関」が乱立したらえらいことにはなるんだろうがw、少なくとも、「検査機関」に関する、きちんとした審査のシステムとかが存在しててもいいはず。で、その審査に合格できれば、「検査機関」が新たに成立する。
でも実際には、そんなことは「ない」。
なぜないのか、の論拠、法的根拠も、多分、「ない」。つまり、「きちんとした検査機関」を新たに民間で立ち上げる道は、あらかじめ閉ざされてるのね。
これ、単に、天下り役人のための「既得権」擁護なんじゃないのか???いったい、どうなってんだ。
な、考えれば考えるほどイヤんなってくるでしょw。

2006/2/17  13:12

投稿者:fukuda
MIXIなんかでは、すでにこの問題はすごく話題になっていて、PSE法関連(もちろん、反対のスタンスの)のコミュニティもたくさんあります。3000人以上が参加しているコミュニティもあり。是非そっちからもこの情報にアクセスしてみてください。

2006/2/17  10:13

投稿者:爆じゅん
あの・・・いくつも何度もすみません。。。
ちょっと気になるので・・・。
>>>PSE法反対です。
と書いたけど、電気製品の安全性が高まるという点では、PSEマークに反対ではないです。
運用の仕方等、反対する部分があるということで・・・。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ