2008/8/25

8/22  
もう2ヶ月以上前のこと。母から電話があった。
「裕彦、あなた8月の後半、北海道に行く仕事とかない?」
「はあ??なんで」
「8月の22日くらいから、家を空けられる都合がついたのよ。ちょうどいいから、久しぶりに蘭島のおばあちゃんの見舞いに行こうと思ったんだけど、一人で行くのも心細いし。北海道行く仕事があったら、ついでに連れてってもらおうかなと思って」
「なに言ってんの、北海道なんて一人で行けばいいじゃん。海外旅行とか一人で行ってるんだから」
「あれはほら、添乗員さん任せだし」
「俺に添乗員やれって事っすか」
「そう。だってほら、もう私だって77歳なんだから。ひとりで北海道は心細いのよ」
そこで実年齢を出すわけね。
「確かにそりゃそうだろうけどさ・・・でもなんにせよ、今年は俺、ツアーしてないから、8月のそのへんで都合よく北海道なんか・・・」と言って気がついた。「あ、行くわ・・・24日、札幌。」
女親の勘、とでも言うのか。なんでそこまでピンポイントのタイミングを掴む?
「やった!じゃあ、連れてってね」
というわけで、8/24の札幌での「シンセサイザーの逆襲」の2日前から、母親を伴って北海道へ行くハメに。
クリックすると元のサイズで表示します
まずは、千歳の伯父(父の姉(故人)の連れ合い。母親から見れば義理の兄)の元へ。
俺は今から10年前、ON THE ROAD2001の初年の「1学期」ツアーの終わりにお邪魔していたのだが、母はなんと30数年ぶりに伯父に会う。なので、電話で綿密な事前打ち合わせを交わして(まあ母はそう証言)空港で待ち合わせたにも関わらず、母は伯父の姿を認識できず伯父も母の姿を認識出来ずに10分以上すれ違い続けるというホノボノ系のギャグ状況に。なんとか邂逅を果たし、伯父の家で歓談。ヘビースモーカーの伯父に禁煙の素晴らしさを説いたあと、電車で札幌へ。ひどく気温が低く、風も強い。いくら北海道とはいえ、この季節でこれはちょっと寒すぎる。はやくメシ食って暖まるか。
「かあさん、夕飯なに食べますか」
「リゾットとか」
「はあ?」なんでまた札幌でリゾット。
「入れ歯の調子が悪くて歯茎とすれて痛いのよ。だから柔らかいものがいい。」
年寄りのクセに、母は「新鮮な生もの」とかに一切の執着がない。むしろ、苦手。福田の海産物系苦手は完全にこの母の嗜好によって形成された。
「じゃあ、イタメシ屋探しましょう」
結局、そのへんの適当なパスタ屋に入ってパスタを食いつつ、白ワインをデキャンタで2本。こんなに飲むならボトルにすりゃよかった、とか思っていたら、どんどん腹が痛くなってきた。Tシャツ一枚に上着を羽織っていただけでいたので、冷えたらしい。
「裕彦、あんたもっと飲まないでいいの」
「いや、いい。なんか腹痛い」
「なんだ、裕彦、酒弱いね」
いや、だから、そうじゃなくて。
「腹、冷えた」
「じゃあ飲んであったまんなさい」余りのよく冷えた白ワインをどぼどぼ注ぐ。「ほら」
「はあ」もっと冷えると思うんですが。

2008/8/27  0:49

投稿者:爆じゅん@追加です〜
・・・と書いて、一旦PC閉じてお布団の中に入ってちょっと考えてたら気づきました!
年代の違いもありますけど、語尾は「方言」で処理しちゃうこともあるんで、けっこう「方言」の存在も大きいかも。

2008/8/27  0:34

投稿者:爆じゅん
>親に、基本、丁寧語使うのって当然じゃないの??
んーーー。
そう言われるとそうするのが当然な気がしますけど、
過去、親に「ですます調」で話した事は、結婚式の前の挨拶くらいかも・・・。
親や年上の人に対して敬意を払ってないつもりはないんですけど、多分私が生まれた時にはもう、周りは親に丁寧語で話す環境じゃなかったんだと思います〜。今までなにも疑わないで、そうしてきましたもん・・・。(逆に、ですます調で話す福田さんの会話を聞いて、昔の文学読んでるみたいな気もちょっとしたくらい。)

しかし・・・指摘されてハッとしましたけど、
今の若い子が親に命令口調で話したりするのを聞いて、「いくらなんでもそれはないでしょう〜。」って思うことがあるんですけど、福田さんが親と丁寧語で話してない事に違和感を感じたのと、多分、似てるんでしょうね〜。
こんな風になって来たのは、「友達みたいなお母さん」っていうのが流行りだしたからなんじゃないかと思うんですけど、もし福田さんの会話が福田さんの年代の常識で私の会話が私の年代の常識だとしたら、どの辺りで変化しちゃったのか知りたくなってきました。

2008/8/26  23:55

投稿者:fukuda
>>時々口調がですます調

え?福田は親と喋る時は昔から半分以上「ですます」調ですが・・普通はそうじゃないのか?親に、基本、丁寧語使うのって当然じゃないの??うーーん、やっぱりこれ、年代かなあ。

2008/8/26  9:56

投稿者:爆じゅん
おりょ。
うちも結構似たような時期に、孝行旅行(とうちの場合は言えるのか?)してきました。(方向は真逆で鹿児島だけどw)
やっぱり、特に母親は息子と一緒の時間を過ごせることがとても嬉しいみたい☆

それはそうと・・・
とってもリアルな会話でオモシロス♪
福田さん、お母様とお話するとき、時々口調がですます調になるんですね〜w
やっぱこっぱずかしいものなのかなぁ?・・・と思いつつ、こっちもモゾモゾしてきますww

でもって、お母様のことは「かあさん」って呼ばれてるんですか! いいですね!かあさんって響き☆私の回りの「息子達」は、大人になると極力母親の事を「おかあさん」って呼ぶの避けてるみたいなんですよね〜。もっと素直になってあげなさーーいw

>>>「はあ」もっと冷えると思うんですが。
母の選択は吉と出たか凶と出たか?w

息子との二人旅ってのは、そうそう何度もできるもんじゃなし、
この際、親戚のみなさまのところを訪ねて回ろうということでしょうか♪
続きのお母様との旅の記録も楽しみにしてます!(これで終わりにしないでくださいね〜)

2008/8/26  9:15

投稿者:絆
福ちゃんの、お母様、素敵です〜!

あたしも、30年後くらいには、このような、ハハになって息子をこき使いたいと思います。絶対に!

北海道、この間異常に寒かったようですね。稚内(?)で、最低気温1.5度とかNEWSで言ってましたよね。
その頃に行かれたのかしらん?

その後の、お話しが気になりますが、お身体大丈夫でしたか?かあちゃんの、反応は、いかに・・・?

2008/8/26  8:25

投稿者:シャノワール
連投失礼します!

週末、3回目の「ギララの逆襲」を観てきました〜♪
シアターN、ほどほどに人が入っていましたよ。
そして、何度も笑いが湧き起こっていました♪
なんとなく、マニアな人が多かったようなw

2008/8/26  8:16

投稿者:シャノワール
ミュージシャンとしての福田さんはもちろんですが、同志の中にある福田さん、
家庭人としての福田さんなどは、容易に想像できるんです。
もちろん、ブログ等で、そういう姿を見せていただいているからではありますがw

でも、唯一想像できないのが、息子としての福田さん。
今回の北海道紀行で、その一端が明らかにされそうですね。
手始めにこの記事が、なんとも言えず「ふふふ♪」な感じでwww

お母様、粋ですね♪

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ