2006/2/17

なんかいつもとあまりにも雰囲気違うんで  PSE法
アクセスもコメントも増えないような気がしてますけどw、
このPSE法の問題に関しては、みなさん、もっと積極的に興味を持って欲しいです
と、率直に言っておきます。

福田はあくまで「音楽クリエーター」の立場から発言してますが、
実はこれ、「普通の生活者」にも、実は甚大な被害を及ぼしうるので。
以下、その「可能性」について。
某サイトにあった記事が、とても端的にきちんと整理されていたので、そのまま引用させてもらいます。

>>>>重要な問題点は「工場や小売店や農家や企業で100vの設備は全て転売禁止=資産ゼロ判定」になることです。
(ある人が税務署に問い合わせたら、資産0の評価損として処理していいようです)

ソース:http://money4.2ch.net/test/read.cgi/tax/1139822890/14

これにより、中小企業、個人企業、農家などは大ダメージを受けます。さらに、ダメージを受けないまでも、多くの企業に影響を与えることが分かりました。

▼設備を担保にした銀行からの融資は打ち切りの可能性。
▼中古を下取りに出し、また型落ち中古を買うことが当たり前の中小企業、個人企業、農家にとっては、新品の購入を迫られるのは死活問題(印刷機、コピー機、脱穀機、ミシンなど多くが対象になる。)
▼日本の技術を支える旋盤などでは、古く長年稼動しても安定する機器を使うため、ワザワザ長年壊れず生き残ってきた実績のある中古品を選んで使っているが、それが出来なくなる。→新品の不安定なマシンを使わざるを得なくなる。日本の技術基盤の崩壊。
▼20万以上の電化設備は固定資産に含まれるが、 固定資産が突然減少することになり、固定資産税の税収にも影響。また、この損金処理で赤字になる企業も出る可能性が高い。

と言うか、ほとんどの企業の今年の決算は、固定資産について見直し、処理し直しをせざるを得なくなる。<<<

どうすか。 マジでヤバイ感じがしてきたでしょう。
耐震構造問題はまだしも、とりあえずLDやホリエモンはもうどうでもいいからw、
こっちの問題に目を向けてみてください。


2006/2/26  16:45

投稿者:生
これ、ミュージシャンに限らず、小規模な町工場とか、とにかく新品の機器が買えない事業者はみんな困るんです。中には、やはり古い機会じゃないとダメ、って言うのもあるらしいです。
また、深刻なのが、過疎の村の開業医なども、新製品買うゆとりはないので困っているとか。

大企業優先、弱者切り捨ての制作は、いい加減にして欲しいですね。

http://www.ubuman.com

2006/2/18  14:44

投稿者:はある
福田さんたちは「アーティスト」として、電子楽器や音響機器等への影響を考え
この某サイトの方は、企業や農家、そして税収への影響までも考えてまとめていらっしゃる。
どちらもとても分かりやすくて参考になります。

2006/2/18  0:57

投稿者:PUMITON
自営のわがやにも影響ありそう〜
カキコはしなくてもここを覗いている人たちの中には何らかの動きを起こそうと思う人も多いはず・・

2006/2/17  19:30

投稿者:おりえ
pseについて、全然知りませんでした〜仕事関係のことと、自分の興味のあることにはアンテナを張っていたのですが。さまざまなことが変わっていき、自分の頭は固くなっていく。リサイクル法との兼ね合いは?環境保護は?この法の目的は?色々考えてまーす。

2006/2/17  18:36

投稿者:爆じゅん
そうです〜
「業務用」の電化製品って信じられないくらい高いんです〜
冷蔵庫でも電気屋さんで買うと2万くらいで買えるのが、業務用というだけで10万くらいしちゃうんです。
寂しい話、お店をたたむ時、同業者の友人知人が集まって業務用の電化製品とか頂くので、
お店にはほとんど何も残らないということも・・・。

職人さんには、使い慣れた道具って必要不可欠ですよね。
あ・・そう言えば、さっき読んでた中で、
電子楽器は電源が変われば音も変わってくる・・・って書いてあるのを読みました。
そうなんですねぇ。それ、知りませんでした。

自分レベルで考える時は固定資産の事は浮かばなかったけど、これは凄いです。。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ