2007/4/9

越前  イベント
翌日4/8の午前中は、持参のDVDプレーヤーで「レディ・イン・ザ・ウォーター」を見る。
あまりにもひどいシナリオに愕然。
「シックスセンス」書いた男の作品とはとても思えず。マジで中学生なみ。
発想はいいのになあ。とにかく、後半に行けば行くほどほど盛り下がる、信じがたい作品。
要するに、セルフプロデュースで好き勝手やってると、こういうロクでもないことになる、という見本。さすがのナイト・M・シャマランもこの映画の出来で命運尽きるんじゃないかなあ。
俺、この人キラいじゃないんで、がんばって欲しいんですが。

クリックすると元のサイズで表示します
気分を変えるために、昨日町支さんに聞いた「足羽山にある神社のすごい枝垂桜」を
見に外出。それにしても、福井市、やたらと道路が広い。

クリックすると元のサイズで表示します
普通に「片側三車線」だったりする。なんでこんなに広いのさー。

クリックすると元のサイズで表示します
とか考えながら歩いていくと、10分ほどで、足羽山への入り口に到着。
階段でどんどん上る。

クリックすると元のサイズで表示します
カタカナの送り仮名がステキ。

クリックすると元のサイズで表示します
階段の終点。鳥居が見える。到着したらしい。

クリックすると元のサイズで表示します
これこれ!樹齢350年だそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
しだれまくり。

クリックすると元のサイズで表示します
お見事!

クリックすると元のサイズで表示します
神社の縁起。後に「継体天皇」になる皇子が越前の土地を改良して大活躍、
結局中央政府に請われる形で天皇に即位するが、故郷を忘れじと作ったそうな。
天皇に即位する前の活躍ぶりが、普通の武勇伝とかではなく、灌漑や治水、港の整備など、インフラの整備であるところがリアルで面白かった。とても優秀な政治家だったのだろう。

クリックすると元のサイズで表示します
だんだん、こういうモノや

クリックすると元のサイズで表示します
こういうコケむし感とかが面白くなってきた。
マジ、年だなw。

クリックすると元のサイズで表示します
というわけで、福井フェニックスホールのトイレ。
ドアが妙にかっちょいい。

クリックすると元のサイズで表示します
中は、まあ、標準。

クリックすると元のサイズで表示します
やっぱ、自動だw。

2007/4/13  23:18

投稿者:さーこ
私も自動水道苦手です><素直に反応してくれない・・・なぜ?片手だけ洗いたい時は、全く応答なすぃ*。*

17日福岡に参加します^^楽しみです

2007/4/10  22:42

投稿者:爆じゅん@改めてゆっくり拝見〜♪
樹齢350年の枝垂れ桜、凄いですね〜!
(もしかして?・・ってクリックしたら、ちょっと大きくなった♪)
私も今年、(地元なのに)知る人ぞ知るの、とっても荘厳な枝垂れ桜を見てきました〜♪
(夜桜だったので、めっちゃ雰囲気良かったです☆)

「レディ・イン・ザ・ウォーター」・・・発想はいいんですか・・・。
それなら勿体ないですね〜。
持参のDVDプレーヤー・・・ちゃんと、ツアーにお供されてるんですね!♪
見るDVDは、ツアー先でレンタルされるワケにも行かないでしょうから、
出先で買ったり持参されたりするのかな?

福井フェニックスホールのトイレ・・・
なんだかホールのトイレにしては、ちっちゃいような・・・
楽屋専用のトイレ?
・・・だとしたら、長野とか富山もかな?
観客用のトイレと楽屋専用のトイレとの違いはあるのかな?

2007/4/10  18:43

投稿者:まりまり
私も気分転換したいくらい
酷いの観ちゃいましたァ〜
「大帝の剣」・・・・・
 
あまりのつまらなさに
トイレには行きたくなるわw 
眠気と戦うわwwで・・・
散々でした 

何で気分転換してやろうか?

2007/4/10  8:21

投稿者:爆じゅん@時間がないって言うのにww
福井フェニックスホールのトイレのドア・・・
この磨りガラス感じ、今、短期で働きに行ってる職場のトイレと似てます〜w
でも、(普段は圧倒的に男子率が高いので)男女兼用で、正面に男子便器、その横に洗面台があるので、男子が使用中なのか、女子が洗面台を使用中なのか見分けるのが大変!!ww

やっぱり、そういうトイレって、男性もドキドキでしょうね〜ww(^^;

2007/4/10  2:59

投稿者:な吐息
 「足羽山の枝垂桜」
〜大昔に観た時はもう少し自然な野放しっぽかったので『綺麗』〜
っていうくらいの感激でしたが、こんなふうにきちんと保護されて観ると
まさに威風堂々なものなのですねぇ〜
またいつかこの枝垂れ桜の前に立って見たいものです♪

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ