2008/6/10

日曜日は  音楽
姪っ子(弟の娘)の学校の吹奏楽部の定期演奏会に行ってきた。
姪の通っている埼玉栄高校の吹奏楽部は、一昨年、去年と、二年連続で
全国優勝してしまったので、規定によって今年はコンテストに出場出来ない、
という「超強豪」。今年は、どこぞの国際機関の招聘で、カーネギーホールで
演奏するんだそうな。パーカッションとハープ担当の姪は今年高校三年。
「あんた、今年が最後なんだから、見に来てあげなさいよ!」
俺の母親は大抵こんな調子。誘ってるんだか脅してるんだかよくわからないw。

クリックすると元のサイズで表示します

始まった演奏は、なんせ「高校NO.1」だからして、物凄く上手。
子供たちをここまで鍛える、というのは並大抵ではない。
ほんとうに一糸乱れぬアンサンブルだ。すげえ!!

・・・しかし、ずっと聞いていると眠くなる。音がこっちに飛んでこない。
もっと端的に言うと、全然、心に響かない。なんでだ?
「NO.1」なのに、なんで??

首をひねりながら聞いていると、演奏中にもかかわらず、俺の隣に座った母親が、
向こう隣の席の俺のおばに、姪っ子がどこにいるか、という解説をはじめた。
うるせーなー、演奏中だよ!!と思いつつ、そうか、と気づく。
これって、要するに「発表会」なんじゃん。
もっと平たく言えば「学芸会」の延長なんだ。
彼らがやっていることは「芸」であって、「芸術」じゃないんだ。

これは単に好みかもしれない。
しかし、俺は、もっと未熟で、その分、もっと自由でアグレッシブな吹奏楽が聞きたかった。
つまり、それは「高校生にしか演奏できない吹奏楽」であり、その未完成さとエネルギーゆえに単なる「芸」の範疇を超えたもの、明らかに「一種の芸術」である音楽。

そんな音楽はありえないのかも知れない。ただの妄想なのかも。
実際、クラシック楽器の習得の難しさを考えたら、現状の完璧なアンサンブルを実現するだけで、十分すぎるじゃないか。
確かにそれはそうだ。でも、俺はただただ、退屈だった。
もっとはじけろ、もっとうたえ、もっとしずめ、もっともえろ、もっとほえろ!
ずっと頭の中でブツブツ言っていた。
もちろんそんな演奏で「高校日本一」の座は、間違いなく手に入らないだろう。
この吹奏楽部の指導者は限りなく「正しい」。
そして「正しい」からそこから先に進めない。
残念だ。音楽は勝ち負けじゃないだろ。
「日本一」なんて称号、捨てちゃえばいいのに。
そしたら、「学芸会」じゃなくなるのに。

コンサートは2度の休憩を挟んで、約3時間続いた。
申し訳ないが、姪が出演していなければ、俺は最初の2曲で退出していたと思う。
確かに「学芸会」としては、圧倒的に高レベルだった。
間違いなく「日本一」だ。
しかし、「日本一の学芸会」が3時間も続くのは、もう二度と見たくない。
「今年が最後」でホントによかったww。

2008/6/12  23:43

投稿者:里
>>>きっちり演奏しながらも十分に楽しんでいたように見えたので、それはそれでとても素晴らしいことだと思いましたよ(^0^)/あれだけの音が出せるようになれば楽しくないワケがないしw。

そうですよね〜♪
楽しくないわけないですよね。
私の想像力が
自分の子供たちのレベルで止まっていたのかもw

栄高生の十分にいきいきした演奏を見られたと思うので
誘ってくださったお母さまにも感謝ですね〜w
福田さんの「母にはかなわないんだよ〜」って感じの
書き方が微笑ましス。

いやだわ。私ったら、また余計なこと書きすぎましたww

2008/6/12  12:41

投稿者:fukuda
>>コンクールの成果だけでなく心に響く音楽を、感覚として、子供たちに伝える先生は確かに存在するし
子供達もそんな先生を心から望んでいると思うんですけどね。

栄校の吹奏楽部員たちは、きっちり演奏しながらも十分に楽しんでいたように見えたので、それはそれでとても素晴らしいことだと思いましたよ(^0^)/あれだけの音が出せるようになれば楽しくないワケがないしw。
音が飛んでこない、のは、多分、単純に彼らが「所詮」(あえてこう書きますが)高校NO1に「すぎない」からなんだろうなあ、とも思います。
お父さん、お母さん、親戚の方々、お友達に、私達の日頃の鍛錬の成果をお見せします、っていうイベントとしては100点満点でした。

2008/6/11  22:33

投稿者:里
上の子たちが中学生の頃を思い出しました。
吹奏楽部って、指揮(指導)する先生によって
本当に信じられないくらい音が違ってきて
子供達もそういう先生に巡り合えると
違った演奏が出来るのではと思いますが
そういう先生はその世界では異端児なのかもしれません。
高い技術とミスのない完璧な演奏、そして規定時間内を求めるコンクールでは
たしかに「正しい」演奏になりがちかも・・
もし心に響く演奏で観客がブラボーと叫んだとしても
審査員の先生が高い点数をつけるとは限らないし。
(音楽の世界にも派閥はあるし、好みの違いも・・)
コンクールの成果だけでなく
心に響く音楽を、感覚として、子供たちに伝える先生は
確かに存在するし
子供達もそんな先生を心から望んでいると思うんですけどね。

あぁ、でも、コンクールで日本一の演奏・・
聴いてみたいですね〜♪
きっと、すっごく感激してしまうと思う。
姪っ子さん、どんなに努力しただろうと想像すると
うるるとなってそれだけでも拍手したくなってしまいます。

なんか、とってもわかった風な書き方をしてしまった〜
すみません。
吹奏楽部員の親をしていた昔の話でした。

2008/6/11  8:30

投稿者:爆じゅん
>>>もっとはじけろ、もっとうたえ、もっとしずめ、もっともえろ、もっとほえろ!
私が高校生の時の音楽の先生というか、合唱部の顧問がそういう先生でした(笑)
まあ、コンクールなんて縁遠い部だったけど、
(でも、その指導方法でコンクール一応目指してましたよw)
その時は、生徒達の方がそのパワーにノリきれなくてからまわりしてる感じもあって、
やはり生きてる演奏にはならなかったです〜。
そのどーにも死んでる感じが楽しくなくて途中から幽霊部員になっちゃったので、
なにも言えた義理じゃあないですが・・・(^^;

2008/6/11  2:00

投稿者:あや
きっと300回やったら、300回同じように上手
なんでしょうね
でも、ライブ感が無い「生」っぽくないんだろなぁ・・
ちょっと位間違えても、300回みたら、その数だけ感動が出来る「生」が好きです
とにかく割りとなんでも「生」が好きです

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ