2009/1/12

五十嵐公太 ロングインタビュー06  インタビュー
YF:武道館のAAA(Act Against AIDS)に始めて参加してくれたのが、確か1999年・・?JUDY AND MARY、いったん休止の年だよね。あの時は、ホントに助かったんですよ。いまさらのように大感謝!!あのイベント、それまでずっと爆風スランプでハウスバンドやってたのに、末吉(ファンキー末吉)が「福田さん、あとはヨロシク!」って北京に行っちゃって(笑)。ドラマーを探すところからはじまって・・ミキヤ(註:立井幹也。福田がサウンドプロデュースを手がけたバンド「SLAP STICKS」のドラマー。)にやらせようと思ったのはいいけど、なんせまだ若くて頼りない。まだ26歳だったしね。そこへ和佐はん(バーベQ和佐田)が、「ジュディマリの公太がやってくれるって言ってます」って・・・じゃあ、いっそミキヤとツインドラムでやってもらおう、と。自分の中ではけっこう芯食った企画だったんだけど、ドラマーとしては、ツインドラムでやる、と聞いたときはどんな気持ちでした?

KI:おもしろそう!ってすごく楽しみでしたね。 実際にやってみた時も、ミキヤとふたりでいろいろ分担して決め込んで、フレーズやアクションを合わせたりしてオモシロかったですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
■1999年12/1 武道館AAAで立井幹也と。■

YF:実は、リハで2人で叩く姿を見るまではけっこうドキドキしてたんだよね。公太くんに「こんなヤツと一緒に叩けるかーい!」って言われたらどうしよう、みたいな。もちろんミキヤは決してヘタなドラマーじゃない・・って言うか、十分素晴らしいドラマーなんだけど、それでも公太くんに比べたらキャリアとレベルがまるで違うから。それが、すごく協力的にやってもらえて、うわー、五十嵐公太っていい人だー、と(笑)。

KI:(笑)最近、時間が無くて、アクションの決め込みとかがやれてないんですよ・・・残念だなあ。なんにせよ、最初は、ミキヤ、若い!って思った(笑)。初の武道館本番、オープニングの曲でクチビルかみしめすぎて血まみれになってたのは忘れられない(爆笑)。でも、年々上手くなっていくのには驚きです。 しかも、ビートが気持ちいい。

YF:あいつ、実際、いいドラマーなんですよ。音楽性がとても高い。今後もヨロシク面倒みてやってください。さて、ドラマー五十嵐公太の今後は。

クリックすると元のサイズで表示します

KI:そうですね・・・なんと言うか・・・まず、僕は「名刺の肩書き」みたいなアイデンティティがキライなんですよ。例えば、「ジュディマリのドラム」っていう「肩書き」・・・よく人に「公太さんは下積みが長かったですからね」って言われるんですけど、僕自身はそれまでやって来たことも「下積み」だなんて思ってなくて・・・・ずっと同じ「五十嵐公太」ありつづけてきただけ、と思ってるので。だけど、そこに例えば「ジュディマリのドラム」っていう「肩書き」がついたとたん、ジュディマリまでは「下積み」だった、みたいになっちゃうじゃないですか。これがイヤですね。とにかく僕はこれまでも、これからもずっと「ドラマー」で、自分の中の「ドラマー」と向き合っていきたい。今回のDVDを作ってみて、自分で見えてきたこと、がとてもたくさんありました。不明瞭だった部分がすごくはっきりしたと言うか。

YF:それはすごく分かる。こういう作品を作ることは、自分に対する強烈なフィードバックだもんね。俺はねえ、仁井山くんとのストリートセッションで、ストリート達人のワカゾー(笑)の仁井山くんに気おされて、バトルでフレーズが詰まっちゃう素直な公太くんがメッチャクチャ好きだなあ。あのシーンはほんと、最高。

KI:(笑)

YF:ああいう「不完全さ」、というか可愛さも、他のパートで見せる凄まじいテクニシャンぶりも全部ひっくるめて、五十嵐公太というドラマーだと。その自己確認作業の真摯さだよね、この作品のとても美しいところは。今後もこういう映像作品を?

KI:今、「全日本人ドラマー計画」という教則ビデオの企画を考えてます。ビ◯ー・ザ・ブート◯◯◯プみたいな作りにしたら面白いかな、と(笑)。

YF:それ面白い!!是非作ってください。ではそろそろクライマックスの質問へ(笑)。
食べ物の好き嫌いはありますか?

KI:美味しいものなら何でも好きです。 キライなものは美味しくないもの・・・これじゃわからないなあ。キライなもの・・・・キライなもの・・・・無いですね。ガッカリだなあ。 ひとつぐらいあってもいいのに・・・

YF:(笑)犬派、猫派? 

KI:時と場合によります。基本・・・・猫、かな。だから飼っているのは犬です。
犬を見ていてカワイイけれど、こうはなりたくない!って思います(笑)

YF:趣味は?

KI:クルマ好きです。とくにイギリスのクルマが。でも、最近はエコじゃないので電車に乗ってます(笑)。 あと、ここ何年か釣りにもハマってます。海で大きなサカナが釣りたい! まだ未体験なので・・・

YF:ではほんとうに最後の質問。音楽以外に好きな芸術ジャンルはありますか?
  
KI:役者には興味があります。どんだけ嘘つきなんだろう?って思います。
上手いウソツキになりたい。  


YF:なんか、それに関してはがんばってね、って言いにくい(笑)

おしまい

2009/1/14  20:15

投稿者:やまもっち
文字起こしwwwお疲れ様でしたぁ(^O^)/楽しかったですよぉ〜。貴重なお話も^m^

2009/1/14  8:16

投稿者:爆じゅん
読み応えたっぷりでした〜!
公太さんがこんなに骨っぽくてカッチョいい人だとは知らなかったですww
風邪ひいちゃってちゃんと見る気力が今はないんですけど、今週末こそは見たいです〜☆

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ