2008/6/21

2週間後  ニュース
秋葉原の例の事件・・こう書くたびに、もともと秋葉原、という地名が持っていた雑多で、パワフルで、でもちょっとこっぱずかしい、といったイメージが全て掻き消えてしまう。
それほどあの事件は衝撃的だったし、なにかを根本的にひっくりかえしてしまった。

「彼」の巻き起こした大殺戮は絶対許されるべきではない。
その罪状に基づいて厳罰に処されるべきなのは言うまでもない(ただ、福田は基本的に死刑廃止論者なので、ここで言う「厳罰」が、そのまま死刑、を意味するものではない。「死刑」に関する考えについては、論点がずれるのでここでは触れない)。
しかしそれでも、福田は「彼」の行動が「分かる」。
無論、同調できるという意味ではない。ただ、理解できる。
実は、「分かるのはイヤだが、正直少し分かってしまう」という人間はかなり多いのではないか。この事件をめぐるマスメディアの報道がめずらしく「慎重」である事実からもそれは伺える。それは、ほんの少しの救い、ではある。
ただ、例によって町村官房長官の発言には呆れた。あの男は、ナイフを規制すればなにかが変りうる、と本気で考えているらしい。この想像力のなさ。救いようのないほどのニブさ。はっきり書くが「ああいう形式」の思考しか出来ない人間が国を動かす立場にいるという事実そのものが、間違いなく、今回の事件の元凶のひとつだ。そしてそれに追随したいくつかのマスコミも。ナイフは人を殺さない。殺すのは人だ。では殺す人、を作るものはなにか。彼らにはこんな単純な思考の道筋がない。恐るべき無恥さだ。

「彼」は、性的異常者でも、狂ったサディストでも、麻薬常習者でもなかった。
ほんとうにどこにでもいる、厳しくしつけられ、そのせいで小学校では優秀で、でも次第にドロップアウトして、仕事に対する愛の持ち方もプライドも権利意識も形成されようのない派遣労働の職場で給料を得て、かろうじてアニメやゲームやネットに支えられてつつましく暮らしていた、典型的な若者だ。その「彼」が真綿のように首を絞めあげる猛烈な孤独にさいなまれ、最後は凶悪きわまりない殺戮者へとジャンプした。この最後のプロセスは確かにあまりにも異様だ。
しかしこれすら、実はひとつの「典型」なのではないのか。
「第二第三のKが現れるかも知れない・・・」などと書く週刊誌がある。楽観的すぎる。
今の「日本」が陥っている(と敢て断言する)新自由主義的社会構造の中に、「彼」は、100人に1人の割合で確実に存在すると思う。つまり、「彼」は全国に120万人いる。そして「彼ら」がいっせいに10人を殺したらどうなるか。1200万人が死ぬ。つまり、例えば東京都が「全滅する」。絵空事か?いいや、ちっとも。
我々は「そういうギリギリの世界」に棲んでいる、と自覚するべきだ。
年間に3万人が自殺しているこの国は、見えない戦争をしているんです、と語った、
映画監督園子温のコトバが、今更のように思い出される。

誰が悪いのか。殺戮の実行者であるところの「彼」か。確かに、それはその通りだ。
彼は、他人の生命を奪うという時点ですでに「絶対悪」である。しかし、では、その「絶対悪」はどうやって形成されたのか。
すでに2ちゃんねるには、「彼」を礼賛する膨大な数のスレッドがたち、今もその数を増やしている。殺人者を礼賛する?とんでもないことだ。でも、今回に限っては、そんな救いようのないバカどもの気持ちすら、福田には「分かる」。書かずにはいられない彼らの気持ちが。むしろ、「分からない」という人間のほうが、分からない。

今回の事件は、誤解を恐れずに言えば、無自覚なまま行われた911テロであり、日本という一見平和で豊かな国の日常に、致命的な深さで刻みつけられた傷だ。もはや、我々は、この事件が起きる以前の日常の「無邪気さ」を取り戻すことはないだろう。秋葉原は、単なるオタクの聖地「アキバ」として語られることはなくなるだろう。しかし、それでいい。
今回の事件は、明らかに、人が人を(自分も含めて)殺さないですむには、普通にシアワセに生きていくためにはなにが必要なのか、を本当に真剣に考える時がやってきた事を我々に示している。無自覚、無思想の時代は終わった。現在の社会構造に関して、徹底的な考察をすること。それが、無残にも命を落とされた方々への、せめてもの「つぐない」である。

2008/6/24  8:57

投稿者:絆
>>>男の子は母親に、「分かってる」なんて絶対言わないですよ。だって、照れくさいから。でも、絶対、分かってる。子供にとって「母親」というのはそういうものでしょう。

福ちゃん、ありがとう!言葉では、絶対に言ってくれないだろうとは、わかっていた。でも、「絶対、分かってる。」と、断言してもらって嬉しかった。

彼らは、ある意味、あたしよりも世の中の事、よくわかっているかも?
あたしが、パニックで、一番心がグチャグチャだった時、兄の方が言った「母は、母やし・・・。人と比べる事なんてなんにもないやん。」と。

あたしは、いつも、確信できるものを求めているのかな?寂しさは、その裏返しで・・・。

多くの人が、そうなのかも!?事件起こした人も。同じような事件を起こすとカキコしている人も。

>>昔から日本はある程度共同体で生活してきたから。

爆じゅんさんが、書かれていますが、あたしも、2軒隣りのおばちゃんがいなかったら、ここには、存在していなかったかも・・・逃げる所があったから・・・小さくても心を癒してもらっていたんだなと、今更ながら思います。

福ちゃん、思い出させてくれて、あ・り・が・と・う!

2008/6/23  23:54

投稿者:fukuda
>>懲役200年

賛成です。

>>ひとり、ひとりが宝物とわかってほしい。

男の子は母親に、「分かってる」なんて絶対言わないですよ。だって、照れくさいから。でも、絶対、分かってる。子供にとって「母親」というのはそういうものでしょう。

2008/6/23  9:21

投稿者:絆
>>・・・自分という人間が決して:誰でもいい存在:などでは無いことを徹底的に感じさせることでしょう。

今まで、子供と接してきた中で、一番気をつけていた事をズバッと言われた感じです。

自分が、褒められることなく大人になって、思い出すのは、母の「あんたは、ほんまにみんなの悪いとこばっかり遺伝でもらってきたなあ〜!」と、繰り返された言葉。子供が生まれた後も、子供に向かって「お母さんよりは、○ちゃんは、ずーといい子。」と、繰り返す母。

男の子ふたりの2歳違い・・・どうしても、比べてしまいそうになる。でも、兄弟でも人格はまったく違う。
得意な分野も、好きなものも・・・。まあ、ふたりして好きなものもあるけれど。

子供がへこんでいる時、私は「あんたは、この世にひとりだけの大切な子やで、どんな思いで今までいっしょにいるとおもってんにゃ!」と、声をかける。届いているかは、わからない。
ひとり、ひとりが宝物とわかってほしい。
「不得意なところも含めてすべてが、あんたや!」と、思っている。

これから・・・このふたりが、どんな人生を歩むかは、あたしには、わからない。

また、自分のことで、ごめんなさい。

2008/6/23  4:50

投稿者:ラリー
こう言う事件が起こるたびに、アメリカみたいに罪状をプラスして行って、懲役200年とかにすれば良いのにと思うのであります。

2008/6/22  17:23

投稿者:爆じゅん
私、福田さんのこのコメント読んで、
先々週見た『マグロ情熱紀行〜海のダイヤを迫れ!〜』に出てた、沖縄のマグロ漁師一家の事思い出しちゃったですよ☆
奥さんと強い信頼関係があって、お父さんの仕事に敬意を持ってる男の子に、お父さんのような人と結婚したいと言う女の子二人。その家族からの愛と感謝の気持ちを支えに、きつい仕事も頑張れると行ってたお父さん。あの家族、理想的〜
親が働いてる姿を家族に見せるってのはいいですよね。そんで、ひとつの部屋に家族が集まることもいい。みんなで1部屋に居ても携帯いじってたりゲームしてたりじゃあんまり意味ないけど、ただ、それでもまだ一緒に居る時間がないよりマシかな。家庭内で個人主義が深まってる状況は良くないですね、きっと。

自我の形成の話は、以前紹介頂いた正高信夫さんの本通じるものがありますね。
あれ、2冊+他にも1冊、興味深く読みました!
どーすりゃいいの・・・と思うような現実でも、実はシンプルなのかな。解決に向かう糸口も案外シンプルなのかしら・・・。
戦後の復興時期はがむしゃらに働いて貰って、十分生活できるようになったから、
とりあえずもうそろそろ、そこそこでいいぢゃん?、って思うようになる。
あと・・・自分は自分、他人は他人、っていう考え方は、かなり欧米的的ですよね〜。
そういう部分も必要ぢゃないとは思わないし、プライベートも守りたい部分はあって当然だけど、
昔から日本はある程度共同体で生活してきたから、そういう状況に少し戻ってもいいかな。
あと・・・ネット上でしか本音が言えないんぢゃなくて、もうちょっと人とはガチンコでつき合う。
とりあえず、どうかな・・・。

2008/6/22  12:43

投稿者:まき
ありがとうございます。
子供はまだいなくて、この世の中に子供を持つ不安の方が大きく、作ることさえ迷っていました。
でも、少し勇気が出ました。
誰でもいい存在ではないという事、愛することが守ることなんですね。
子供に限らす、人間関係でも一人の人間として認めながら、信じていきたいと思います
子供のいない私にも、心に響く言葉でした。メモに残して宝物にします。
そして、子供ができたら喜んで産みたいと思います!

2008/6/22  11:40

投稿者:fukuda
>>私のような一般の主婦に何ができるのでしょう

あなたが主婦であれば、まずなにより、ご自身の主婦としてのスタンスに責任を持つことでしょう。
そして、もしお子さんがいらっしゃるのなら、まずなによりお子さんに、、自分という人間が決して:誰でもいい存在:などではない事を徹底的に感じさせることでしょう。愛されているという実感がなく成長した人間は、明確な自我が形成できず、プライドも持てず、従って自立もできなくなる傾向が非常に高いので。

最近の事件のキーワードになっている「誰でもよかった」というコトバは、事件を惹き起こしている側の人間が、自分自身をそのように認識しているところから発せられている、と福田は考えます。
彼らは、「なぜ自分は:誰でもない:のか」「自分が:何者かである事:の実感をなぜもてないのか」という、一種の「呪い」に縛られていたと思う。
彼らは、「誰でもない自分自身」に突き動かされて、無差別な殺戮を行う。従って、これは、明らかに自傷行為であり、最悪の形態の自殺、なのです。

この「呪い」をかけたのは、もちろん「彼ら自身」ではあります。しかし、彼ら自身が不断のフィードバックを繰り返している「世界」(家庭環境を含む)にも、その「呪詛」を生んだ責任はあきらかにあります。人間の「世界」。それは「勝手に、自動的に」存在するのではなく、必ず何らかの意思のもとに存在し、その意思には、必ず「我々の意思」が反映されています。

どんな複雑そうに見える事象も、実は単純な事象の組み合わせと積み重ねで出来ています。
「世界は事実の総和である」とはヴィトゲンシュタインの言葉ですが、これは、福田の専門分野で言うと、どんな「複雑な音」も、最終的には、周波数の異なる最もシンプルな波「正弦波」の組み合わせに還元できることに似ている・・・というか、論理的には、同じです。ある波形の要素であるどんな小さな正弦波でも、その振幅が変化すれば、出力される波形には明らかな変化が現れます。

だから、どんな巨大な問題に対しても、絶望感を持つのではなく、自分の行動は、絶対に「全体に対して影響力がある=責任がある」ことを自覚する、という事がとても大切なのだと思います。

2008/6/22  10:03

投稿者:絆
何が悪くて、何が良くて・・・何が幸せで、何が不幸せか?満足するものは、何もなくて・・・閉塞感は感じても、どうする事も出来ない。

孤独は、いつも孤独で。家族がいても大切な子供がいても・・・心のズート奥には、いつも寂しさを抱えている。

政治家には、2世、3世議員がいっぱいいて、フツーに毎日のやりくりを考えながら生活している人って、どれくらいいるんだろう?
官僚と呼ばれる人たちも、「居酒屋タクシー」だけじゃなくきっと、「特権」と呼ばれるものをたくさん持ち合わせていて、あたし達との、考えのギャップはあまりにも、おおきんじゃ無いかなと思ってしまう。

行き詰っても、「人を大勢殺して、ワイドショーで騒がれたい。」とは、思わない!「自分だけ、居なくなろう。」と、考えた事は、何度かある。

生きて行くって、しんどいよね。大変だよね。でも、他人に迷惑をかけようとは、あたしは思わない。その人には、その人の人生があるんだし・・・。

♪この星が、どこへ行こうとしてるのか?もう、誰にもわからない〜♪(この国も、だよね!)

2008/6/22  8:30

投稿者:爆じゅん
(つづきです)
社会への不満をぶつけようにも怒りの矛先をどこに向けていいのか分からない状態。
秋葉原の事件の犯人にはその怒りの矛先が分からないまま心がねじれて、シアワセそうに思える自分以外の人間へのねたみに変わってしまったと思えるんですよね。
あの日あの時犠牲になった人も自分と同じかもしれないと思えなかったのは、彼の思慮のなさというか未熟さで彼のした事は釈明の余地はないけれど・・・。
ぢゃあ、携帯サイトの日記に誰か気づいて反応すればどう変わったのかという話はまた別で、長くなるので・・・。
(ちなみに・・・一部、適切な表現ぢゃない部分があったらすみません。)

>>>この想像力のなさ。救いようのないほどのニブさ。
ほんとですね。とんちんかんとはこういう事、みたいな・・・。
日々の暮らしに満足して暮らしてる人間の前に、ナイフを置いても銃を置いてもこんな事件は起こらない。
人を殺したいと思ってる人には、家にある花瓶だって置物だって凶器になる。そういうフツーな思考ってならないんでしょうかね。
にしても、政治が悪いと言っていてもやはり解決策にはならなくて・・・。
どうしたら軌道修正がなされるのか分からなくて、すごーーーく気が重くなってしまいますが、ここで止まっちゃいけないんですよね。

2008/6/22  8:29

投稿者:?
未来への展望なしにいきあたりばったりの政治をしてきたから、こんなんになっちゃったんでしょうね、きっと。
・・・というか、経済の成長の為に犠牲になってる人間多いこと・・・。
人を育てる為のコストも福利厚生費も削減できるからって、派遣社員の数はほんとうに企業の中に増えてきましたよね。
それが自分の生活スタイルに合う人間にはとりあえず問題ないシステムかもしれないけど、不本意な思いで働いてる人間にはストレスしか生まないかも。
派遣社員から正社員へ登用へという動きもあるけど、実際問題そんなに多くないと思うし、これから結婚もして家庭を持っていくこの犯人みたいな若い男性が、将来に不安持って、考えれば考える程希望を持てなくなって半ば自暴自棄になる精神的プロセスに関しては分かってしまう。
「すべてこれから」っていう若い子が絶望的になってるのって、ほんと、どうにかなってる世の中としか思えないです。。
以前、TVの特番で報道されたんですけど、ネカフェで寝泊まりする若い子等が増えてるそうですよね。1日で稼ぐお金は1日の食費と宿泊費でなくなってしまって貯金なんてできない。ある程度まとまった貯金がないとアパートが借りれない。決まった住所がなければ雇ってくれる会社もない。それにまず1日でも休むと途端にその日の生活ができなくなる。こんな悪循環から抜け出したくても抜け出せないっていう事実。
悪循環って言ったら、石油高騰のあおりもくらって自転車操業せざるを得ないと語ったイカ釣り漁船の漁師さんのインタビューも聞いててすごく切ないし、日雇いで働いてるおじさんの話だけど、持病があって病院にかかりたいけど保険料が払えず健康保険に入れてないから、入院費が払えない。まずは働いて入院費をためたいけど日雇いの仕事もそうそうない。にっちもさっちもいかない生活に、この先どうすればいいのか途方にくれてた初老のおじいさんも理不尽な思いでいると思うし。
どれもまじめに働いてるのにはまってしまって抜け出せないアリ地獄のようで・・・。
(つづきます)

爆じゅん

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ