2008/1/30

まいった!  映画
              クリックすると元のサイズで表示します
TVでもやたらスポットうってるし、ミュージカルだって言うし、ホラーって言ったってどうせユルいんだろ、とか思って見に行ったら大ビックリ。めちゃハードなスプラッターホラーじゃん!!なのにあくまでもミュージカル、っていう点で、よりキチガイ指数上昇。クライマックスの展開とラストの救いのなさ加減はまさに圧巻で、「チャリチョコ」でうまーく塗りこめていた暗黒面、全解放。本気でゴス。
完全に「巨匠」としての立場を手に入れてるクセに、平然とこんな映画を撮っちゃうティム・バートンはやっぱりすげえ、としか言いようがない。さらに、こんな血まみれ映画がシアターNやシネパトスじゃなくて丸の内ピカデリーで公開されて、しかも興行成績一位になってしまう「ジョニデ+ティム」のブランド力はもっと凄い。ありえんぞ、普通w。
なんにせよ、ホラー映画を見慣れてない人間が見たら、間違いなくドン引きだろうなー、これ。
実際、映画が終わって明るくなっても、客席が異常なまでにしーーーん、としてたしw。
福田としては、オーケストレーションが過剰すぎる音楽が好みじゃない点はちょっと残念だったが、人間の業をここまで描ききったホラーは滅多になく、必見、と書いておく。

2008/1/31  20:53

投稿者:fukuda
>>ホラー苦手

だったら絶対見ちゃダメw。全身ジンマシンが出るか、夢に見てうなされる(^_^)

2008/1/31  17:44

投稿者:おが
そかー・・・
必見かー・・・
悩める(u_u;)
だって、ホラー苦手だもの。

2008/1/30  13:18

投稿者:シャノワール
わおわお、ご覧になったんですね!
私は、バタバタしていてまだなのですが…うう、早く会いたい〜♪w

ブランド力は、外側の作り上げた幻想にさえ陥らなければ、弊害はないですものね〜。
「『名実共に』よ、ブラボ〜♪」でしw
あ、その「実」自体が、個々人の幻想込みなのかもしれませんけど(笑)。

そうですか、そうですか、「ドン引き」でしたか〜♪(嬉w)
じゃあ、間違いなく容赦ないんですね!
TVスポットの案外普通のテンションwと、漏れ伝え聞く作品の雰囲気とのギャップが
あまりにあって、実態はどうなんだろう…と少々いぶかしく思っていたので、
福田さんの評を読んで、嬉しくなりました♪

今週末こそ、絶対彼に会ってw…
いえいえ、いろんな意味で震え上がりに(笑)行ってきま〜す♪

2008/1/30  9:26

投稿者:爆じゅん
「ジョニデ+ティム」のブランド力・・・あはは〜(^^; 否定できません(^^;
これ、見に行こうかと思ってますたw

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ