2008/8/20

「死にぞこないの 青」  映画
            クリックすると元のサイズで表示します

試写で見た。乙一原作による、ジュブナイルホラー。いわれのないイジメを受け続ける小学生の少年が、憎悪の象徴である少女の亡霊「アオ」にとり憑かれる。ネガティブ型「F式蘭丸」、かな。「アオ」との共存関係を経て、最終的に恐怖と憎悪との戦いをのりこえる少年の成長を描いたなかなかいい作品なのだが、残念ながら全ての展開が予想の範疇を超えない。要するに、優等生的。話のおとしどころのキレイさも含め、最近の日本映画には、どうもこの種の生真面目さが目立つような気がする。この窮屈さ、この「まとまり感」はなんなのだろうか。原作のせい?シナリオのせい?トータル的には狙いどころが明解で、宣伝はしやすそうだけどね。でも、小学生、中学生が見るにはとてもいい映画だと思った。少なくとも、「恋空」のようなクソ映画では全くなく、志の高い映画。

          クリックすると元のサイズで表示します
上映終了後の試写会場のロビーには、「アオ」の人形が・・と思ったら、パフォーマーがちゃんと演じていた。映画の中の「アオ」の「コワかわ」感がよく出ていてよかった。ちなみに、映画中ではこの「アオ」、谷村美月ちゃんがフルメイクで演じていて素晴らしい。

2008/8/22  9:11

投稿者:爆じゅん
>>>要するに、優等生的。話のおとしどころのキレイさも含め、最近の日本映画には、どうもこの種の生真面目さが目立つような気がする。
>>>この窮屈さ、この「まとまり感」はなんなのだろうか。
私が思うに、映画に限らず最近はそもそも型破り&破天荒な人がいなくなりましたよね〜。
昔は、お笑いでも演劇界でも芸能界でも美術界でも常人とは相容れない感覚の人がいて、
そういう人を芸術家肌だね〜なんていうこともあったりしたけど、最近、そんな風に思える若い人っていないような・・・。
まあ世の中、「KY」とか言ってる空気がある中で、小さくまとまらずに成長するなんて無理かもしれないけど。

それはそうと・・・「恋空」・・・
相当ヒドイのか?・・・って思って見ちゃいましたよ〜(苦笑)
深みのぜんぜんんっないお話。
ある意味ステレオタイプと言えるけど、全てキレイゴトばかりで、実際はあり得ない展開の連続に呆れるばかり。ムンクの叫び状態になった事が何度あったことか!!!
中でも一番ムンクになったのは、「なんでお花畑」!!
到底マジメには見れないって思ったので、ツッコミ入れる事を楽しみに見てたけど、
この映画を10代の子達にマジに見せてる事は、ある意味罪なんじゃないかなぁ・・・と思いますた。

2008/8/20  11:14

投稿者:まりまり
原作は、読んでます。私は、ちょっと泣けました。(ほら、最近の傾向で、「泣ける」って言うと食い付きイイし)www

いや、実際ホロリとしましたけどねf^_^;

あたしゃ、今「DMC」を劇場で観るべきか否かで悩んでる今日この頃www

2008/8/20  1:53

投稿者:金沢海女
おー谷村美月ちゃんですか。今やジャパニーズホラーに彼女はかかせませんね。

無表情で画になる女優さんって10代で彼女くらいかしら・・・瞳が素晴らしい!!

今度の「おろち」も楽しみですね。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ