2009/2/21

久々に  仕事
埼玉のFM茶笛へお邪魔して、やかんくんの番組に出演。

クリックすると元のサイズで表示します
前回はけっこう普通に音楽系の話をしたのだが、今回はまるごと映画の話が出来て楽しかった。構成のベンさんが用意した質問に答えていく形式で、中に、「性のめざめを感じるような映画はありましたか」っていう質問があり。いろいろ考えたんだけど、けっこうムズかしかったなあw。いろんな時にいろんな風に興奮してるもんだからねえ、男の子ってのは。とりあえず、ジョン・ヒューストンの超大作「天地創造」のアダムとイブのエピソードで、イブのお尻が見えたのが物凄い衝撃だったこと、小六のとき、大好きだった女の子とそのお母さんと一緒に日比谷映画でガイ・ハミルトンの「空軍大戦略」を見に行った時、成人映画の「ファニー・ヒル」の予告を見てしまい、言語に絶する興奮状態に陥ったこと、を話しましたw。

クリックすると元のサイズで表示します
控え室のはじっこにあった箱。
なんか、なるほどなー、と思った。

2009/2/25  1:21

投稿者:PUMITON
どうも・・箱を見るたび、「ウナギ」にみえてしまいますわんww

2009/2/23  10:11

投稿者:PUMITON
エスカレーターに乗る時の注意
黄色い線を踏まぬよう真中に、手すりに摑まってください。
・・ではなかったか・・長いエスカレーターで移動は危険と思いながらも、前ならえしてはじっこに乗ってしまいますがw   

2009/2/23  9:04

投稿者:絆
お答?ありがとうございました。
福ちゃんは「はじっこ」と「はしっこ」は、両方ともOKなんですね。

え〜!京都のエスカレーター左でしたか?滋賀もこの間まで右だったんですよ。(その前は、ぐちゃぐちゃだった。)関東で左に、慣れていた我が家は真っ直ぐ左に4人並んでいたら・・・変な顔されていたです。
それが・・・いつからか、最近、左なんです。どうして変ったんだろう?
大阪と京都もまか不思議です???

2009/2/22  14:15

投稿者:fukuda
「はじっこ」と「はしっこ」は、福田は両方使うかなあ・・・なんとなーく、気分で。福田の中では混ざっちゃってるんでしょうね、東西が。双方に友達がいますから。だから、どっちを言われても言っても、違和感ないなあ。
「バカ」と「アホ」の境界線は、真剣に調べたら絶対あるだろうな・・・でも、ホント、どこなんだろ。ソバやウドンのダシの境界線とか、エスカレーターの左右どっち側に並んで立つか、の境界線とかと同じく、詳細に知りたい。ちなみに、最近確認したけど、京都までは東京と同じ、左側に並んで立つんだよね。それが大阪に着いたとたん逆の右側になる。京都から大阪に通勤してる人なんかたくさんいるだろうに、なんでこんな状態になるのか、すげえ不思議w。一体、京都〜大阪間になにがある???

2009/2/21  20:38

投稿者:爆じゅん
FM茶笛、聞けなくて悲しい〜〜〜。
福田さん、小六の時に洋画をもう見られてたんですね。(字幕、吹き替え版、どっちなのかな?)
私、思い返してみたら、洋画を映画館で見たっての、めちゃくちゃ遅くて、多分高校卒業してからです。。。
いくら田舎でも、洋画も上映されてたと思うんですけどねぇ〜(^^;

>「ばか」と、「あほ」の境界線
は、確かマジで「探ナイ」で調査してたような・・・w
味覚や方言やいろんなものがだいたい関ヶ原で分かれるとかって一般に良く言われるけど、
私のところは、まわりでも、ばかもアホも言うし、ごちゃごちゃw
ちなみに、はしっこかはじっこか・・は、私は「はしっこ」かな♪

ところで、以前から分かんなくて不思議に思ってることと言えば、私もあります〜
それは「東宝洋画系」って言葉〜
昔は、洋画を東宝が上映するときに使うのかな?・・・って思ってたけど、
洋画系ってなってるのに日本のアニメとかが上映されたりしてて、なにがなんだか・・・w
調べてみても端的な答えは見つけられず、実は未だにどういう意味なのかちゃんと分かってません(苦笑)

2009/2/21  17:11

投稿者:絆
福ちゃん、ず〜と思っていたことなんですが・・・方言について質問してもいいですか?

↓にも書いたのですが、私6年間、松戸に住んでいまして、関東の方は「はじっこ」っておっしゃいますね。
関西(京都)では、ずっと「はしっこ」と濁点なしだったので、とっても違和感がありました。

「ばか」と、「あほ」など、境界線があるのでしょうか?

博識の福ちゃんさま、何かご存じありませんか?
関西だけ「はしっこ」でしょうか??

やかんさんのラジオのお話しに全く関係なくてすみません。m(__)m

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ