2007/5/25

富永まい監督 ロングインタビュー 後半 03  インタビュー
F:さあ、それではほんとうにマトメ、です。
今後のご予定をお聞かせください。

T:「本業」のCMでは、ベネッセの「ねこのきもち」を撮りまして・・・出演した子猫ちゃんを引き取りました(笑)。もうすぐ放送になります。
それから、実は埼玉県富士見市の市民文化会館で「キラリ☆ふじみ」という劇場主催の演劇公演の演出をやります。シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」を公募で選ばれた三人の演出家が幕をわけて演出するという企画で、応募したら受かってしまって・・・

F:またですか!(笑)ほんとに、「応募したら受かる」人だなあ・・・。
それにしても、演劇の演出とは・・。やはり、「故郷」に帰った気がしますか?

T:そうですね、実は「私はいつか劇場という空間に戻るのかもしれない。」という気持ちが
心のどこかにずっとあったんです。こんなに早くそのチャンスがくるとは思ってなかったですけど。

F:なるほど。福田としては、今後も是非、映画を撮り続けて欲しいですが(笑)。
今度、監督の演出する演劇も見にいきたいです。他に、リリース情報等ありますか?

T:「"短篇.jp"から生まれた18つのショートストーリー!『ハヴァ、ナイスデー』」
の一本として7月25日に、ジェネオンエンタテインメントからDVDが発売されます。「煙突男と風見鶏」が収録されます。

F:では、最後の質問です。いきなりですが、食べ物の好き嫌いはありますか?

T:キライな食べ物がまったくないんですね。くいしんぼうなので、なんでも食べてみます。
特に好きなのは…おだしの味が好きなので、茶碗蒸しや、出し巻き卵はあれば頼みます。
あと、はんぺん
お風呂いっぱいくらいのサイズがあったらいいなと思います。

F:では、どうぞ!!(ほんとうに風呂オケサイズのはんぺん登場)

T:わあ、いただきまーす!!

富永監督、はんぺんに飛び込む。
飲み込まれる監督。
いったん、手を出して軽く挨拶。
「ではまた!!」
はんぺんの中に消える手。
一瞬ぷるっと震え、静まるはんぺん。


おしまい

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ