2006/10/18

水戸といえば納豆  ライブ
クリックすると元のサイズで表示します
高いけど、うまい。でも、年よりは、食いすぎると痛風になるから注意だ!

ところで。
茨城はうちの死んだばーちゃん(母方)の故郷なので、子供の頃から「茨城訛り」には非常に親しみがある。とくに、語尾につくイキオイのいい「だっぺ!!」。
これはマジ、いい。
基本、茨城方言はめっちゃ元気でイキオイあるのだが、この「だっぺ!」でさらにイキオイ度アップ。茨城人はすげえパワーあり、というのが子供の頃からの印象。
その印象を決定付けたのは、福田が、母から聞いたこんなエピソード。

茨城出身で亀戸に住んでいた親戚のおばあちゃん(たぶん福田の祖母の兄弟の嫁?そのへん、ようわからん。でも昔からすげえ仲良くしていたおばあちゃんのひとり)が、東京大空襲に巻き込まれた。
当時板橋に住んでいた母や祖母は、真っ赤に染まっている亀戸方向の空を見て、ああ、もうこれはおばさん一家全滅だ、ダメだ、と確信。
で、翌日、おばさん一家を探しに行った。
案の定、亀戸は完全に壊滅状態。建物一つ残っていない焼け野原で、炭化した死体がごろごろしてたそうです。すげえ話。ごろごろしてるのは、年寄りや女子供、いわゆる「非戦闘員」の死体なんだから。これっていわゆる「虐殺」で、明白に戦争犯罪だろう、と思うんですが。まあ、そういう話はとりあえず置いておいて。
一日中死体をひっくり返してさがしたけど全然見つからないんで、あきらめて泣く泣く板橋に帰ってきた。で、次の朝。
動員されていた工場に行こうと母が表に出ると、道の向こうの方から、
なんだか真っ黒な人影が2つ、歩いてくる。
一つは大きくてひとつはちいさい。親子連れ。まさか・・・
「おばちゃん!?」と母が叫ぶと、「おー、さちこー!」と大きいほうの影が手を振って答える。
「たたた、たいへんだ!おかあさん、おばちゃんだ!おばちゃんがかえってきた!えみちゃんつれて帰ってきた!!」
祖母も飛び出してきた。
真っ黒なおばちゃんは、やはり真っ黒な一人娘の手を引いてすたすたと母と祖母の前に歩いてきて、「おう!」と挨拶したそうです。
「お、おばちゃん、よくまあ・・・」と母。
「い、生きてたんか!」と祖母。
聞けば、焼夷弾に焼かれて轟然と燃え上がる町並みを、娘の手を引いて一晩中逃げ惑い、まさに九死に一生を得たとのこと。
「なーに、おめえ、あれっばっかの事で死ねるかよー!んだっぺー!?」
最後におばちゃんはこう言って、かかかかかっと大笑いしたそうです。

この「あっけらかんとして不屈」な存在が、福田にとっての茨城人のイメージ。
もう随分前に亡くなったこのおばあちゃん、福田の不滅の「ヒーロー」(まあ、女性なんでヒロイン、っすかw)の一人なのであります。

2006/10/22  0:33

投稿者:怪獣かるた希望 fukuda
楽屋口にいる「パス」をぶらさげてるスタッフに「これを是非福田に渡してくれ」とおっしゃってください!ぜひそうしてください!興奮気味w。

2006/10/20  1:33

投稿者:noble
先日、上野から東京まで(正確には水戸から同じ車両にいました)何故か御一緒させていただいてありがとうございました。ところで「怪獣かるた」のレコードを京都へお持ちします!と言ったもののどこへお持ちしたらいいのでしょう?両日参加予定ではありますが・・・まさかステージに投げ込むわけにもいかないでしょうし(するか?!)いえいえ、席が反対側で・・・じゃなくて。

2006/10/19  22:57

投稿者:honeyroad
半年前に入社してきた牛久出身者&磯山さやかさんのおかげで、「いばらき」と正しく発音するようになりました。よって、ステージでの浜田さんの発音にはとても注目していたのですが、「いばらぎ・みと」とおっしゃっていましたね。誰もツッコミ入れませんでしたが、茨城県民は心の中で叫んでいたのではないでしょうか?「いばらぎじゃない、いばらきですから!!」ちょっとググッてみると「いばらぎじゃなくていばらき」という本が出てたり、いばら「ぎ」に怒る会なんてのがあったりで・・

2006/10/19  9:44

投稿者:PGF
おばあちゃんすごく強く逞しいヒロインですねーはー無事で良かったと思いましたが、うちのばーちゃんも昔、夜照明に明かりがもれるといけないから布をかけていたとか近くの竹林に焼夷弾が落ちたとかほんとかよ、と思うこともありましたが以前あったんですね・・・なくなられた方のご冥福をお祈りすると共に戦争は子供たちのため、自分のため家族のためにもう二度と起こしてはいけない起こさないでと思います。
個人個人で色々な国の人と仲良くなっていければいつか平和な世の中になるのではないかなっていくといいなと思います〜。福田さんライブツアー中なのですよね?ライブ頑張ってください〜♪私は「片思い」が好きです〜。いつかまたライブにいけるといいな♪

2006/10/19  9:43

投稿者:すぇいら
水戸に行ったら、絶対買うのが
乾燥納豆です!!なかなか手に入らないから。
わざわざ途中下車しても、買ってます。
後は、東京ドームの隣の後楽園(庭園)の売店。
今日もおつまみで、食べてました♪

子どもの頃からの好物で、勢いのある言葉を話す
茨城の親戚からいつももらってました。

2006/10/19  1:41

投稿者:PUMITON
なっとう〜
つとなっとうも懐かしいですね〜 きょうぎの三角いのもありましたね〜

三戸のライブ〜OMRチーム・・団長とシャノちゃん即確認・・
これからのライブでも・・fukuGさま・みんなの位置確認できるでしょうかww  

2006/10/19  0:14

投稿者:はある
納豆〜☆
私も大好きだあ
ウズラの卵をといて入れたりー、とろろもいいしー、オクラもいいねー。
あ、大根おろしもいいしー納豆だけでもいいしねー。

おばあちゃん
おばあちゃんって言う存在だけで、そこの土地に愛着が湧くし方言も体にしみてくる
お母さんとかおばあちゃん☆
「あっけらかんとして不屈」☆
なんか大地☆
を連想しちゃいました。

2006/10/18  23:40

投稿者:爆じゅん
納豆食べ過ぎると通風になるって、周知の事実なのかな〜(実は私、つい最近知った(^^;)
・・・って言っても、食べる量は全然減らしたしませんがw 好きなんで。
ちなみに私は大粒の方が好きだけど、
お土産に買って来られた納豆・・・「大粒」,「極小粒」どちらも買われてるみたいですねぇ。
福田さんはどっちがお好きなのかしらん。

・・・で、このお話の光景。
悲惨以外のなにもんでも無いけど・・・肝っ玉かあさんな感じカッチョいい!
福田さんの東北弁は聞いたことあるけど、茨城弁は聞いたことないような・・・。
いつか、なんかでしゃべってみてください☆
(あっ、そう言えば最近、ボイスブログの更新ないですね:ボソッ)

2006/10/18  22:31

投稿者:シャノワール
えええーっ、一曲目からぁ〜?
と、団長に同じく驚いたであります!
今回、入り待ちの時にお姿を拝見できなかったので(車に乗り合わせていらっしゃったのかなぁ)、
とっても残念だったんですよね〜。
それが、まさかライブ中に(爆)。
入り待ちでお会いできなかった分、会場内で『“私達に気づいて”オーラ』が出まくりだったかも…
とは、のちのち団長と笑いながら交わした会話でしたww
それにしても…
「見慣れる」ほど、いつもおそば近くをちょろちょろしてすみませぬ〜(笑)。

で、改めてこの記事の話。
悲惨な歴史の一ページでありながら、なんだかこう、力がわいてくるようなエピソードですね!
「あっけらかんとして不屈」…
うんうん、いいなぁ、それって〜♪
茨城には5年間住みましたが、私達が接触する方々は、あまりお国訛りがなくて。
結局、リアル「だっぺ!」は聞いたことなかったような…う〜ん、残念。

でも、幼い頃には聞いたことありますよ♪
伯父のひとりが茨城出身だったので。
バリバリの茨城弁が、当時の私には少々怖く聞こえたものでしたw(おじさん、ごめんなさい〜)
思うに、福田さんがおっしゃるところの、イキオイ感がそう感じさせたんでしょうね。
で、「あのおじちゃん怖い〜」としきり訴える私達姉妹に、
父が、「話し方は少し乱暴に聞こえるかもしれないけれど、とっても優しいおじさんなんだよ」と。
茨城弁というと、そんな思い出があります。

2006/10/18  22:00

投稿者:まりまり
へっ? いっ・・1曲目から・・・
そっ・・・そうなんですかァ〜 
てっきりクネクネダンス辺りで 確認して
頂けたんだとばかりwwww 

>特に異常な動き・・・
クネクネは異常じゃないんですねwww
よかったァ〜

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ