2006/6/7

6月4日、BeatNutsのライブと重なってしまったので  フィギア
行けなかったワールドキャラコン。
とりあえず、欲しかった限定モノだけは、
怪獣に関して福田が最も信頼する人間に買ってきてもらいました。

クリックすると元のサイズで表示します
まずはこの子。マーミットの「モスゴジ」。
今回のは、なんと言ってもデカいのが特徴。
このサイズはなかなか出ないのであります。
物凄い人気で、マーミットのブースに一時間以上並んでやっとゲトできたそうです。
ああ、嬉しい。ありがとう!!

クリックすると元のサイズで表示します
顔、カワユス!

クリックすると元のサイズで表示します
先日のスーフェスで発表されていた
「楳図かずおバージョンのバルタン星人」。

楳図先生が、TVの「ウルトラマン」の放映に先行するかたちで少年誌に連載されていた「ウルトラマン」に登場したこのバルタン、すげえ怖かった。特に、バルタン星人に乗り移られた人間(あれ?単に人間に化けてるだけだっけな・・・)の、「バルタンになりかけの状態」とか。まあ、この子は相当愛嬌ありますがw。それでも、なぜか足に水かきついてるところとか、意味もなくコワいっす。多分、その頃最恐にコワかった楳図先生の「半魚人」を思い出すからだろうなあ・・・・

クリックすると元のサイズで表示します
ハサミもコワい。歯 生えてるし。オードリーU?

クリックすると元のサイズで表示します
で、血管も浮いてる。ハサミで人間をバリバリ食いそうだな、このバルタン。
素敵。ちなみに、こんな「謝罪文」付でした。↓

クリックすると元のサイズで表示します

誠意ありますなー。っていうか、さすが、オタの心にちゃんと寄り添ってる。
耐震偽装とかしてたヤツらがビタ一文持ってなかったのがこういう気持ちだ。
あんたら、楳図バルタンのハサミにいっぺん挟まって来なさい。

クリックすると元のサイズで表示します
そういう気分でみると、ただのビニール袋もなんか素敵。

クリックすると元のサイズで表示します
あ、ちなみに、オタは、袋入りのフィギアを袋から出した場合、
こういう「ヘッダ」という部分も後生大事に取っておきます。

クリックすると元のサイズで表示します
で、あとはこいつ。ただの結膜炎のネズミみたいだが。
ちゃんと、ネズラ、という怪獣なんであります。
怪獣ブームの最中、「ガメラ」の大映が企画して大々的に制作発表したものの、
撮影用に集めた本物のネズミに大量のダニが発生、とても撮影できなくなって制作を断念したという幻の怪獣映画「大怪獣ネズラ」に登場する怪獣のフィギアである。
もちろん、この制作中止の真相は当時語られることはなく、俺たち当時のガキどもは、なぜかわらないが立ち消えになってしまったこの怪獣映画が「ひょっとしたら凄い傑作だったかもしれない」という妙な幻想を抱いたまま大人になったのであった。まあ、集めたネズミの管理も出来ないような体制で制作される怪獣映画が傑作になるワケもなく、今となっては、「出来なくてよかった」と思ったりもするのだがw。
まあとにかく。この映画では「ネズラ」にほんもののネズミを使う予定だったので、フィギアにしても当然、ただのネズミ。切なし。それでも買ってしまうのは、やっぱり何らかの幻想がこのネズラ、という幻の怪獣に対して残っているからなのだろう。

ちなみに、「普通の生物が巨大化した」怪獣をフィギア化する場合、ただの生き物に戻るという事態は当然避けられないワケで、実はウルトラQモノに案外多い。
巨大タコの「スダール」のフィギア →ただのタコ
巨大モグラの「モングラ−」のフィギア →ただの(まあちょっと凶暴そうな)モグラ
巨大貝の「ゴーガ」のフィギア →大き目のカタツムリ
などなど・・・
まあ、それでもなお、オタは買うんですが。
っていうか、そんなの買うからオタなんです、チュウ。

ちなみに、今から数年前、物凄い低予算で「ネズラ」がビデオムービーで制作され、
東京FANTAで上映が行われた。福田はこの作品、DVDで見た。
まあ、いろんな意味で相当救いようのない作品ではあったが、とりあえず肝心のネズラのきぐるみだけはちゃんとモンスター(ただし、巨大怪獣ではない)だったので、許す。

クリックすると元のサイズで表示します
というわけで、サイズの関係はこんな感じ。

2006/6/14  1:27

投稿者:PUMITON
きょうの地元紙にあった記事・・
怪獣誕生 成田亨が残したもの  というタイトルで、ウルQで怪獣デザインされた方の記事でありました。
で、本題は・・この方のデザイン原画などが、7月13日オープンの青森県立美術館に収蔵されるという・・
省吾さまのツアーで、青森方面がありましたら、是非ご覧くださいまし〜
常設展示だそうです〜ww

2006/6/8  10:51

投稿者:爆じゅん
うぷぷぷw
一番下のオサシン・・・
みたいなヤツってば、バルタンの手に怯えてるみたいww
マーミットさんのモスゴジは、ほんとにデカいですね! (さすがに重そうw)
限定モノと言えば普通一人一体しか購入できないとか決まってそうだけど、この場合どうだったのかしら。
(いえ、怪獣に関して福田が最も信頼する人間さん(長いw)は、
ご自分もモスゴジ欲しくは無かったのかしら・・・とか思いまして(^^;:お節介)
とにかく、怪獣に関して福田が最も信頼する人間さん(だから長いってw)には、感謝感謝ですね〜☆

楳図先生がウルトラマンを描かれてたのは、へぇ〜ですた(^^;
調べてみたら、ウルトラマンが汗かいたり、羽が生えて飛ぶシーンもあったとか??!!
・・って、なっ、なんて斬新!
私、これ、かな〜り読んでみたいっすー♪

マーミットさんの対応
お詫び状だけという場合もあるのに、誠意ありますね!
マンガとか雑誌でビニールで梱包されてるのでも、破れてたり汚いとガックリしちゃう〜。

「大群獣ネズラ」(?)は、「ラッツ」みたいなネズミうじゃうじゃの画を撮りたかったのかしら(^^;
もう一度、ネズミを集め直して再挑戦とはならなかったんですニャ〜。

2006/6/8  10:36

投稿者:まりまり
「ネズラ」普通にカワユスです! 

『楳図 バルタン」 
なんか マッチョですねぇ〜w
やっぱり 漫画になった物を再現すると
精巧になりますよねぇ 
血管浮きなんて 省略したら「ブーイング」ですよw

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ