2005/12/3

またしてもビミョーきわまりないタイトル  映画
クリックすると元のサイズで表示します
・・の、この映画、実は去年のファンタで見てものすげえ盛り上がった
「BORN TO FIGHT」。
あまりにも凄まじいアクションシーンに敬意を表して、初日に映画館へ。
公開劇場が昔で言う3番館、「シネマミラノ」だったのでスクリーンは小さかったが、
いざ始まってしまうと、そんなことはどうでもよくなった。
やっぱ、すげえ。熱気のカタマリ。
もちろんいろいろ欠点もあるのだが、
ここまでやってくれると、細かいことは、ほんと、どうでもいい。
特に後半は、とにかく壮絶なアクションシーンが続くので、
見ている間中、うわっ、とか、ぎゃっとか言いっぱなしw。ほんとうに楽しい。
でも映画の全体のトーン自体は非常に真摯で、破天荒なアクションシーンがなかったら
見ていられないくらいへヴィ。前にも書いたが、暴力描写に「情け容赦がない」。
銃を使った暴力、のコワさ、理不尽さ、がちゃんと表現されている。
「プライベートライアン」の冒頭20分のシーケンスで、
スピルバーグがある意味「映像表現者として一線を越えてしまって」以来、
いろんな監督が、撮影手法も含めてスピルバーグの真似をしようとしてきた。
でも、はっきり言って、どれも、「ああ、これ、プライベートライアンじゃん?」で終わっていた。(たとえば、「レニングラード」。「ブラックホークダウン」。「バトルロワイヤル2」・・etc)。
だが、この「BORN TO FIGHT」は、
おそらく「プライベートライアン」をほとんど意識することなく、
「プライベートライアン」並みに恐ろしい「銃撃」が表現できている。立派。
だからこそ、素手で銃に立ち向かう主人公達の姿に、素直に感動してしまう。
ものすごい「見世物精神」に徹底しておきながらただの見世物映画、ではない。
バンナー・リットグライ監督、すばらしい。
クソブラッカイマー、ちゃんとこういう映画見て反省しなさい。
・・って、するワケないんだけどさw

2006/1/23  21:20

投稿者:はある
今日見てきたよ!
ほんと
人間の強さに惹かれる☆憧れる。
私も
強くありたいと思う。
なんか
スカッとしたな!!

2005/12/5  8:18

投稿者:すぇいらさん
連日のライブ・イベントお疲れ様です。
私もTVで、この映画の宣伝見ました。
「さて、!のマークはいくつでしょう?」って
言う、アナウンサーに
即答できたのは、福田教授のご指導の賜物です。ハイ。

2005/12/4  15:06

投稿者:dance@仕事場さん
今日たまたまテレビ見てたら、CMしてましたね。すごおおい。

2005/12/3  23:22

投稿者:爆じゅんさん
追加です〜
「七人のマッハ!!!!!!!」ってタイトル・・・
ベタだけど分かりやすくて覚えやすくて「悪くないな」って思ってたんですけど、
fukudaさんには、ビミョーきわまりないんですね〜(^^;
ま・・・私、ネーミングセンス、ゼロなんでww

2005/12/3  22:29

投稿者:爆じゅんさん
ああ、この映画・・・
去年のファンタ絡みで紹介して頂いた作品だったんですよねぇ。
(記事、読み返してきました。)

>>>素手で銃に立ち向かう主人公達
USENネットTVで、最近、この映画の宣伝を良く見たんですけど、
とにかく「マッハ!!!!!!」と比較対照してる文句(コピー?)が多くて、
アクションシーンは、全て肉体戦に終始してる作品なんだと思いそうになってました〜(^^;

>>>「プライベートライアン」の冒頭20分
・・・の怖さは、もう一度見る勇気がなかなか出ないくらい怖いです。
(言うまでもなく、見なきゃ良かったっていうことじゃなくて・・・。)
・・・で、話は少し外れるかもしれないんですけど、
「グリーンマイル」の電気椅子での処刑シーンの数々も、リアル(残虐)すぎてもう一度見る勇気が出ません。

2005/12/3  22:00

投稿者:かなさん
福田さん省吾さんのコンサートからAAAとお疲れ様でした。今日もウルトラマンマックスを録画させられました(^O^)
来週はメトロン星人がでてくる!と息子が言っております(^o^)/
題名は『ねらわれない街』ですね!
楽しみにしてるようですよ(^o^)/

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ