2006/9/6

「現場」のモニターセッティング  音楽
クリックすると元のサイズで表示します
薄緑の→で示したのが、シンセサイザー専用のステレオモニター。
ここからはシンセの音だけが出る。自分の演奏するシンセの音が、どデカくばーんとステレオで聞こえるので相当気持ちがいい。これは演奏者にしか絶対味わえない気持ちよさ。
これにくわえて、オルガン用のレズリスピーカーが背後にあるので、シンセを弾きながらオルガンも弾くと、完全に音に取り囲まれてなお気持ちよし。

で、白の→が指しているのは、オケ全体(ボーカルも含む)用のモニター。今回のツアーから新しいスピーカーに。ここから聞こえる音が演奏者にとっては「ライブのサウンド全体像の全て」なので、モニターのサウンドミキシング担当者の技量は大変に重要。
大規模ライブでのモニターのミキシングは基本的にメンバー一人ひとり違うので、常に神経をとがらせて「各人のライブ中の状況」に即時対応したミキシングしていく必要がある。肉体的にはもちろんだが、とてつもなく神経を使う仕事。お疲れさまであります。

で、このように、メンバーは全員「モニター」を聞いて演奏しているので、観客にむかって設置されたメインスピーカーからどんな音が出ているのか、は、実は「全く」分からない。「全く」というと、そんな大袈裟な、と思う人もいるかもしれないが、これがもう本当に全く、ビタ一文分からない(これは小規模なライブハウスであってもほぼ同じ)。したがって、ミュージシャンたちは自分たちの演奏が観客にどう聞こえているか、の「最終責任」は取りようがないわけで、これこそメインのサウンドエンジニアがとてつもなく重要な存在である所以である。

あ、書き忘れてた。キーボードモニターアンプのVの字型の孔のあいた部分は
いわゆる「ツイーター」。高音域を担当するスピーカーであります。

2006/9/9  23:47

投稿者:PUMITON
エンジニアにとっては、いつも大変なお仕事なのですね〜、またオーディエンスの席がどこかによってもちがうんでしょうね。
当たり外れのない席なんてあるのかなww
まあ、隊長を拝見するには最前列の真ん中がよいのでしょうが、ロケーション好し、音好しなんていうのは・・・
ところで、こんどは、fukuGさまは、向って右・左どちらかしらwまだ内緒ですね!

2006/9/9  9:38

投稿者:爆じゅん
>>>明らかにマニアにしかウケない=売れないんで、その企画、ボツ。
そ、そうですか・・・。
これでも価格下げる為に、経費節減で、定点カメラにしてみたんですがw
しょうがないんで?w、数ヶ所、隊長に特別出演して写り込んで頂きましょうかw
(写り込みなんで、とりあえず権利は無しってことでダメ?w)
でも、マジメな話、隊長のコピーバンドしてる人とかも多いし、案外思ったより売れると思うの私だけかなぁ(^^;

>>>小屋の大小とエンジニアリングの難易度は、実は全く関係ありません。
そうなんですねぇ。
大きい小屋で、嫌な思いしてるのが多いんで、小屋のせいにしてました・・・。
ちょっと前の話になるんですけど、TVでPAの卵さんの奮闘ぶりを紹介してる番組見ました!
それ相当の専門学校を卒業した新米くんが、初めてマイクチェックに挑戦してるところだったんですけど、
師匠筋の人が「とりあえず一人でやってみ。」と新米くんに任せてみたものの、
やればヤルほど迷路に入って行っちゃったようで30分くらい四苦八苦。
最終的には、もう時間が無いから・・・ってことで、最後は師匠がチャチャッと30秒ほどで調整して終わりだったんですけど、
こうやって現場で鍛えられていくんだなぁ〜〜〜・・・って感動しました♪
絶対的に耳が良い人ってのもいるんでしょけど、やっぱ、良い師匠と経験の豊富さが大切なのかなぁ〜っと(^^)

2006/9/8  20:48

投稿者:fukuda
>>マニア受けすると思うんだけどなぁ

明らかにマニアにしかウケない=売れないんで、その企画、ボツ。

>>今年はホールコンサート、エンジニアには、少しは楽にお仕事できるのでしょうか?

端的に言って、ホールツアーのエンジニアリングがアリーナツアーに比べて楽かというと、全くそんなことはないです。小屋の大小とエンジニアリングの難易度は、実は全く関係ありません(と福田は思う)。ライブハウスでちゃんとした音が作れる人はアリーナでもちゃんとした音が作れる。アリーナでダメなひとは、ライブハウスでもダメです。

2006/9/8  0:11

投稿者:PUMITON
モニターはやはり、自分に向けてあるのですね〜
昨年のライブは大きな会場でしたが、今年はホールコンサート、エンジニアには、少しは楽にお仕事できるのでしょうか?

2006/9/7  16:18

投稿者:爆じゅん@連続になります、すみません〜
>>>ちなみに、隊長は絶対つけてたと確信してるんですけど・・・
こんな不確かな事、自信ありげにここに書いちゃって、我ながらマズかったかなぁ・・・って、
昨日から「ON THE ROAD 2001」のDVD見て確認してたんですけど、
結局そんなことが確証できるシーンは1ヶ所も見つけられなかったので、付けてないかも・・・。
(・・・ということで、上記の発言は撤回させてくださいまし〜)

・・・で、それと一緒に、福田さんの演奏シーンも注視して見てみました!(今更だけど・・・。)
オケ全体(ボーカルも含む)用のモニター、確かに変わってますね。
でもって、「日はまた昇る」の映像を見ると、"BX3"の演奏風景がアップで比較的たくさん見られますね〜♪
でも、1つ下の記事に書いてある、上鍵盤と下鍵盤の音の違いが私にはイマイチハッキリせず・・・。
(イントロは上鍵盤で始まって、歌が始まるとカメラが切り替わって見えなくなっちゃうんだけど、このタイミングで一旦下鍵盤に移動されたのかな?)
OMRの360度ムービーみたいに、好きな時に好きなメンバーにカメラが固定出来たらいいのにぃ〜〜
それか、それぞれのお城に定点カメラ設置して各々のDVD発売するとか。
マニア受けすると思うんだけどなぁ〜w

2006/9/6  11:58

投稿者:爆じゅん@こっちもやっぱり長くなってしもた(^^;
「ツイーター」ですかぁ〜w
それならうちの普通のスピーカーにも付いてるであります!
でも、やっぱりこの子は不思議な形してますねぇ〜〜

>>ここから聞こえる音が演奏者にとっては「ライブのサウンド全体像の全て」
今回のようにホールじゃなくて、アリーナ規模のライブでもですか?
福田さんはまず自分のお城から出ることはないからw、そうなのかな?
ちなみに、古村さんとかのようにステージを動きまわる方の場合はイヤーモニタを付けられてますか?
・・・っていうのは、
「2001ツアーのDVD」で「彼女」のコーラスされてるのを見てると、古村さんが途中から右耳に手をあてられてるんですよねぇ。
あれはイヤーモニターの音が上手く聞こえてないのかな?・・・って思ったんですけど、
あの曲1曲だけの為につけられてたのか、演奏中もつけられてるのかハッキリしないので・・・。
ちなみに、隊長は絶対つけてたと確信してるんですけど・・・
最近のって超小型なのか透明なのか、映像で確認しても分からないように作られてるんですね〜
隊長の耳をアップで見ても、なんとなく右耳につけてそうだけどハッキリとは存在が確認出来なかったです(^^;

ちなみに、あのイヤーモニターから聞こえる音は、「ライブのサウンド全体像の全て」かな?
そうなら、自分の声は片方の生耳で聞かなきゃいけないから、大変そうですよねぇ。
なかなか想像出来ない世界なので、いつかイヤーモニター使われる時の感覚なんてのも聞かせて頂けると嬉しいです☆

それはともかく、
サウンドエンジニアさんは、大変なお仕事ですよねぇ。
今更だけど、各会場で響きも変わってくるし、次々移動して行かなきゃいけないから、時間も無いし。
詳しい専門的な事は分からないけど、私にも「気持ちいい」とか、そういうことは分かるので、ガンバってくださいね!(・・・と、お伝えくださいまし!)
しかーし、この福田さんの城の中はもっと気持ちいいんですよねぇ。私も体感してみたい〜!!!

2006/9/6  8:36

投稿者:同じ苗字デス
ここでの楽器・機材の記事を読ませてもらうたびに思っていることですが、改めて言わせて下さい。

fukuda氏、すごすぎる〜〜〜(>_<)

単純に考えても、同時に何十ものことを進行させるわけで、大人数のバンド・スタッフで大きいホールで生ライブをやる中で、予想外のことも発生するし、でも立ち止まるわけにいかないし・・・
そんな中「演奏者にしか味わえない気持ち良さ」を確実に感じる余裕がおありなんですね・・・何十年という年月で踏まれた場数の醍醐味ですね!!
(すみません、ちと興奮気味なワタシ^^;;)

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ