2006/5/18

いや、別に知らなくってもいいんだけど  映画
世の中にはこういう映画もあるんだ、という事で、一応紹介しときますw。

「ネクロマンティック」(1987)と
「ネクロマンティック2」(1991)


ドイツの「鬼才」とか「鬼畜」とか「変態」とか「○チガイ」とかいろいろ言われてて、今のところ全作品がドイツ国内では政府命令で上映禁止、かつ「原盤焼却」(!)処分になってて、でも実際会ってみると気さくでいいヤツだと、というウワサの監督ユルゲ・ブットゲライトの代表作。
たまたまいろんな映画のサイトをうろついてたら紹介されてて、こりゃあ一応見ておかにゃーな、と思って、もう一作「死の王」との3本パック(アルバトロスが発売!やっぱりアルバトロスはエラい、というか、バカというか、すごい)をAmazonのユーズドで購入。仕事の合間に見てみた。
そしたら、まあ、評判どおり、普通の感覚の方々には相当、っていうかメチャクチャキツい内容だったがw、映画として思ったよりはるかによく出来ていて、特に「2」のほうはその辺のタルい恋愛映画よりはるかにちゃんとした恋愛映画。個人的には、宗教色がゼロの点や、後半で笑えたのもポイント高し。
才能あるぞ、ユルゲ。さすが、タダの変態ではない。
あ、でも、ここで福田がこう書いてたから、と言ってうかつに見たりすると、多分、一週間以上(人によっては一生、思い出すたびに!)吐き気が去らないクラスのキモい描写続出なんで要注意!
映画のグロ描写に慣れてる俺でも、メシを食いながら見たら確実に吐くでしょう。
たしかに「タダの変態」じゃないけど、あきらかにすごい変態であることは確かだからな、ユルゲ!映画を撮ってなかったら間違いなく犯罪者だっただろうなあ、この人。映画とめぐり合って、よかったねえ・・・マジでそう思う。
なんせテーマがタイトルどおり「ネクロフィリア」で、しかも、出てくる死体はみんなビチョビチョに腐って糸ひいてて、そういうレベルの死体さんたちとSEXするのが大好きな人たちばっかりが主人公で、血しぶき、死体解体も満載、かつ、生の動物解剖シーン(これはキツい!)まである。でも、あくまでテーマは「愛」。ドイツ人ってほんと、業が深い。まあ、人種的に云々しなくても、人間って深いよなあ、と思う。
詳しい内容に興味のある人は、監督名でググれば詳しいストーリーを紹介してるサイトも案外あるので、なんとなく(是非、とは言わないw)どうぞ。「映画表現」にはこういう「深み」もあるんだ、という事の、実にシンプルな一例として、知っておいても損はない(と思うんだけど)。でも、別に知らなくってもいいか、やっぱw。

2006/5/29  1:21

投稿者:同じ苗字デス
すみませ〜ん!またもやどうしてもご報告したくて・・・。今、TVをつけたら、テレビ大阪「給与明細」という番組がたまたま映り、「映画でよくある〇〇製作委員会とは?」という質問が出たので、興味があったので見ていたら、「この質問に、ある映画監督が答えてくれた」というナレーションと共に河崎実監督がアップで登場!「おおーーーっ☆」と注目しました。監督は淡々と明快に答えておられました。そして「かにゴールキーパー」の宣伝に。再び、観客席でエキサイティングな声援を送るfukuda氏を観させて頂きました♪・・・このミニコーナーで勉強になったのは「映画の上映は、その作品の宣伝のようなもの。上映に収益よりもDVDの収益が大きい」という現実でした。全部の作品がこれにあてはまらないでしょうが・・・。

あ(^o^)もちろん、CMやTVでの紹介だけ見て喜んで終わるワタクシではございません!スクリーンでも拝見してきますーー♪♪

2006/5/20  21:23

投稿者:はある
おおー
爆じゅんちゃん☆情報ありがとね!
私も予告ムービー見てきたよ。
ぐふふ
本編も楽しみーだあね。

yohさん
優しいコメント☆ありがとう〜



2006/5/20  9:59

投稿者:爆じゅん
>>しつこいようですが、本編も観ようねww!
はい! もちろんであります!!

ところで、公式HPの予告ムービで、
ちょいお先に福田さんの姿見れました!
1回ですぐ発見!・・・っていうか、見逃しようが無いって感じですた(爆)
本編、楽しみだカニ〜www

2006/5/20  4:29

投稿者:yoh
こんな映画・・・って人それぞれ価値観が違うから仕方ないけど
本当にくだらない映画ならこんな風に議論も起こらないだろうし
ただグロくて意味もなく殺戮したシーンだけを撮影した映画なら
fukuda氏が好意的に載せていないだろうと思いますがどうなんでしょう?

感謝していただくこと>大切なことなのでそれ自体は悪いとは思いませんし
自分もそういった思いで「いただきまーす」の言葉をです。

ただ、自然界の生物より遙かに残酷で無駄に殺戮している生物が人間なんじゃぁなかろうかとも思います。
「感謝していただく」ってことも
そう言ったことから目を逸らさず踏まえた上で
自分の中にありたい気持ちの一つだったりしています。




2006/5/19  21:13

投稿者:はある
>>大企業が平気で使う「人員削減」とか「人員整理」っていう表現のほうがよっぽどイヤ
そっかあ、そう言うふうに感じた事ないなあ。それに
>>そういうシステムで平然と動いて「繁栄」してる現実社会のほうが、どんな殺戮者より残酷
へーそうなんだあ。って思ってしまう私は、考えが足りてないのかもしれない。
いつもコメントする言葉は私の素直な感想なんだけど、間が抜けてんのかも〜〜〜〜〜〜ああ。

2006/5/19  19:10

投稿者:PUMITON
>>国家的規模での「表現規制」によって改善される、とは福田は全く思いません
そうですね〜規制の厳しいどこぞの国は、正義のためといっては戦争してますもんね〜〜
文明・・発達すればするほど「悩みは」大きくなるのですね〜って、想像力欠如してるからなやまんか〜ww

2006/5/19  13:40

投稿者:fukuda
>>日本人的な倫理観

暴力に関する「倫理観」の問題は、民族的な(集合無意識的な)問題に加えて、哲学的、宗教的な問題だと思うんだよね。語りだしたら、もうそれはそれは、すごーくめんどくさい。だからここでは語りませんw。
ただ福田個人の考えでは、「暴力を規制する方向に働いていた日本人独特の倫理観」という「特殊」なものは想定しないほうがいいと思う。そんなものがちゃんとあったのなら、戦争なんかしてないわけだし。
他人の感じるだろう痛みが分からない、という、想像力の決定的欠如は、「肉体として生きる実感」の喪失とともに、いわゆる「先進国」全般で起こっている世界的現象だと思います。で、この現象が、国家的規模での「表現規制」によって改善される、とは福田は全く思いません。

>>「かにゴールキーパー」のCM

そ、そんなのTVでやってるの!?スポット料金安いんだなあ、TV大阪ww。まあ、もしよかったら、知り合い眺めるっていう動機だけででも見てやってください、「かにゴールキーパー」の本編も。

>>「殺戮者」 じゃなくて感謝して 「いただく」

この問題も、実はめっちゃ「宗教的」な(仏教的な)エリアに属すると思うので深くは語りません。
でも、「感謝していただいて」たって「殺される側」から言ったら、やっぱり殺されてるワケね。俺はキモくて見てられないけど、魚の活き造りなんか、魚からしてみたらやっぱ公開殺戮、なんじゃないかなあw。
そういう「言ったら元も子もないじゃん」みたいなことを敢て言ってみるのも「芸術の一種」なんじゃなかろうかと、そういう事。
俺は、生き物を殺して食う、っていう表現より、大企業が平気で使う「人員削減」とか「人員整理」っていう表現のほうがよっぽどイヤだし、そういうシステムで平然と動いて「繁栄」してる現実社会のほうが、どんな殺戮者より残酷、と思ってます。

>>「かにゴールキーパー」のCMまだ見てません〜!福田さんも映るんですね! ああ、見たい〜!!

しつこいようですが、本編も観ようねww!



2006/5/19  10:44

投稿者:な吐息
私は愛こそが映画とゆー虚像の世界のテーマだと思ってるから、
こんな映像の(って観た事ないし存在も知らなかったから、この映画の愛は分からないけど)
テーマなんて
やっぱり嫌悪でしかないですね〜ww
って、さらりと流したみたいですけどぉ♪

映画って莫大な資金が必要なんですよね〜
この監督さんは決してこんな映画ばっかり撮っていたのではないから、こんな映画も撮れたのかしら・・
芸術表現は自由であってもいいけど、こんな映画を撮る資金があるんなら、
もう少しなんか違うところに役立てるとか出来なかったのかしら・・ってちょっと思いますた。。と同時に

現実に世界の中には虫を主な栄養源として生活している人たちもいるんで、決して虫を食べられない私としては
腐ったものを嫌悪無く役立てられることが出来たら、世界の価値観が変わってくるのかもしれない・・
って脳裏を掠める自分にちょっと驚き?〜fukuda氏・・
「いや、別に知らなくってもいいんだけど」
なんていう魅惑な表現に魅かれて恐いもの観たさの扉を開いてしまう変態・・いるかもですわww

2006/5/19  9:45

投稿者:爆じゅん
>別に好きじゃないw。平気なだけ。
アハ(^^; 失礼しました〜

・・・で、なるほど・・・。
この映画の「深み」って特異性の事かと思ってたんですけど、
fukudaさんの説明読んで、やっと少し気付いたであります・・・。

>>映画である限りは絶対にニセモノ
これは私も基本そうなんですけど、
生理的にダメなのは映像でもダメみたいで、あと、臓物系はまだ神経に刺さります〜
それと、暴力描写そのものはダメじゃないけど、リンチシーンが長く続くのはダメかなぁ。

>>テレビドラマとかでも平気で大出血する
確かに〜
TVドラマレベルの大量出血シーンは、子供の頃から見てるせいか全然平気です〜
感覚としては、演出(演技)がゆるめだから、血の量で事の重大性を判断するというかそんな程度かも。

・・・で、話は飛ぶけど、「かにゴールキーパー」のCMまだ見てません〜!
福田さんも映るんですね! ああ、見たい〜!!

2006/5/19  9:39

投稿者:はある
>>>生き物を殺して食っている「殺戮者」としての自己存在
自然界の法則によって、生きていくために、それぞれがその範囲内で、食べる。
「殺戮者」 じゃなくて
感謝して 「いただく」 そんなそれぞれの自己存在。

どうしても、「殺戮者」 という言葉に引っかかってしまう私は・・・・・・・

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ