2007/10/22

土曜日は「怪獣と美術」!  イベント
やっと行ってきた。

クリックすると元のサイズで表示します
不世出の「怪獣デザイナー」、成田 亨 (なりたとおる) をメインにすえた美術展。
展示物も豊富で、「ウルトラ怪獣」の殆どが成田さんの脳の中から出てきた、という「周知の事実」を強烈に再認識させられた。見られてよかったー(^ ^;

クリックすると元のサイズで表示します
「たかが子供向けTV番組」に登場する怪獣に心血を注いだ成田 亨、高山良策。この二人の天才の「仕事」が紛れもなく「芸術」だったことが、40年を経て漸く明らかになったんだなあ・・・オタは感慨無量。それにしても、「ロボット怪獣」というオーダーを受けてガラモン(右:ただしこのデザインが決まった時点ではまだ無名)を描いた成田さんはやっぱり異常天才だし、こんなとんでもないデザインをちゃんと立体化してしまう高山さんも凄まじい。時代のパワーを感じる。

クリックすると元のサイズで表示します
なんか、普段明らかに怪獣とは無縁に違いない職員のかたがたの傍らに、
世界を睥睨(へいげい)するかのような成田レッドキング。これだけで相当ステキ(>_<)/

2007/10/27  7:55

投稿者:すぇいら
やっぱり行かれたのですね〜〜。
実は先週、ご近所さんから
お誘い受けたけど、ちょっと忙しい日だったので
ダメでした。
かなり良かったと、聞きました。

2007/10/26  14:13

投稿者:同じ苗字デス
うわああ・・・こんな素晴らしい展覧会があったなんて・・・関東っていいですねえ(>_<)
ギャンゴ〜〜!!もし現地に行けたら、このタペストリー(?)に釘付けになったと思います。

2007/10/22  19:55

投稿者:guangen
おお!やっと行かれたんですね?たしか21日までだったので、けっこうギリでしたね。。。

しかし、やっぱり成田さんすごいですよね?
当時はこれが成田さんで、これが違う人って知らなかったけど、今になっても印象に残っているのは、やはり成田さんの怪獣ばかりだったりします。
鳥や魚や昆虫のディテールが、本当に効果的に生かされてますよね?
怪獣をこれだけ芸術の域まで昇華させられたのは、後にも先にも成田・高山コンビだけだったように思います。

すごい!!

2007/10/22  19:07

投稿者:シャノワール
良かったぁ、行けたんですね〜♪

>この二人の天才の「仕事」が紛れもなく「芸術」だったことが、
>40年を経て漸く明らかになったんだなあ・・・オタは感慨無量。
ほんとうですね〜。
私はこれらの展示を見て、無から有を生み出す芸術家の、
自己対峙の覚悟を見た気がして、背筋が伸びました。

しかし、なにせ姪とめいっぱい(何気に掛詞〜w)遊んだ後でしたので、
足をなだめなだめの鑑賞でした。
最後は、かなりゆっくり眺めているシャノダンを待ちつつ、
出口間際のソファーに座り込み、怪獣の着ぐるみ素材の感触ばかりを味わっていたという〜w
あれ、とっても気持ちよくて〜♪
全身があったら、絶対抱きついてました(笑)。

2007/10/22  12:42

投稿者:Miwa
私も、土曜…、といっても閉館1時間前でしたが…、行ってきますた。小さい頃で、立て続けに見た再放送のせいか、ウルトラマン、セブン、帰ってきたウルトラマンが頭の中でごちゃになって、どれがどれに出てきた怪獣なのかはハッキリと記憶できていなかったのですが…。「あ〜、いたいた、こんなの」って、思わずにんまりしてしまいました。
夕暮れに、土管にたたずむカネゴンなんて、秀逸のひと言(*^_^*)。
スバラシイ。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ