2007/2/24

風に吹かれて  ラブフルート

 新年からずっと置いたまま使っていないお気に入りの硯があります。書初めでもと思い立ったものの、結局は書かずに2月も末になってしまいました。とにかく書き始めてみようと思うのですが、なかなか行動に至らないのです。

 何故かなと考えてみると、上手に書けない、書くとは言っても何を書けばよいのか..漠然としているのです。必然性や動機がないといえば、それもあります。それなのに、なぜ書いてみようと思ったのか..。遥か昔にほんのわずか書道を習っていたころの記憶、懐かしさのためだろうか。何かを手にして書いてみるというのは、多分本能的な行動なのでしょう。何かしら、手にとって行動する。この単純な動きから、随分といろんなものが生まれてきたのだと思います。

 ある意味、書くことを想像しているだけで満足しているのかもしれません。きっと書き始めれば楽しさも喜びもあるのだろうと想像しているだけでは勿体無い。こうしてブログに書いたことをきっかけに、とにかく始めてみよう。逆にいえば、いよいよ書いてみようという気持ちになってきたのかもしれません。

 なぜこんな事を書いたのかといえば、多分ラブフルートを手にしようかどうか迷っておられる方、或いは手にされたけれど吹くにはいたっていない方も、似たような状況かもしれないと感じたからです。

 具体的な行動をはじめるまでに、いろんな風が吹きます。いよいよ事を始めようとすると新たな風が起こります。自分が動けば風は起こりますし、動いたことによって別の風が吹き始めます。向かい風や追い風です。せっかくの思いを中断させたり、くじけさせる向かい風は、色んなところから吹いてきます。逆に、追い風が吹くこともあります。心地よい声援や理解があるとスムーズに船出できるわけです。但し、強すぎる追い風は、向かい風以上に厄介かもしれません。

 風がない、いわゆる無風状態ですと、居眠りしたり、だらけたり、無気力になりかねません。むしろ吹いてくる風をどう操りながら進んでいこうかと知恵を使いながら、旅を楽しむのが良いのかもしれません。

 今年も、風に吹かれて工房に足を運ばれたり、電話やインターネットでアプローチされる方がやってきました。新たな気持ちでレッスンを希望される方もおられます。目に見えない風が、まだ見ぬ時の流れとつながって、人々の心に吹きぬけ始めたようです。ラブフルートと出会われた方々が、自分の心の中に吹く風や人生に吹き込む風の流れを感じながら旅を続けておられます。そして、新しい方々もゆっくりと加わり続けています。それぞれの愛の笛の物語を綴る旅。いつか再会することがあれば、きっと不思議な物語を耳にすることになりそうです。
0



2007/3/2  23:32

投稿者:ダビデの星

お久しぶりです^^
ホントに久しぶりにホームページを拝見致しました。長いこと私の気の流れが乱れていたため、昨年度は人に会うことを極力避けていました。今年に入ってすべてにおいてよい風が吹き始めました。今年はどんどんいろいろな人にあっていこうと思います。本日マイ・パートナー展の葉書をみて絶対いきたい---と思いましたので絶対行きますね。会える日を楽しみにしています。いろいろ繋がった面白い話もできると思います。ではまた^^

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ