2008/7/14

最近こんなの観ました VOL.2 その2  映画
クリックすると元のサイズで表示します

■アフタースクール■

ゆうばりファンタでやっていて、観ようと思えば観られたにもかかわらず、意識的に観なかった作品。だって、なんかタイトルがすげえ普通の青春ドラマみたいでしょ。怪獣も宇宙人も出そうにないし、かといってキャスティング見たらホラーでもなさそうだし。ゆうばりファンタで青春ドラマなんか観たくないもんなあ・・・。ところが、その後、業界のあちこちでなんだかやたらと評判がいいのだ。人づてで聞いた話だが、某俳優のマネージャーなど、「あれは絶対見ておくべきです!」と言い切ったそうだ。「あれだけは!!」そこまで言われるとさすがに気になる。というわけで、観てみた。結果、たいへん面白かった。何を書いてもネタバレになりそうなので内容は一切書かないが、普通の青春コメディ?と思って見ていると、完璧に背負い投げを食らわされる。この映画のコピーライトが「甘くみてると、ダマされちゃいますよ」なのだが、まさにそういう映画で、お見事!座布団10枚!という感じ。とにかく内田けんじ監督自らの手によるシナリオが緻密。シナリオ構築に丸々1年(構想からは2年)かけた、というのもうなずける。ここまでロジックに矛盾の無い作品は稀。さらに、過不足ないセリフの作り方も非常によく、なにより、物凄い紆余曲折の末「いい話」に落とす力量はハンパではない。また、大泉洋、佐々木蔵之助、堺雅人らクセモノぞろいの役者陣から、抑制の効いたリアルな演技を引き出した演出家としての手腕も素晴らしい。この監督、論理と情緒のバランスがほんとうにうまく取れている。惜しむらくは、そのバランス感覚のよさのせいで、全体的に映画としてのダイナミズムというかケレン味には欠け、精神に食い込んでくるようなエグさや力強さはない、と個人的には思うが、それは単に好みの問題だろう。とにかく、滅多にないほど「出来のいい映画」なのは確かなので、映画を観終わって気持ちよく劇場を出たいけどここんとこそういう映画全然ない!と思っている人には、必見中の必見。こういう映画こそヒットして欲しい。

2008/7/19  2:15

投稿者:同じ苗字デス
「名監督によるヘナチョコ映画」!!
このネーミングだけで、しばらく笑わせてもらいました(^o^)「名監督も人の子ですからねー。」も!
さっと挙げてもらった中で、スクリーンではないが観てたのが「帝都物語」でした。「帝都」は嶋田久作が一気に有名になった作品でしたよね〜。なんか「不気味」「恐ろしげ」が中途半端だった印象が・・・
娘がテレビで「隠し爪」を観てて、fukuda氏のこのラインナップに激しく同意してました!「殺陣とかすっごく迫力があり、ほぼ良かったのに、ラストがゆるかった。がっかりだった」とか。
ここでfukuda氏がさっと挙げて下さった作品、かえって観たくなりますねぇ〜!「ヘナチョコ」とは言いつつ、ここで列挙された監督に、fukuda氏は一定かそれ以上の敬意を持っておられる。だから「無残。」とか「どうしようもない。」に、単なる非難ではない、深い気持ちを感じますね。「まだまだまだまだ」の中に含まれる作品、機会があれば、さらにお聞きしたいです(^_^)/

2008/7/18  14:28

投稿者:fukuda
まあ、名監督も人の子ですからねー。撮る映画全てが傑作というわけにも行かず。どんな巨匠もヘナチョコ映画を撮ってます。ちなみに、福田がさっと思い浮かぶ「名監督によるヘナチョコ映画」

・「恐怖の報酬」(ウィリアム・フリードキン)
オリジナルが凄すぎたせいも多分にあるかもしれないけど。

・「いつかギラギラする日」(深作欣二)
傑作だっていう人もいるけど、60年代70年代の傑作に比べたら全然ダメ。

・「帝都物語」「ウルトラQ 星の伝説」(実相寺昭雄)
この二本は本当につまらなかった!最低だ!と面と向かって言う前に監督が亡くなられたのがすげえ残念。

・「乱」(黒沢明)
なんで海外の映画人がこんなハリボテ映画を褒めるのか、全然わからん。

・「スィート・ホーム」(黒沢清)
がっくし。

・「イーストミーツウエスト」(岡本喜八)
無残。

・「隠し剣 鬼の爪」(山田洋二)
どうしようもない。

・「亡国のイージス」(坂本順次)
もっとどうしようもない。

・「フック」(S・スピルバーグ)
さらにどうしようもない。

・「猿の惑星」(ティム・バートン)
さらにもっとどうしようもない。

・「フィフス・エレメント」(リュック・ベッソン)
同じくらいどうしようもない。

・「漂流教室」(大林宣彦)
この世のすべてのどうしようもないをあわせたほど、どうしようもない。

・「スターウォーズ エピソードU」(G・ルーカス)
コメント不能。まあ、ルーカスってもともと「名監督」でもなんでもないから、しょうがないか。

多分、まだまだまだまだあるけどねー(^_^)

いわゆる「名監督」がハズした場合、平均点に微妙に届かない、程度じゃなくて、本気でとんでもない愚作になっちゃう場合が多いのが面白いなあ・・・・まあ、そこが名監督の名監督たる所以なのかも。

2008/7/18  1:24

投稿者:同じ苗字デス@室内熱中症寸前?
(パソコンがあるリビングのエアコンが故障。網戸からの風もあるや無しや・・・しかしチョー受けたので書いてます)

「暴力的にダメ」「Fuck」があまりにも嬉しくて(笑)!!!これも多分、録画して観た記憶があるのですが、テレビの前でズッこけましたからねぇ〜。
エピローグって、記憶が薄くて恐縮ですが、清兵衛の娘がお墓参りしてる場面とか、ありましたよねぇ・・・。
やりすぎというか、「もうええで」っちゅーか・・・。この時の印象が尾を引いてるのか、「武士の一分」に食指が動かない。山田洋次監督という存在はものすごいと思うけど、作品によっては「え?何で〜??」と感じますね。寅さんシリーズは傑作だと思いますが(10本ぐらいしか観てないが)。
でも映画って、構想、キャスティング、音楽、撮影、商業的側面などなど、ものすごくたくさんの要素から成されているので、作り手もワケわからんようになってくるのでしょうか・・・?
「ミッドナイト・エクスプレス」「バーディ」で大好きになった、アラン・パーカー監督の、その後の作品を期待して観たら拍子抜けしたり、ということを思い出しました。

2008/7/18  0:18

投稿者:fukuda
>>「ガクーッ」体験の代表的なのは「半落ち」(→森山直太朗)「たそがれ清兵衛」(→井上陽水)でした

「半落ち」は観てないんで何にも言えないんですが、「たそがれ清兵衛」の井上陽水エンディング!!ありゃあもう暴力的にダメでしたね。Fuckの一言。っていうか、福田としてはあのエピローグそのものが要らないって思うんだよねー(>_<)あの蛇足エピローグさえなかったら、ほんと、日本映画史上に残る傑作だと思うんだけどなあ、あの映画。なんでああいうブチ壊し方するかね。で、とどめであの歌・・!!ヒドいのにもほどがある。山田洋次監督って、ハッキリ言って「たそがれ清兵衛」のあとロクな映画撮ってないけど、多分、あのエンディング以降、ダメになったんだろうなあ・・・

2008/7/17  23:38

投稿者:同じ苗字デス
国内・海外問わず、大した本数映画観てないくせに、暴論を吐いてしまったかな〜?と思ったのですが、fukuda氏の、映画のエンディング・テーマに対するお話がいろいろ聞けたので、大収穫(^o^)v
そうですね、エンディングに歌モノがかかるのは、日本映画に限らないか^^;)
娘は巨匠fukuda氏のコメントに感動しとりました!「物語の世界観はちゃんと表現してるサウンドだったしね」→「そうそうそうそう!!」(めっちゃ何度も頷いている)という感じで・・・。「この曲を聴くと、場面が浮かんでくる」と申します。fukuda氏における「神話」(by爆風スランプ)と同じなんですね。
私はちょっと偏ってると思います。インスト好きで、歌モノは滅多に聴かないので。

kuroさんの「ビッグ・ウェンズデー」エンディング曲を聴いた時の「有りえなぁ〜い」の気持ち、とてもわかります!それはお気の毒でした(笑)
私は「ガクーッ」体験の代表的なのは「半落ち」(→森山直太朗)「たそがれ清兵衛」(→井上陽水)でした。「半落ち」・・・本編でぐわ〜っと泣けてきて、感情のいろんなひだが刺激された直後に、いきなり直太朗サンの特徴ある鼻にかかった高音。しっくりきたら、さらに素晴らしいことになるのでしょうが、私は、的確な喩えが出来ないが、それまで「これ結構おいしい!おいしいコレ〜!!」と喜んでストローで飲んでたアイスコーヒーが、急に麦茶になった・・・って感じでしょうか。見た目はさほど変わらないから、予測せずコーヒーのつもりで勢いよくチューチュー飲んだら、「え、なにコレ?味変わってるやん、ええっ??」みたいな。しつこくてスミマセン。

映画ではないのですが、2年前に「花王・愛の劇場」(昼ドラです)で「いい女」(主演:石野真子)にハマってました。このテーマ曲が、私の中では「気に入った歌モノのテーマ曲」ベスト1かもしれません。
中村中の「私の中の『いい女』」という曲でした。

2008/7/16  23:47

投稿者:爆じゅん
アフタースクール」のエンディング曲・・・気になって聴いてみちゃいましたw
疾走感のある曲ですね!
映画は見てないんで合うか合わないは分からないんけど、PVの監督も内田監督がされたってことで、映画のイメージもこんな感じなのかな〜?(ちなみに、これも気になって調べてみたんですけど、内田監督はこの曲、大のお気に入りだそうです☆)

・・・で、私も映画のエンディングで、本編と違う感じの曲になるの結構スキです。
なんでだろ。「終わりました☆」って感じがするからかな〜?
どうなのこの曲?と思うケースは今はパッと浮かばないけど(でも、確かにありますね〜w)、
「レオン」のエンディング(スティングの歌)は、すんごく好き!
これを聴いたら本編が蘇るって言えば、「魔女の宅急便」の"やさしさに包まれたなら"なんか、映画のイメージと切り離して考えられない曲もあったり、「地下鉄に乗って」の”プラットホーム"は、意外にすごく良かった☆あと、歌を先に知って(気に入って)、後で映画を見たっていう例で言えば「サヨナラCOLOR」とかがあります〜
なので、タイアップってあんまりイメージ良くとられないこともあるけど、相乗効果で良くなれば最高ですよね☆

それはそうと・・・w
昭和歌謡男って・・・ww
デブ・パレードも、オファーの内容と自分たちの持ち味を合わせて作られたんでしょうね♪

2008/7/16  22:07

投稿者:ラリー
これ観たい。終わっちゃう前に見に行かなきゃな。

2008/7/16  18:27

投稿者:kuro
>>>どうなのこの曲?と思うケースも多々ありますが

私の場合、『ビッグ・ウェンズデー』が、そうでした!
洋画なのに、最後にいきなり変なメロディーが流れ出し日本語の歌詞で、
♪お〜〜ビッグ・ウェンズデ〜〜〜♪
有り得なぁ〜い!
いつもは絶対に最後まで席を立たないタイプなのに
その時だけは、一緒に行ったBFと共に逃げ去るように〜。。でした。@@;

2008/7/16  16:41

投稿者:fukuda
>>なんで日本映画は本編はシブいインストなのにエンディングでJ-POPやヴォーカル系の歌とか流しちゃうんだろう!商業的なことか?監督はそれで納得してるのか?

まず、エンディングでバンドものがかかるのは全世界的傾向で、なにも日本映画に限ったことではないよww。映画と言うのはあちこちからお金を引っ張ってきているし、売るためにはタイアップも重要なので、自然とそうなるワケね。まあ、正直言って、どうなのこの曲?と思うケースも多々ありますがw、逆にものすごく効果的な場合もある。古い上にオタな例で恐縮ですが、平成ガメラシリーズの第一作目のエンディング、爆風スランプの「神話」なんか、すげえよかったし。今でも「神話」を聞くと、本編が無条件で蘇る。実は、福田、エンディングで歌モノかかるの、けっこう大好きなんだよねーw。もちろん、いい曲にかぎるけど。で、「アフタースクール」のエンディング曲ですが、福田としてはとてもよかったと思いますよ。特に個性的とは思わなかったけど、物語の世界感はちゃんと表現してるサウンドだったしね。
ちなみに、「ギララの逆襲」のエンディングテーマは、一応河崎監督の「感動的なバラードを!!」というオファーに基づいて作られたんですが、なんせ昭和歌謡男・河崎実の考える「バラード」と、20代のバンド「デブ・パレード」の諸君の考える「バラード」には落差があったようで。河崎監督は「ラップとかはいれないで、もっと朗々と盛り上がるバラードがよかったなあ・・・」などと言ってましたが、福田は十分ステキな楽曲に仕上がってると思います。

2008/7/16  1:30

投稿者:同じ苗字デス
MOVIX京都で、快適な環境で観て来ました!割引券をプリントアウトして値引きしてもらいましたが、1600円で、ゆったり空調の効いたキレイな空間で、スクリーン鑑賞できるのは納得いきますね♪
感想は、fukuda氏のおっしゃる通りでした!!!
ずっと飽きさせない。ストーリーも難解すぎず、セリフや演出が抑えがききつつも「立ってる」っつーか。
面白かったです。海外で公開しても、絶対受けると思う。ただ、好みとしては星3つ(5つ中)でした。fukuda氏がおっしゃってた「精神に食い込んでくるようなエグさや力強さはない」→私個人は、ここがないと「また見てみたい」と思えないので・・・。
最近テレビで観た「誰も知らない」は、ラストぎりぎりまでは「ぐわーーーっ」と引っ張られました。ラストがちょっと残念。エンディングテーマで興ざめしてしまい・・・なんで日本映画は本編はシブいインストなのにエンディングでJ-POPやヴォーカル系の歌とか流しちゃうんだろう!商業的なことか?監督はそれで納得してるのか?
「アフタースクール」のエンディングも、いかにもなバンドサウンドで、たら〜っとしてしもた。娘は「作品にとても合ってた。いい曲やと思ったけどな〜」と反論してました。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ