2008/3/14

クリックすると元のサイズで表示します
例えば夫婦で13万。子供ひとり連れて約20万。
「その程度」払えないんなら、オペラなんか見に来るなってことね。
ちなみに、ウィーンで見ればS席24,000円。
日本では最初からダフ屋が売ってるらしい。

2008/3/18  1:21

投稿者:あや
3大テノール、日本公演だからってひばりさんの
「川の流れのように」歌わせたんですが。パパロッティなんて「あああ〜」(川のながれの。。。)の「あ」の部分しか歌ってなかったような・・・
で、ん万円払う皆さん
なんかなぁ。。。ってその当時も思いました。

しかし、オペラも高いけど、バレエも高いです^^;

2008/3/15  21:37

投稿者:爆じゅん
>>>ただの「キツい冗談」ってやつですw。
うっへ(><; ジョーダン分からなかったあたし、かっちょわる〜い(苦笑)
タイミング的にオペラ関係者の方から聞いた裏話なのか・・・とか勘ぐちゃったデス!w

それはともかく・・・
>>>相手がいくら「世界3大テノール」だって、こんなに高額のギャラを平然と払っちゃうのは日本
>>>だけだそうですw。
分かってて払ってるんですね〜。甘く見られてるの、悔しくないのかしら。
とゆーより、そもそも日本人って、西洋文明(西洋人)に対して劣等感持ちすぎなんでは〜。

2008/3/15  15:03

投稿者:fukuda
>>最初からダフ屋が売ってるらしい

ただの「キツい冗談」ってやつですw。
だって本国で24,000円(これ、一応説明しとくと、ワグナーのオペラ公演でS席175ユーロなのを、1ユーロ135円として算出)が日本公演65,000円だよ。ダフ屋系値上がりでしょ。

「オペラ業界」に属する高野二郎くんによれば、今回の65,000円というお値段は、「悲しいかなそれが業界の通例」的なレベルだそうです。過去に、80,000円、という例もあったそうで。オペラのお引越しコンサート(要するにツアー)の場合、とにかく経費が莫大なんだそうです。あと、有名なヨーロッパの歌手は、やはり日本ではとてつもないギャラを取るらしく。例えば、「世界3大テノール」のかたがたが一斉来日して公演をやった時、ギャラの総額はなんと3人で8億円だったそうです。うひょー。はっきり言って、こりゃ、ぼったくりだなw。いくら有名な音楽家だって、そりゃねーよ。ちなみに、相手がいくら「世界3大テノール」だって、こんなに高額のギャラを平然と払っちゃうのは日本だけだそうですw。

>>文化水準が高いんだか低いんだか

低いでしょう、思いっきり。
例えばウィーンの歌劇場には天井桟敷席があって、そこなら数百円(!)でオペラ鑑賞が可能なのね。
これならS席がいくら高くてもいい。学生だって飲み屋のアルバイターだってオペラが好きならとりあえず見に行ける。こういう状況がちゃんと存在する事を「文化」っていうんだよ。日本じゃ、とてつもなく高い入場料をポンと払えるお金持ち以外、「優れた芸術」を生で聞くことが出来ない。ま、もともと、クラシック音楽って金持ちの道楽だったんで、ある程度はしょうがないにせよ、実にくだらん。

2008/3/15  10:32

投稿者:まりまり
65000円(*_*)
ありえないっすw

日本は、映画代も高いし、娯楽という物に関して本当に、高過ぎる
庶民の楽しみ。
って感覚は無いのかな
まぁ オペラは、庶民の…って感じじゃないかもしれないけどさぁ〜 敷居が高ければ余計に行かないよねぇ〜
文化水準が高いんだか低いんだか(-.-;)

2008/3/15  9:05

投稿者:爆じゅん
すいません〜
>>>最初からダフ屋が売ってるらしい
の意味がいまいちハッキリ分からず・・・。(読解力無くてすみません〜)
もし可能なら・・・ですが・・・もうちょっと事情知りたいです〜

それはそうと・・・
現地と日本公演の価格差・・・
舞台セットを運ぶお金や交通費や宿泊費とかの諸経費は余分にかかるけど、
やっぱりこんなには差が出来るはずないですよね〜
夫婦で13万は、迷う間もなくうちでは無理!

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ