2008/11/23

AAAのアレンジ作業は順調なので  映画
昨日一日丸々休んで、色々見てきた。

            クリックすると元のサイズで表示します
「ガメラ対バイラス」の宇宙船・・・じゃなくて、こういう表紙なんだよ、「ブラインドネス」のパンフ!大好きなフェルナンド・メイレレスが撮った「SFパニックもの」として、最近一番期待してた映画だったので、気合を入れて初日に見に行ったのだが-----まず根本的に「SFパニックもの」では全然なく、その時点で、「おこちゃま福田」の気持ちは一気にしぼみ。見事なまでに「ただの寓話」なんだよね、これ。でも、寓話であるにせよ、とにかく「目が見えなくなる」という設定の寓意があまりにもスケスケである事、そして、主人公一人だけが目が見えている、という恐るべき状況下で起こっていく事態が「リアリティの足枷」から全く逃れられていない事が、福田としては全く気に食わず。要するに、この映画、製作者たちの「ノーベル文学賞作家ジョゼ・サラマーゴの原作へのリスペクト」が、作品全体に呪いをかけてちゃっている、と思う。まあ、こういうテイストが好きな、いわゆる「アート志向」の強い人はけっこういるんだろうけど、俺はイヤだな。ぶっ飛んでなさすぎ。フェルナンド・メイレレス監督、これははっきり失敗作だよ。だって、ホントに全然面白くないもん。それにしても、92Pもあるパンフ、厚過ぎ。これって、ただの「批評武装」じゃないのか?
☆☆☆

                クリックすると元のサイズで表示します
これは映画じゃなくて、珍しく演劇。ご招待いただいたので観せていただきました。
「七人の侍」を換骨奪胎、アニメチックなSF仕立てにした大作。ポスターを見てる限りでは、なんかすげえイケメンが揃いすぎて、おいおい大丈夫かー?とか思ってたんだが、実際には、「七人の侍」のセリフをオリジナルのまま取り入れている部分も含め「リスペクト」の度合いがとてもよく、SF設定の持ち込み方も面白く、十分楽しめた。バランスのいいエンタテインメントですなー。個人的には、演劇の演劇的な部分(要するに、絶対に拭い去れないある種の「大仰さ」)にはやっぱり馴染みきれないのと、あと、やっぱり殺陣にはあれこれ不満が残ったけどね。
☆☆☆★★

                クリックすると元のサイズで表示します
ハリウッドの才人、ベン・スティラーが制作・監督・脚本・主演の四役をこなした大作コメディ。バカバカしいことこの上ないのに、ちょっとあきれる程の制作規模で作られていること自体がすでに笑える。ベトナム戦争の英雄が書き下ろした原作をもとに企画された戦争超大作映画「トロピックサンダー」の撮影は、若手監督がクセもの揃いの主演俳優達をコントロールできないことで暗礁に乗り上げる。業を煮やした原作者(ニック・ノルティ)は、頼りない監督を一喝。「ヤツラをジャングルに置き去りにして、本当のサバイバルをさせろ!すべてを隠しカメラで撮影しろ!」というわけで、主演の俳優達(スティラー、ジャック・ブラック、ロバート・ダウニーJR.たち。ちなみに、一番右の「黒人」が「アイアンマン」のロバート・ダウニーJR.!ワロタ)は、ジャングルの真っ只中に置き去りにされるのだが、そこは巨大麻薬組織「炎龍」が支配する世にも恐ろしいジャングルだった・・という、ちょっと「ギャラクシークェスト」も入りつつ、「地獄の黙示録」「プラトーン」「ランボー」などなど、戦争映画のパロディも続々登場するおバカ映画。しかしシナリオはよく書けていて、特に、毛色の違う主人公たち「役者」のキャラは非常に立っており、それぞれがそれぞれの問題をかかえつつちゃんと成長していく姿は、結構ちゃんと感動的。大したものである。全体に、余裕の感じられる作品で、こんな「贅沢な」映画が撮れる状況を手に入れたベン・スティラーは本当に立派。
☆☆☆★★


                  クリックすると元のサイズで表示します
10年ほど前、「ガンモ」で話題になったハーモニー・コリン監督ひさびさの作品。「ものまね」、というか、「あるキャラクターになりきって」生きるコメディアンたちを描いた、これまた極めて寓意的な作品。こういう作品にはあらかじめ「SF」も「パニック」も期待しないので、全然OKw。自分が自分であることの息苦しさを捨てて、他人であることを選んだ「コメディアン」たちの共同体の崩壊と、そのストーリーとは一切クロスせずに描かれる、「パラシュートなしで飛行機から飛び降りて死ななかった修道女達の奇跡」の崩壊。淡々とした優しいタッチの中で、突如鋭角に切り込んで来るエピソードの配置はとてもよく、役者陣も魅力的。けっこう苦い後味の映画ではあるが、繰り返し見たくなる。日本版DVDがレンタル中。
☆☆☆★★


2008/11/27  1:51

投稿者:fukuda
>>殆どニュースになりませんでしたが、マケインさんて、結構立派な方だったんですね。

そうなんですよ。まあ、もちろん、これも町山氏の記述を信じれば、なんだけどw(福田は彼の言う事はけっこう信じてます、素直に。)今回の選挙での負けが確定した時のマケイン氏の演説(オバマ勝利にブーイングを送っている彼の支持者を冷静にいさめて、オバマ氏への全面協力姿勢を語った)を聞いて、ああ、やっぱり、町山氏の言ったとおりの立派な人なんだなあ、とは思った。不幸にも、彼には「共和党」=「現政権」=ブッシュのイメージが付きまといすぎてしまっていた。それじゃ勝てないよね、今のアメリカじゃ、どうしたって。


2008/11/27  1:49

投稿者:かっこ
『MISTER LONELY』見たかった映画でした!もうDVDになってるんですね。

福田さんと同じく、家で見るTVより、映画館で好きなものを見る事にしてます。が!この前DVDで充分だと思った映画に遭遇。。。時には無駄銭も必要って事ですね。

AAA,仕事を無理やり片付けて武道館へ行きます!
福田さん、2階席から声援送りますからね〜。

2008/11/27  0:45

投稿者:ラリー
AAA楽しみにしてます。

あっ、
『アメリカに人の半分はニューヨークの場所を知らない』読みました。
ニュースで知っていたのも有ったけど、感心するやら呆れるやら(殆ど、呆れてたんですが)電車の中で読んでて、笑いそうになったり。
日本じゃ、殆どニュースになりませんでしたが、マケインさんて、結構立派な方だったんですね。

面白かったです。
読んで良かったです。

そう言えば、ペイリン州知事さんて、『アフリカは大陸ではなく、国だと思っていた』らしいです。

凄い人が知事になってるんですね、アメリカって。(って言うか、副大統領候補だったんですよね。)(笑)

2008/11/25  9:40

投稿者:シャノワール
PUMIさま、えへへですww
私、この手の必須科目を飛ばしていることが多いので、
あきれられることは、しばしばですぅ。
な、なんとかしなきゃww

2008/11/25  2:38

投稿者:PUMITON
うひょ〜
シャノさまの「七人の侍」未見にもおどろきwましたが、ダウニィーjrもぴっくり〜

2008/11/24  22:56

投稿者:シャノワール
う、やっぱり必須ですかぁ(汗)。
それにしても、「七人の侍」ってそんなに長いんですね〜。
「休憩」を頼りに、集中できる時間を作ります!
ご指南ありがとうございま〜す♪

あ、それから…
残りのAAAのアレンジ作業も頑張ってくださいね!
楽しみにしてますから〜♪

2008/11/24  21:44

投稿者:fukuda
「七人の侍」は、まあ、必須だろうなあ・・
ただ、あまりにも長い作品(3時間40分)なので、いっぺんに観ようとするとけっこう大変だろうから、何回かに分けて観たほうがいいかも。って言っても、前半の面白さだけでもハンパじゃないから、途中ではなかなかやめられないかなあ。もともと用意されている「休憩」のところで区切るのかベストだね、やっぱり。

2008/11/24  21:19

投稿者:シャノワール
ほぉぉぉ、「SAMURAI7」舞台化されたんですね〜。
NHKで放映されていたアニメは欠かさず観ましたが、
SFの設定が面白くて、それぞれのキャラもたっていて、好きでした〜♪
(超小声)でも…
「七人の侍」をまだ観たこと無いっていうのは、非常にまずいですよね(滝汗)。

「トロピック・サンダー」は、CMで見て、「うひゃ、おもしろそう〜♪」と
思った一作ですw

2008/11/23  23:38

投稿者:爆じゅん
マイケルJのとなりにいるのは、マドンナじゃなくてモンローw。
あちゃっ!w そうだ! そうですね!!(^^;
でも、顔的にはマドンナの方が似てるかも?・・・(おいおいw、んなこと言っちゃダメぢゃんw)

レイザーラモンHGは、この舞台では自分のギャグを封印して役者として頑張るみたいな事言ってたんで、これから俳優さんとして頑張る覚悟なのかな・・・ってちょっと感じました。
殺陣の技術的な面は分かりませんでしたけど、
太刀を振るった映像が一瞬だけ映って、身体ががっちりしてるからかダイナミックに見えました〜

>多分、トータルで楽勝に50億円超えではないかと。
そうなんですね〜(@@;
でも、予告編見てみたら、ロケ地も多そうだし、もしセットだとしたもすごく良くできてるし〜。
上映館も、私の地元で3館での上映がありますです!
それはそうと、この確信犯的ポスター(笑)・・・映画が趣味のカップルはそんなことないだろうけど、男の子が彼女(特にちょっとかわいい系)をデートで誘うには一瞬ためらわないかな〜(笑)

「ミスターロンリー」・・・私のところでも借りられそうな感じなので、見てみます〜♪
・・・で、実は「ガンモ」も知らず見てませんが、オススメですか?

2008/11/23  21:53

投稿者:fukuda
>>レイザーラモンHG

がんばってましたよ。けっこう儲け役だし。

>>あきれる程の製作規模

多分、トータルで楽勝に50億円超えではないかと。
コメディとしては異常。

「ミスターロンリー」は、実際、説明しにくい映画です。「パラシュートなしで飛行機から飛び降りて死ななかった修道女達の奇跡」については、観ればわかりますが、シュールっていうより、「書いたまんま」です。あと、マイケルJのとなりにいるのは、マドンナじゃなくてモンローw。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ