2007/5/25

富永まい監督 ロングインタビュー 後半 01  インタビュー
クリックすると元のサイズで表示します
おかげさまで、DAIZ SHOPでは文字通り「瞬く間に」完売した「ウール100%」
それで妙に安心してしまったのと、忙しい上に体調を崩していたせいもあり、
なかなか後半のインタビューを掲載するに至らなかった。
しかし、「ウール100%」はもっともっと売れて欲しい!
というわけで、体調も元に戻りつつある福田、襟を正してロングインタビューの後半をお披露目!これを読んだら、まだ見てない人はすぐにレンタル屋か、HMVとかTower Recordに走れ!!

F:「ウール100%」の製作期間はどのくらいだったんでしょう?

T:実写部分撮影期間は5週間、ポスプロ(福田註:ポストプロダクション。アフレコやCG合成等、撮影したフィルムに対して行う全ての処理。)が二ヶ月くらいでしょうか・・その後、オープニングのアニメーションを製作側の意向で追加制作することになり、それに三週間くらい だったと思います。なんだかんだで、2004年の冬に撮影して、完成は2005年の初夏でした。

F、オープニングのアニメは、最初は無かったんですね?

T:はい、試写を見たあと、クロックワークス側の意向でつけました。あまりにもワケがわからないので、最初に設定を説明して欲しい、というようなことで。

F:あくまでも個人的な意見ですが、そのプロデュースはある意味正しいかもしれませんね。あのアニメで、相当「入りやすくなってる」とは思いますし。登場する「ゴミ屋敷」ですが、あれはセットですか?それとも実在の場所?

T:茨城の「畜産試験場跡」というところです。きっと、おどろおどろしい実験がくりひろげられたであろう、研究所のような建物でした。それをベースに壁やヒロイモノなど飾り付けてもらいました。原型はとどめていません。明治時代の木造の建物で、老朽化でいまは撮影できないそうですが、いろいろな映画や、仮面ライダーなんとかでも登場しているようです。電気も水道もなにも来ていない状態だったので、スタッフもキャストもなかなか大変でした。

F:途中、素晴らしい2Dのアニメーションが登場しますが、あの中に登場するモノノケたちのキャラクターは、全部富永監督が作られたんでしょうか。

T:劇中のアニメーションのキャラクターは、松成真理子さんとアニメーションディレクターの坂井治さんと私の三人の合作です。パンフレットなどに登場するのは、私が制作スタート時に描いた、イメージ画ですね。海外のかたがたに「妖怪」の概念が伝わらないかもと思い、米国の授賞式に「ヒロイモノ妖怪台帳」と称してキャラクターブックのようなものを作ってもっていきました。本当は、それごと絵本として商品化したいなあ、とか思っていたりもしたんですが(笑)。

F:(笑)なかなかうまく行きませんよね。僕も自分のゲームを作ったときは、メッチャクチャいろんな「商品企画」を考えましたけど、結局ひとつも実現せず(笑)。まあ、そういう事は置いておいて。この作品のキャスティングですが、とにかく、主演が岸田今日子さんと吉行和子さんのコンビ、というのがすごいですね。びっくりしました。僕の世代だと、岸田今日子さんと言えばもうとにかく「傷だらけの天使」の印象が強烈で強烈で、役者さんとしては別格中の別格のかた。惜しくも映画としてはこの作品を最後に亡くなられましたが・・・岸田さんの「遺作」というだけで、実は福田としては案外ヤバい。

T:岸田さん、サイコーです。ロケの時、思い切って「実は私は役者志望だったんです」とカミングアウトしたら「あらー、あなた監督になれたんだからよかったじゃない!監督が一番面白いに決まってるんだから!」とおっしゃっていただけて、嬉しかったですね。(福田註:DVDには、岸田さん、吉行さん、富永監督の実に楽しいインタビューが収録されている。必見!)

F:吉行さんは・・昔から、なんてきれいなかたなんだろうと・・・単純に福田、ファンです(笑)。

T:吉行さんは、ほんとうにおきれいでした。カメラをのぞいていても、どうしても少女にしか見えないときが何度もあってビックリしました。

F:でしょうねえ(陶然)・・・

T:かつ、意外と天然キャラで(笑)。ロケ先でも、あの草原の中をふら〜っと一人でさんぽしてたり、一人で廊下歩きながら、軽くスキップしてるのも目撃しました。
ある日、天気がすごく良くて、岸田さんや北浦愛ちゃんとみんなで外でお弁当食べたんですけど、吉行さんだけいないんです。
岸田さんが誘ったら、「あら、なんで外で食べるの?」「だって、外で食べたほうが楽しいじゃない。」「あら、なんでご飯食べる時に楽しくなくちゃいけないの?」とか、普通におっしゃるらしいんです。(笑)

F:ヤバいですね、かわいいですねー!!(萌え萌え)

つづく

2007/6/24  18:21

投稿者:爆じゅん
ロングインタビューの原稿起こし、お疲れさまでした〜! 
サラッと読んだだけなので、前回のと合わせてまたじっくり読みますが〜
私もオープニングのアニメは、あって良かったと思います〜♪・・ってか、好きっ♪♪
(もちろん、途中のアニメパートもめちゃ良かったです〜!)
でもって、特典映像の岸田さん、吉行さん、富永監督、お三方のインタビューは、始終ツボ突かれまくりですた!
なんて、みなさん、イケてる(死語)キャラなんだろうってww

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ