2006/5/2

スーフェスでの収穫 vol.3  フィギア
        クリックすると元のサイズで表示します
清水くんの今回の「Bムービーモンスターシリーズ」は、1972年のカルト的傑作SF
「サイレントランニング」に登場する「ドローン」というロボット3体、ヒューイ、デューイ、ルーイ。まあ、全然「モンスター」ではないのだがw、企画としてはホントに痛いところ突いてます。

           クリックすると元のサイズで表示します
ちなみにこれが「本物」。両足のないアクターさんが入って、両手でロボットの足を演じたという話はマニアには有名。実に見事に愛らしく切ない「ドローン」たちの演技は、一度見たら絶対に忘れない。ある意味、「着ぐるみ」の表現力の凄さ、を見直すはず。

           クリックすると元のサイズで表示します
どういうストーリーなのかは、各自ネットで調べるなり、実際に観るなりしてくださいw。ただひとつだけネタをバラすと、誰もいない宇宙ステーションに取り残されたドローンが、たったひとり(まさに、ひとり、という感じ)で、ジョウロで植物に水をやっている、ステーションは宇宙空間をさまよい続ける・・・というのがラストシーン。本当に、胸がかきむしられる様に切なく深いラストで、「泣ける映画」というのはこういうのを言います。「小さき勇者たち」で泣いてちゃダメw。
ちなみに監督のダグラス・トランブルは、かの有名な「2001年 宇宙の旅」のSFXマンで、これが初監督作。この作品の後には「未知との遭遇」のSFXも担当している超優秀なビジュアルセンスの持ち主なので、この「サイレントランニング」、1972年の作品としては画も相当カッチョいい。残念ながら内容があまりにも「地味」なので公開当時はアメリカで大コケ、そのせいで日本ではその10年後の1982年に公開されましたのだが、その時点で観て、全然「10年前の作品」という感じがしなかったのをよく覚えている。

           クリックすると元のサイズで表示します
       で、今回はそのジョウロも再現されてます(全長1センチ以下)。

2006/5/2  15:24

投稿者:kuro
(・o・)ゞ了解!
fukudaさん、ありがとうございます。
>そのへんの意識は、「アメリカのよいところ」に属する、と福田は思います。
私も同感です! 
そういう場面に出逢った瞬間、ストーリーに関係なく思わず泣きそうになります。

2006/5/2  15:11

投稿者:fukuda
>>本当にそうしたのですか?

福田が見たわけではないのですが(笑)、本当にそうしたらしいです。アメリカの映画業界は、肢体欠損の役者さんを映画などで積極的に雇う事においては定評があり、スピルバーグの「AI」にも、足や腕のない役者さんが、ジャンクロボットの役でたくさん出演しています。そのへんの意識は、「アメリカのよいところ」に属する、と福田は思います。
「サイレントランニング」のロボットはほんとうに「名演」をなので、是非、見てみてください。

2006/5/2  14:47

投稿者:kuro
>両手でロボットの足を演じたという話

バランスとか難しそう!
本当にそうしたのですか?
だとしたら、最近の作品には無い温かいものを感じます。
近未来のAIとの共存の世界にこそ、失ってはならない大切なもののような。

2006/5/2  14:30

投稿者:kuro
カワイイなぁ〜♪ 全長1センチ以下の「そのジョウロ」♪

と〜っても☆欲し〜い!・・・・・・・・・・・・・・でも・・売り物じゃないんですよね〜(〃_ _)σ‖

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ