2006/5/21

ダイブ禁止なんて言ってると死ぬぞ!  映画
だって船、ひっくり返っちゃってんだから!というこの映画。試写会に行ってきた。

            クリックすると元のサイズで表示します

当ブログにアクセスしてくれているみなさんに多いと思われる年代のかたがた(ああ長い主語・・)は、相当の確率で知っている、または観たことがあるだろう「ポセイドン・アドベンチャー」のリメイクであります。
巨大客船まっさかさま!の妙な空間を、ジーン・ハックマン、アーネスト・ボーグナイン、ステラ・スティーブンス、シェリー・ウィンタース、といった超個性的キャラが逃げ惑う1972年制作のオリジナル版は、まあ、今見ればさすがに30年以上前の作品で、一種の「のどかさ」さえ漂よっちゃっているのだが、誰が生き残るのか本当に分からなかったシナリオの秀逸さも含め、いわゆる「パニック映画」の原点となった傑作。そういう、明らかに娯楽映画史に残る名作をリメイクする、というのは、ほんとにネタがないんだねえハリウッド、と言う根本的な問題はさておき、相当の度胸がないと出来ないし、度胸満点で挑戦しても相当の確率で失敗する。典型例はティム・バートンがよせばいいのに挑戦しちゃった「猿の惑星」だ。
今回の「ポセイドン」も、あんな感じの、作らなきゃよかったじゃん映画、見るんじゃなかったぜ映画、になってるんじゃねーのかなあ、と、半分コワいもの見たさで見たんですが・・・これが意外にも、よかった。ここのところ「パーフェクトストーム」とか「トロイ」とか、尺の長い映画ばっかり撮ってたウォルフガング・ペーターゼン、なんと1時間38分でこの大パニック映画をまとめて見せた。その手腕、実にお見事。
キャストのキャラの立ち方、に限って言えば、はっきり言って前作の圧勝だが、SFXの見事さ、実写でどっかんどっかん噴き出す水の描写の凄さ、とにかく逃げ続けないと即死亡、というおっそろしい状況描写の的確さ、スピード感、迫力、どれをとっても一流。こういう映画に限っては、当たり前だが、金のあるプロジェクトには絶対かなわない。さらに、シナリオがある意味非常に「冷徹」で、ネタばれになるので詳しくは書かないが、「災害現場でとにかく生き残る」という描写において、うわっ、そうくるか!という非常に厳しいシーンもあり。この描写は全くスプラッタ描写ではないが、「重要な後味の悪さ」として相当尾を引く。シナリオライターは確信犯的にこうしたのだと思うが、賛否両論巻き起こすかも知れない。あと、個人的には、クライマックスのシーケンスの作り方に、ひさびさに映画人の「ちゃんとしたトンチ」を感じて、評価が物凄く上がった。クライマックスのアイディアと盛り上がりは、はっきり、前作をはるかに凌ぐ。というワケで、基本的に大変よく出来ていたので、あんなに激しく水浸しになってたら、漏電で全員一撃感電死じゃないのか?、とか言う、元も子もないツッコミはこの際入れないでおくw
それにしても、リチャード・ドレイファス(「未知との遭遇」や「JAWS」の主人公ね)が、ものの見事にじいさんになってるのにはガク然。ああ、時間は確実に流れてるんだねえ・・・・・

2006/6/6  23:47

投稿者:PUMITON
はあるさまに続き〜みてまいりましたよ
息を詰めてみる部分が多く〜溺れそうでありましたw
>漏電で全員一撃感電死・・本編ではありませんが、撮影するほうもされる方も、これが一番こわかったのでは〜ww
映画始まる前に水分取りすぎで、途中でトイレに走りましたが、流れ去る水を眺めて、なぜか、クライマックスの映像が過ぎりましたwww

いつも、映画館では、後方の席で観ていたのですが、トイレにたったときに最前列を横切りながら、スクリーンを見ると、凄い迫力〜
今度は、自分の視野の限界の所で観てみようかなと・・

2006/6/5  22:33

投稿者:はある
昨日
見てきましたーーーーー!
いやあほんに心臓バクバクで、ちょっと私大丈夫?ってぐらい息苦しかった。
>>>元も子もないツッコミ
には楽しく笑っちゃうけど、
>>>西暦2006年のアメリカ人の「SURVIVE」への一つの明晰なサンプル
ほんと今の時代を表してますね。
このサンプル
変わっていくこと、出来るんか

2006/5/30  8:19

投稿者:はある
いっつも思うことなんだけど
ほんと 福田さんのコメントは分かりやすいです。
↓のも、ふむふむ。ふむふむ。って感じで

「ポセイドン」
ますます楽しみ☆だあー

2006/5/29  0:57

投稿者:fukuda
>>どうも 福田さんがお勧めする映画はマイナーなイメージがーーー

確かになーww。大体、俺がハリウッド大作を褒めてること自体、珍しいし。
「ポセイドン」、各所では「オリジナルの足元にも及ばない殺伐とした映画」「ただのジェットコースタームービー」とかいうワリと否定的な評価が多いのだが、福田は、この映画、「明らかに前作と違うテイスト」にするべく、あえて単純なジェットコースタームービーにしてある、と思う。余分なベタベタドラマなんか、まっさかさまにひっくりかえって今にも沈みそうな船の中では、全く不要。躊躇したら死ぬし、無謀でも死ぬし、間違った判断したらそれだけで、即、死ぬ。この映画には、あきらかに、「911」以降のアメリカ人の中に芽生えてしまった、極限状態で生きぬく事、に伴う、リアルな恐怖感がある。
ちょっとネタバレかもしれないが、福田の大大大キライな「アルマゲドン」をおちょくってくれている展開もあり。これも、福田がこの映画を気に入った要因のひとつw。
とにかく、この映画のスタッフは、人間ドラマとしてあまりにも見事だったオリジナル版に「唯一対抗できる作りかた」をちゃんと選択している、と、思う。
味気ない、とか、ドラマがない、とか、短すぎ、とかいう評価は、それこそ的ハズレもいいところ、だろう。
ただ、今回の「ポセイドン」が、オリジナル版のように、30年以上経っても色あせない映画か、といえば、全くそうではないだろう。
あくまで、今回の「ポセイドン」は、西暦2006年のアメリカ人の、「SURVIVE」への強烈な志向の一つの明晰なサンプル、として存在し、その同時代性においてのみ評価される作品だと思う。

2006/5/27  21:32

投稿者:はある
今日の夜だけの先行上映
すんごく楽しみに見に行ったら・・・なんと
満席!
たった今帰ってきました・・・ああ。
「ポセイドン」
人気あんだね。知らんかった。
どうも 福田さんがお勧めする映画はマイナーなイメージがーーー

2006/5/23  15:31

投稿者:PGF
お邪魔致します。
なんだか真面目なお話の中なんですが・・・(汗)
前日からのつながりにこの日の福田さんの見出しに笑ってしまいました・・・。

それと・・・ダンスウィズウルブス映画館で見ましたが当時も今と変わらずぼよよ〜んっとしか映画見ないので感覚で楽しい〜♪悲しい〜。とかそんな感じなのでもう少し映画の見方・・・とか考えてしまいました。んーでも当時ネイティブアメリカン関係の本読んだの思い出しました。
ダンス〜で出ていらしたネイティブアメリカンのかたけっこう映画にでていらしたのみてなんか嬉しく思ったときありました。グリーンマイルにもでていらっしゃいましたね。

2006/5/22  18:51

投稿者:爆じゅん
>>問題はまさに「そういう意識の構造」そのもの
そうですね。
ユンゲくんwの作品じゃないけど、これも「正常な倫理感覚」の下に隠された欺瞞と言えるかな。
(・・って、エラそうに書きつつ、そういう部分、自分もあるかもしれない)
自分じゃ気付かない無意識の部分って気付くの難しいので、そのTV番組の試みは良い点突いてると思いました。
笑った直後に凍り付く・・・そんな瞬間、たくさん出てくるといいな・・・と思いますです。

2006/5/22  13:52

投稿者:fukuda
それしきのことではなにも変わらないでしょ。
ただ、何かを考える契機にはなるかもね。

もう随分前になるけど、ケビン・コスナーが監督主演した「ダンス・ウイズ・ウルブス」という映画があった。
見た人も多いと思うが、これ、「白人がネイティブイアメリカンとして生き、その立場からすべての物事を見直してみる」というマジメーなテーマの映画で、いわゆる「ホワイトの良識」に訴えかける映画だった。
作品的には大変立派で素晴らしい出来だったが、この映画を見て「感動した」多くのホワイトは、この映画に出てくるメチャクチャ粗暴で野卑なホワイトは私とは違うホワイトで、私はあんなんじゃない、私はインディアン差別もしないしナチュラリストだし、とか思いながら、すげえ排気量のクルマぶおぶおいわせてコカコーラガブ飲みしてるホワイト(ほとんどが、デブちん)だったはず。
問題はまさに「そういう意識の構造」そのもの、なのだ。

2006/5/22  10:07

投稿者:爆じゅん
・・・で、排他的差別意識と言えば、
すぐ↓で書かれたfukudaさんのコメント読んで、町山さんが紹介されてた『Black. White.』っていう番組の事、思い出しました。
なんでも、特殊メイクで、白人一家を黒人一家に、黒人一家を白人一家に変身させて、違う人種としての生活を体験させるリアリティTV番組だとか。(見てみたい。)
1回目の放送は驚異的な視聴率だって書いてあった(その後は分かりません)けど、少しでも意識変わってるかしら。

2006/5/22  2:04

投稿者:fukuda
いっぺん、「アメリカ人が出てきたら絶対悪役」というシリーズものを作って見せてやらんとダメかもw。
とにかく、悪の結社の黒幕は必ずアメリカ人。で、手下はショッカーみたいにばっしばし撃ち殺される。
多分、そういう描写をさんざん見せられてムカッ腹立ってはじめて、あの人たちは自分らが他人にやってることの意味が分かるんでは?・・・あ、ワカランかな。とにかく、おそるべく想像力の欠如した人たちだからなあ・・・・

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ