2007/10/27

The Hills Have Eyes 2  映画
             クリックすると元のサイズで表示します
東京は朝から雨の悪天候だが、今日見ないと見に行くタイミングを失いそうなので覚悟を決めて見に行く。前作の事件から2年。「元核実験場に巣くう人食いミュータント」の掃討作戦に出た軍は最後の局面で作戦に失敗、その最悪のタイミングで掃討作戦の最前線に物資を届けることになった「新兵」ぞろいの小隊が、ミュータントたちとの戦いに巻き込まれ、バタバタと殺されていく。前作にあった「残留放射能でミュータント化してしまった住人たちの悲壮感」は全く無く、一見本当に単純明快な「怪物 対 人間」のサバイバル戦を描いたアクションホラーになっているが、統制の取れないまま現場に投入されてどんどん崩壊していく小隊の描き方には、あきらかにイラク派兵への批判が見て取れる。監督のマーティン・ワイズは多分新人(ネット上にも情報がなく、パンフも作られていないので、なんの情報もなし)だが、描写は的確でパワフル、撮影も編集も見事。グロ系描写も容赦なくて◎。本当は案外心配しながら見に行ったのだが、十分に面白かった。もちろん、本来は核実験の「被害者たち」を、あそこまで割り切った「ただの怪物」にしちゃっていいのかよ、という疑問は強く残る。その部分では、きちんと「割り切れなさ」を描いていた前作、圧倒的に勝ち。

2007/10/28  0:22

投稿者:fukuda
情報、サンキューでした。やっぱ優秀なヤツだったんだね、納得。悔しいが、ハリウッドの監督の「層の厚さ」を感じるなあ・・・・まあ、ダメなヤツは全然ダメだけど。

2007/10/28  0:03

投稿者:爆じゅん
マーティン・ワイズさんについて分かったこと、少しだけ〜
(全てネットの情報なので、確実な情報とは言えないですけど・・・。)

1966年 3月27日生まれで、主にCMやミュージックビデオを作ってた方のようですね〜
公式HPは、http://www.martinweisz.com/
そんで、多分、映画はこの「The Hills Have Eyes 2」の他には「GRIMM LOVE」っていう作品だけなのかな?
その作品では、2006年の「シッチェス・カタロニア国際映画祭」(東京ファンタや夕張ファンタのような映画祭なのかな?)で、最優秀監督賞を頂いたらしいです。
・・・で、「GRIMM LOVE」の情報については、検索すると多分いくらか情報が出てくると思うんですけど、日本語のページのみでググったら、日本の方でも、個人ブログに記事を書かれてる方もいらっしゃいました〜(「Grimm Butterfly : Grimm Love Story (2006) 」で検索すると多分辿り着けるかと・・・)
最優秀監督賞の他にもたくさん賞に輝いてる作品らしいんで、日本でも公開されてもいいかな〜って思うけど、日本ではまだ未公開のようで・・・。
これも、題材が題材だけに公開が難しいのかなぁ。賞に惹かれるワケじゃないけど、ちょっと見てみたい気になりますた。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ