2006/8/5

なんだかすごいことになってるなあ  スポーツ
ほんとはこんなこと書いてる時間ないんだがw、あんまりにも盛り上がってるんで
とうとうガマンできず。

世界戦翌日の新聞は、ほとんどが亀田家長男くんを叩いてたし、Yahooのアンケートでも、彼の負け、という評価が90%以上だったり。
まあ、クソミソ、というのはこういう評価を言うんだろう。勝ったのにね。
福田は8月2日の試合は当然見てないんで、なんとも言いがたいんですが。
で、さらに、ここはあらかじめ明確にしておきますが、

福田は、亀田家長男くんが好きでもキライでもない
んですが。
それでも、この世間の「手のひらのかえしかた」は、はっきりイヤだ。
堀江くんのときとまるで同じじゃん。この状況、俺は、狂ってると思う。
日本人、本気でどうかしてる

「疑惑の判定」とか言われてるけど、たまたま「接戦だった試合をジャッジした3人の審判の点数が割れて、その結果2対1で亀田が勝った」っていうだけの話だよね。

大体「審査員」のいるスポーツでは、絶対に正しいジャッジ、なんてありえない。
俺の大好きなテニス、例えウィンブルドンの決勝戦にだってミスジャッジはある。
しかも、それがもうほんとうに致命的な局面で起きる事もある。最近は物凄い高速度撮影でボールのインアウトの判断が出来るから、審判のジャッジの成否は簡単に判断できる。
でも、選手がどんなに抗議してもその「明白な客観的証拠」はジャッジに反映されないし、基本的に「ジャッジはくつがえらない」。
俺はそれでいいんだとおもう。それがルールだし、「世界の線引き」ってもんだろう。
あたりまえの話だが、プロの試合の判定、というのは、プロの審判に全権委任されているのだ。そういう、もともと「異常な世界」なのだ。
その異常な条件下においてこそ「試合」があるし「勝敗」がある。
だから、たとえ審判が間違おうと、それに従うのが「正しい」。審判の判定の成否も含めて「勝敗」は存在する。
その基本原理がなかったら、そもそも「スポーツ」なんてありえないだろう。

某TV局で、某有名ボクサーが、「試合直後に、自分の教え子たちから電話がたくさんかかってきました。なんであれで勝ちなの?」と言って憤慨し、完全にその子供達の問いを正当なものとして評価していた。俺は呆れた。
そういう質問に対して「いいか、それがプロのリングっていうものなんだよ」と教えてやるのがオトナってもんではないのか。
その「しばり」の中で戦い抜くのが勝負士というものだろう。この国には「ちゃんとしたオトナ」ってもういないのか。

いままで亀田家がどんなふうにビッグマウスをたたきながら「タレント的に」のしあがってきたか、という問題と、今回の「勝敗」問題はきっぱり切り離すべきだ。
亀田家長男は、正規の手続きを経た正式な試合において正々堂々と試合をして、ぎりぎりの判定で勝った。しんどい試合だったねー。でも勝ったね、おめでとう。
それでいいじゃん。
試合内容は「周囲の期待値」にははるかに届かなかったらしいが、それでもとにかく死力を尽くしてフルラウンドを戦った19歳の少年に対してこういう言葉が冷静にかけられない世の中は、まさに「ガキどもの集合」。繰り返して言うが、どうかしてる。
すくなくとも、「サムライ」という概念からはとてつもなく遠い存在だと思う。

あと、対戦相手のランダエタ選手に日本から「ごめんなさい」というメールがたくさん届いているって言うのはいいんだが、ランダエタ選手、「正規の試合における敗者」になったあと、対戦相手を「あいつはただの子供」と言うのはいかがなものかと。その子供を完膚なきまでに叩き潰せなかったのは事実なんだから。見苦しいにも程がある。
亀田家長男に「相手に対して敬意が欠けている」という評価があるけど、まあ、どっちもどっちかなw。
そういう意味では確かに「品位に欠ける世界戦」だったようだが、今後は観る側の姿勢も含め、どーんとレベルアップした試合になっていくことを激しく期待。

2006/8/11  0:45

投稿者:PUMITON
う〜ww
Gさまの一言で、さっぱりした〜www

2006/8/9  1:06

投稿者:い×だ
こんなにみんな言いたいことがあるんだとは思わなかった。 

個人的に「新チャンプ一家」のことはけっこうどうでもよくって、ついでにめんどくさいからそれに騒いでる人たちのことも関心ないんだけど、媒体の見るに耐えない報道もにわか評論家になっちゃう国民性も、う〜、なんかケッタクソ悪いぞ。

ボクシング好きとしては「うざったいから早くどっか行っちゃわないかな」とか乱暴なこと思っちゃうんだけど、そうもいかないんだろうなぁ。興行としては「金ヅル」だもんな。なんかホントに強いのかそうでないのかなんて興味はどうでもよくなってきた。。。

あと、確かに「最強格闘技」なんていい難いよね、プライドとかの試合見てると。
「格闘士」ならどう?闘牛士みたいだけど。ショーアップって要素が似てなくもないでしょ。
「技」を競ってた今は無き「リングス」が懐かしいよ。

2006/8/8  19:59

投稿者:fukuda
>>>昔のボクシングの試合中継は何の飾りもなく、清かった。

確かに。
でも、K1やプライドに押されて往時の人気がなくなった「ボクシング」というシンプルな格闘技が、「興行として金を集める」には、今回の「亀田スペシャル」みたいな絶対的エグさが必要なんでしょう。

これは個人的な意見ですが、K1やプライド、といった「KO率の高い格闘技」がもてはやされるというのは、やっぱり世の中のウップンがそれだけ溜まっているからだと思うし、鬱積したものを「どちらかのKOによって決まる試合」を観ることで晴らそうという意識は、いわゆるローマのグラディエーターの本気の「殺し合い」を見て溜飲を下げていた人たちと全く同じで、人間ってほんと進歩しねえ生物だなあとつくづく思う。
はっきり言って俺は「プライド」でのマウント状態からのタコ殴りが大嫌いだ。あんなのは格闘「技」じゃないし、あれを興奮して観てる観衆というのはマジで気持ち悪い。あんなのは「スポーツ」ですらない。でも殆どのマスコミは、「最強格闘技決定戦」とかいうコピーライトのもとで、プライド系の殴りあい(ほとんど殺し合い)には否定的態度をとらない。
で、今回の「世界戦」に関しては、「ボクシングはスポーツであってエンタテインメントじゃない」とか言ってる。お前ら、ほんと、何考えてるんだ???

2006/8/8  16:53

投稿者:PUMITON
昔のボクシングの試合中継は何の飾りもなく、清かった。

2006/8/8  13:13

投稿者:shingo
fukudaさん。。 僕もまったく同じ意見です。
僕が思っていたのは、勢いもあって、彼を見てるだけでもたのしかった、KIDの時もそうでした。

メディアにこうも便乗してしまう、国民性は、いかがなものですね・・


僕は音楽家として、一曲売れて、おしまいにはなりたくありません。その為にどんな過酷なハードルもこえられるよう、基盤を大きく大きくしたいと頑張ります!

失礼しました! 

http://city.dokyun.jp/DK.php?ci=275004

2006/8/6  21:23

投稿者:同じ苗字デス
fukuda氏のおっしゃることは、全くその通りだと思いました!とくに「プロの判定というのは、プロの審判に全権委任されているのだ。」「その『しばり』の中で戦い抜くのが勝負士というものだろう。」という記述に、大いに同意します!!

今日の午前中「サンデージャポン」に亀田選手が生出演してたのを見ました。つながりの深いTBSなので、彼に好意的な作りだったかも知れませんが、彼は完全なる勝負士だと思いました。判定が勝敗の全てであることを、充分承知している。
態度的なことは、本当に、試合とは関係ありませんしね。

19歳で、この精神力は、なかなかすごいと思います。
それに引き換え、世の大人たちの不細工なこと・・・

2006/8/6  19:46

投稿者:バーチャルおかん
また、出てきてしまいました。
私自身はその試合見てもいなかったのですが、実は、私のリアル息子(次男)が、ただ今19歳の高校中退フリーターでして。

ヤツは、亀田長男のその試合をずっと見ていて、マジで応援しながら見ていて、本当に苦しい試合で判定も負けかな?と思ったけど、“勝ち”と判定された瞬間、、心から嬉しくて“すっげー感動!”したのだそうです。

それがすべてでいいのだと思います。

メディアがあれこれ言って、人それぞれの感動を操作するのはおかしいと思います。

2006/8/6  14:42

投稿者:fukuda
>>いじめチック

だよなあ。
要するに、みんなホントは「亀田家のやりかた」にはなんとなくムカついてて、でも、誰もムカついてるってはっきり言わないから黙ってて、彼らがちょっと弱い立場になると「そら見たことか」で総攻撃してるっていう状況。なんなんだこりゃ。こういうのを卑怯とか卑劣っていう、と俺は思うんだが。

2006/8/5  23:41

投稿者:な吐息
私は特にボクシングが好きというわけではないんですが、
格闘技を含むスポーツ全般の観戦は好きなので、
先日のランダエタ対亀田戦はTV観戦しました。
観ててはやはり判定は微妙かな〜と。。
でも確かに亀田くんの頑張りは観ていてよく解ったし、今までの試合のような軽薄さはなかったです。
なもんで多分亀田くんも判定結果には耳を疑ったのかもしれないなぁ・・
私が凄くいやだったのはショーアップした番組の作り方・・
特番として無理で無駄な時間をTBSがドラマとして作り上げてしまったこと。。
そして、観客の中に芸能人著名人の顔がなんと多かったことか〜。
ごくふつーのスポーツ中継でこの試合が行われたなら
判定への不満も最小限にとどめておくことが出来たかも〜。
やはりTVメディアは「何かに」あせってるように思います。
というか・・
それよりも野球の某巨○軍・・なんだかねぇ・・
潔さの見られる最下位は許されるけど、あんな貧乏くさい負け方で最下位なんて・・
元ファンとしては悲しいですわんww

2006/8/5  23:23

投稿者:まりまり
「出る杭は打たれる」ってヤツでしょうな、
 
でも・・ホント・・いじめチックに見えるのは
なんででしょうか?  

一億総いじめっこ みたいな状況は
本当に変です。 


コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ