2009/1/21

インフルエンザ中にまだまだ見ました  DVD
                クリックすると元のサイズで表示します
まいりました。これは本当に傑作です。イギリス、フランス、ベルギー、ドイツの合作で、監督はこれが長篇二作目のサム・ガルバルスキ。微妙極まりないストーリーを見事なバランスで描ききった。凄いです。
舞台はロンドン。重病で長期入院中の孫の手術費用の工面に奔走する60代の未亡人マギー。息子夫婦の金策もうまくいかず、とうとう、このままでは最愛の孫は数ヶ月の命、と宣告されてしまう。唯一の方法は、オーストラリアでの手術だが、それには少なくとも6000ポンドが必要。しかし、ずっと専業主婦で、これと言った特技も資格も皆無な彼女に働き口が見つかるはずもない。途方に暮れて街を歩く彼女が目にしたのはセックスショップ「セクシー・ワールド」の「接客」の求人。その真の意味を知らずに店に飛び込んだマギーに、強面の店のオーナー、ミキが対応する。
「接客、の意味を?」
「それは・・お茶を出したり・・その」
「ここじゃそういう意味じゃない・・・あんたの手で男をイカすんだ」
「・・・?!」
一度は家に逃げ帰ったマギーだが、覚悟を決めて翌日、もう一度店へ。そして、勇気を振り絞って「壁にあいた穴から差し込まれたペニスを手でしごいてイかせる」という職に就く。すると意外にも彼女の「手腕」は大評判となり、店には長蛇の列。彼女はなんとか6000ポンドを手にする。しかし、彼女の職業が息子に知られてしまい・・・という実にキワドいストーリーながら、見事に抑制の効いた演出と、マギーを演じるマリアンヌ・フェイスフル、そして店のオーナーミキを演じるミキ・マノイロヴィッチ(エミール・クストリッツ監督の傑作「アンダーグラウンド」に出てます)をはじめとする演技陣の見事な演技によって、本当に心温まる「人情喜劇」が成立している。ゆったりしたテンポに見えて、実は一つのムダなセリフ、1カットのムダなシーンもないシャープな構成力も素晴らしいの一言。主演マリアンヌ・フェイスフルの存在は福田はこの作品で知ったが、実は、1968年にアラン・ドロンと競演した映画「あの胸にもう一度」でのレザースーツ姿が「ルパン三世」の峰不二子の原型になっているというスーパーアイドルシンガー&女優で、ミック・ジャガーのガール・フレンドとしても名高い存在だった。この事実を知っていたらまた別の感慨を持って見られたのだろうが、とにかく、それから約40年後のマリアンヌ・フェイスフルが演じるヒロイン「マギー」の素朴さ、率直さは本当に美しく、ラスト近く、「成長した」マギーのとる行動は、この地味な映画のフレームが一気に広がったかのようなカタルシスを与えてくれる。間違いなく超一流の「ホームドラマ」であり「ラブストーリー」。必見です。
☆☆☆☆★


                  クリックすると元のサイズで表示します
1978年6月に、ニューヨークのバンド「ザ・クランプス」がツアーの一環として行った、カルフォリニア州立ナパ精神病院でのライブの記録映像。どういう経緯でこのライブが決定したのか、とかの説明は一切なく、ただモノクロのTVカメラ1台で録画されたビデオ映像がライブの模様を淡々と映し出す。まあ淡々と、と言っても、ステージには観客の患者がどんどん乱入してきてけっこう盛り上がるのでそれなりに激しい。みんなボーカルをとりたがって、バンドのボーカリストとマイクの取り合いになるのが楽しい。でも、この相当悪趣味なジャケットが期待させるようなヤバいキャラは登場しない(多分このビデオに写ってるどの患者さんより鳥居みゆきのほうがヤバい)し、陰にこもった雰囲気はないw。正直、それがちょっと残念だったりもしたのだがw、特典映像として収録されているTARGET VIDEO(1970年代後半から80年代中盤にかけてアメリカ西海岸のアンダーグラウンドシーンを発信しつづけたビデオレーベル)のプロモーションビデオが面白かったのでけっこう満足。

                  クリックすると元のサイズで表示します
随分前に「福弾頭」で紹介したことのある本作。今、改めて見直してみると、なんだかもーのすげえ超大作に見えるのであった。もちろんこれは、すべて「ギララの逆襲」効果だろう。カナシス。なんにせよ、この作品、1968年の東映映画としては破格によくできたSFホラーアクションなので、興味のある人は是非ごらんあれ。深作欣二演出、パワーあり。

                  クリックすると元のサイズで表示します
女流写真家・アニー・リーヴォビッツ。とにかく、アメリカのセレブはこの人に写真を撮ってもらいたがるんだそうな。なんででしょ。という事を追いかけた映画なんだが、なんというか、もう彼女の撮った写真を見ればそれはおのずから明らか。とにかく、素晴らしい。色も、構図も、タイミングも。写真そのものに、カリスマがある。なんじゃこりゃ、という感じ。このジャケの写真にしても、実はこれが生前のジョンレノンを撮った文字通り最後の一枚である・・この数時間後に、レノンは射殺された・・という「ドラマ」を持ってしまった。そういう「瞬間」に出くわしつづけるのは、果たして彼女の運命なのか、それとも、たんなる偶然なのか。なんてことを考える間もなく、彼女はシャッターを切り続ける。とにかく、超男前の女性!・・だなあと素直に思っていたら、レズビアンでした。なるほど、彼女の豪胆さと繊細さが同居したような映像センスはそれか、と、極めて納得させられた。
ドキュメンタリー映画としては、内容よりも対象が勝っている作品(Young @ Heartと同じ)であることは否めないが、世の中にはすげえヤツがいるもんだ、という当たり前の事を再確認する意味では大いに見る価値あり。 ☆☆☆★★

                  クリックすると元のサイズで表示します
福田が中学生から大学生に至るまでつけていた映画日記によれば、福田はこの映画を1976年の12/17、つまり19歳の冬に上板橋東映で見ている。映画の製作年度は1973年だから作られれてから3年後に見ているのだが、「鈴木則文監督の最高にステキな悪趣味の集大成とも言うべき大秀作。導入部の見事さは、その絵になってるムードから言って今年のベスト3に入る。池怜子、すっぱだかの雪中の大殺陣なんてスペクタクルあり、クリスチーナちゃんの大悲恋あり、敵の親玉の女房が実は池の本当のおかーちゃんだなんていう大メロドラマあり、パノラマ館中のサイケ大映像遊戯あり、で、ともかくサービス満点の作り方。アクションのたたみかけも抜群で、クライマックス、縛られてギタギタのはずのお蝶姐さんが天井から突如花札降らせて舞い降りてくる大ハッタリも見事演出の環の中に収め得た。則文やった!!」と大絶賛である。さすがに今になって見ると、シナリオのそこここに粗さも目立ちここまでの興奮はできないのだが、それでも、当時「二大ポルノスターが激突するポルノアクション」なんていう身もフタもないスタンスで制作されていた作品とはとても思えない、高レベルの秀作である事は間違いない。池怜子の殺陣がまたいいんだ、シャープで。この「猪鹿お蝶」シリーズ、なんで二作で終わっちゃったかなあ・・・真剣に、リメークしてみたい企画のひとつであります。☆☆☆★★★

2009/1/24  16:06

投稿者:同じ苗字デス
未だにフネさんがカツオやワカメから「お母さん」と呼ばれることがストレートに脳ミソに入って来ません。
私の世代ですら「フネさん=おばあちゃん、みたいな」
という感覚なのではないかな〜。←これは、fukuda氏の思われるところとはズレたかも。すんませんm(_ _)m

池玲子姐さん、この時じゅうはち??
姐さんの生きてきた18年があまりにも濃密なのか、イマドキの18歳があまりにお子ちゃまなのか〜?
どっちもか^_^;))

2009/1/24  9:16

投稿者:爆じゅん
「映画日記」・・・
その存在を知ってから外見だけでも見たいって思ってるんですけど、ご披露いただけないですよね〜(^^;

私の場合、個人では年間スケジュール帳のメモ欄に行ったライブの感想とか書いてた年があるんで、それだけは残ってますw
・・・で、個人ぢゃないのとしては、ネットとかもない時代・・・
雑誌とかファンアーティストのFCとかで作られた私設サークルみたいなのにいくつか入ってたことがあって、
そこで作られてた会報誌とか交換日記(4,5人ひとグループで1冊のノート)に自分のライブレポとか残ってます(^^;
かなり恥ずかしいんで自分のは滅多に読み返さないけど、なんかいいですよね、そういうの付けておくの・・・
でも最近どんどん書くことがおっくうに・・・。 ばばぁになったからかしら・・・

この池玲子さん、32,3歳に見えまする〜

2009/1/24  1:43

投稿者:fukuda
>>「映画日記」

まさか50過ぎてなお手元に残るモノとはw。
見たという事実すら全く思い出せない映画があると思えば、見たときの映画館の匂いまで生々しく思い出す映画もある。そういう意味でも、映画ってホントに面白い・・・いや、人間の脳ミソが面白いのか。

そういえば、福田が始めて「一人」でロードショウを見に行った記念すべき映画館「新宿プラザ」が去年の11月下旬に閉館になりました。時代は容赦なく変わって行きますなあ・・・ああ、なんてジジイな感想・・・

>>池玲子

前にも書きましたが、この映画のとき18歳ですよ、18歳!なんて姐さんな未成年!この姐さんの飲酒喫煙が法律で禁じられてるなんて、ありえん!

でもまあ、昔は、女性って50歳になったらフネさんだったんだもんね・・・ああ、また、なんてジジイな感想・・・

2009/1/24  0:56

投稿者:同じ苗字デス
fukuda氏、「映画日記」つけておられたんだ・・・さすがデス(>_<)同じ作品について○歳のころどう感じたかetc、あとあと振り返ることが出来て、いいですよね♪

「やわらかい手」邦題の感じから、ホラー映画だと勝手に思ってました。絶対観てみます!

池玲子、きれいでしたよね・・・と言っても、当時小学生だった私が見たのは写真でしたが。杉本美樹、片桐夕子とか、好奇心旺盛だった私は名前を一回で記憶して、新聞や週刊誌で彼女たちの名前があればチェックしてましたね・・・テレビにもよく出てましたよね、この方々は。しかし結局、ビデオデッキもレンタルもネットもない世界で、私の好奇心は終点には到達せずじまい。当時人気だったポルノ女優さんの裸体は、「猪の鹿お蝶」のジャケ写レベルのものしか見たことありません(>_<)

2009/1/23  16:17

投稿者:fukuda
>>「やわらかい手」は

このビジュアルの作り方、すげえうまいと思う。「女性映画」としてはかなりギリギリの題材扱った映画なんだけど、これならうまーく「ダマせる」。ストーリーだけ聞くとそれだけでひいちゃう人もいるだろうから、この映画に関しては、こういうビジュアル的「ダマし」がとても重要。これ作ったデザイナー、実に優秀ですな。この映画、見たら間違いなく感動するんで、ダマすほうもダマす甲斐があるw。とにかくご覧あれ〜!ほんっとに面白くて素晴らしい映画だよ。

>>クランプスの絵

いや、楳図先生だったら、こんな笑いかけの女性描かないでしょw。なんにせよ、精神病院なのに注射器っていうのがなんかすげえイヤなテイストで惹かれます。困ったもんだ。

2009/1/23  14:33

投稿者:まりまり
えへへ(^^)

なんか、視覚的琴線(変な表現)ww 
同じでしたねぇ〜 
ウレシス!!  

エルトンジョンやリーヴォビッツは
奇麗だけど、観たい衝動まではいかないかなぁ

その点「やわらかい手」は、
ちょっとミステリアスな感じも
ちゃんと、絵の中に入っていて 
どんな映画かな・って興味も沸いてくる。 


GGとクランプスは、
若干怖いもの見たさwも含まれますけどねw 

クランプスの絵
楳図先生チックですよねぇ〜

2009/1/23  11:44

投稿者:fukuda
>>「GGアリン」・「ザ・クランプス」

実は福田、この2枚、ジャケ買いw

>>男の子の視野に訴えてる気がするんですよねぇ 

っていうか、基本的にそれ以外考えてないよww
男子的にはお蝶さんの艶姿、サイコー!!

2009/1/23  10:22

投稿者:まりまり
うっ〜〜ん
そうですねぇ〜〜

「GGアリン」・「ザ・クランプス」辺りですかね
やっぱり・・・・基本パンクな精神なのかも?ww

映画館で、「何見ようか?」って
感じなら、「やわらかい手」 もなかなか良いと思います。

怪獣とお蝶さんはねぇ〜〜ww
やっぱ、男の子映画だと思うので、
男の子の視野に訴えてる気がするんですよねぇ 

2009/1/23  0:39

投稿者:fukuda
>>ポスターだけでも、これ観たい!!!って思わせる事の重要さを、なぜか感じてしまいますた。

ちなみに、仮になんの説明もなかったとして、ポスタービジュアルだけぱっと見て、これは!というのは今回紹介した10作品の中にありますか?

2009/1/22  13:20

投稿者:まりまり@携帯
まぁ 相変わらずのノンジャンルww

しかし…表紙って
大切なんだなぁ〜って思いました。
fukudaさんの解説で、観てみた〜いって思うのは、あるんですが
ポスターだけでも、これ観たい!!!って思わせる事の重要さを、なぜか感じてしまいますた。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ