2009/2/21

中村光の  
「荒川アンダー ザ ブリッジ」
「聖☆おにいさん」

ともにめっちゃくちゃ面白い。今更こんな人気マンガを紹介するのもちょっと気がひけるんだが、福田、ここ数年、あんまりマンガを読んでなかったもんでねーw。

     クリックすると元のサイズで表示します   クリックすると元のサイズで表示します

「荒川アンダー ザ ブリッジ」は、東大卒&一流企業の御曹司&すでに何社もの会社を経営する超エリート青年 一ノ宮行が、荒川河川敷で自称(?)金星人の美少女ニノと出会ったばかりに、全身緑色のカッパだがキグルミ(確定)の「村長」、自分でひいた白線の上しか歩けない「シロ」、元傭兵のマッチョな「シスター」(男)、顔を☆型のマスクで隠したミュージシャン「星」、政府の特殊機関に追われてるので鉄仮面をはずせない:らしい:エスパー双子「鉄人兄弟」などなど(まだまだ出てきますが省略w)、個性的にも程がある河川敷住人たちと「橋の下暮らし」を始めるハメになる、という、不条理系スラップスティックラブコメ。現在8巻が刊行中。
「聖☆おにいさん」は、無事世紀末を乗り切った「ジョニデ似」のイエス・キリストと、金属製パンチパーマの好青年 釈迦が、地上のアパートをルームシェアしながら休暇を楽しむ、という癒し系ギャグマンガ。現在2巻が刊行中。

とにかく、どちらもほんとにギャグがスベらない。もちろんこのへんは「あくまで個人的な感想であって、効果を保障するものではありません」が、福田としてはここまでスベらないギャグが連発するマンガはすごく珍しい。
「荒川アンダーザブリッジ」には明らかに、うすた京介の影響が見える(特にいくつかのキャラクターに関して)が、うすた作品の「行きっぱなし感」はなく、伝統的「ラブコメマンガ」としてのハートウォーミングでロマンチックな展開やカタルシスまでがちゃんと用意されている(しかもそれらが「表現者の照れ」によって破壊されない!)のには驚かされた。要するに、読んでいて気持ちいいのである。

「聖☆おにいさん」は、多分まっとうな「宗教者」が読んだら怒る部分もあるかもしれないし、イエスも釈迦も今時そんなにヒマじゃないんじゃね?という、元も子もないツッコミを入れようと思えば出来なくもない。でも、とにかく、「イエスと釈迦の漫才マンガ」というのは初めてだし、ほんと、ギャグが冴えている。釈迦が転寝しているとワサワサ鳥が寄ってきてしまい、大家さんに、あんた鳥に餌付けしてるじゃないでしょうねと疑われる、とか、夜のディスニーランドで思わず徳の高い事を言ってしまった釈迦が発光をはじめてエレクトリカルパレードと間違われる、とか、イヤなことをしようとするとイエスの聖痕が開いちゃう、とか。かなり笑いました。
ちなみに、作者の中村光は女性で、しかも、コミックカバー(「荒川アンダーザブリッジ」の1巻、2巻)の写真を見る限り、かなりカワイイ。これにも素直に感動した福田裕彦:怪獣オタ:51歳であります。


2009/2/22  22:32

投稿者:爆じゅん
>えっと、それって、アイドル「中村光里」ちゃんの情報では?
うわっ。そうみたいです・・・。
で、私がそう思い込んだ情報の出所も、多分間違いなく、福田さんが書かれてる某サイトです〜。
そう言えば1枚だけ「光里」と書いたフリップ持って立ってる写真が・・・
なんかちょこっとタレント的なお仕事ももうしてそうな?・・・とか思って見た写真も、雑誌の取材のシーンなのかな?とか思い込みますた・・・。
誰でもが投稿できる仕組みのサイトみたいだし、ほんと、ネット情報、そのまま鵜呑みにしちゃダメですね〜(><)
「荒川アンダーザブリッジ」、読んでみます〜♪

2009/2/22  14:26

投稿者:fukuda
>>うわっ!ほんとだっ!めちゃカワユス!

えっと、それって、アイドル「中村光里」ちゃんの情報では?某サイトでは「中村光」と「中村光里」の情報が完全に混乱してて、マンガ家「中村光」の説明のあとにアイドル「中村光里」の写真がずらーっと出てきます。実に駄目な管理者。ネット情報の「いい加減さ」をまざまざと見せつけるいい例になっちゃってます。オソロシヤ。福田が調べた限りでは、「中村光」さんの写真はネット上には存在しませんでした。ご注意を。
ちなみに、マンガ家「中村光」さんは確かにとてもカワイイんですが、あそこまでアイドルアイドルはしてませんw。っていうか、あそこまでアイドルむき出しのルックスのマンガ家だったら、とっくにTVがほっとかないでしょうw。「中村光」の写真は、しつこいようですが、「荒川アンダーザブリッジ」1巻2巻の写真でご確認を。

2009/2/22  0:44

投稿者:まりまり@携帯
あまりにも、しょーもない紹介だったのでww

もちっと書きます。

近未来のメルトダウンし廃墟と化した東京に、放射能の耐性をもったニュータイプの女子高生が、特殊訓練を受けて 東京に、残っているらしい人々を助けに行くお話です。


2009/2/21  20:47

投稿者:ラリー
2月16日の堀江モンのblogに「聖☆おにいさん」の紹介がされていて、少し興味が。三十年くらい漫画読んでないのに(笑)

2009/2/21  19:58

投稿者:爆じゅん
私、個性的なキャラに弱いんですよね〜w
どっちもキャラ設定が既にイケてて、私スキかも〜♪
ちなみに、「荒川アンダー ザ ブリッジ」は実写化しようとしたら大変そうだけど(河崎監督くらいしか出来ないかもw)、
「聖☆おにいさん」は、パンチパーマの怨念のせいか、東京ゾンビの浅野&哀川コンビの顔が浮かんじゃいましたww

ギャグマンガって、敢えてはあんまり読んで来なかったけど、
綺麗(というかオサレというか・・・)な絵のギャグマンガもあるんですね〜〜〜☆
「聖☆おにいさん」のギャグ、福田さんの紹介だけ読んでもオモシロイっす!

・・・で、中村光さん
うわっ!ほんとだっ!めちゃカワユス! そのままタレントさんでイケますねっ!!

2009/2/21  17:13

投稿者:まりまり@携帯
最近 本屋にもご無沙汰で(T_T)
面白そうなのを、発掘出来ないんですが、
今後の展開が面白そうなのが、「COPPELION」(コッペリオン) 井上智徳、著

近未来のニュータイプのお話。ww
(スゲーはしょり方)
ところで、fukudaさんは、「黒執事」読まれましたか?
世の中「執事」ばやりですからねぇ〜ww ぜひ 一読をばww


「聖☆おにいさん」 探そっと!!!

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ