2007/3/28

手書き文字  雑感

 マイ・パートナー展の会場で出展者のJさんと、筆記具自慢の時間がありました。太線から極細まで自在に表現できるボールペンやバラの香りのするラブレター用のインクなど、興味津々で見せてもらいました。お勧めのボールペンは、会場のお隣が大きな文房具店ということもあって、早速買い求めてしまいました。確かにいい...。ボールペンはあまり手にしないのですが、これはすぐに何か書きたくなる..。

 翌日は万年筆を持ち込んで、しばし談笑しました。内容別に使い分けている万年筆は、書き味もインクの色も別々です。定番の原稿用紙を買い込んで、気ままに書いています。しかし、ふと振り返るとキーボードに向かう時間の割合がいつしか増え,直接文字を手で書く機会が激減しています。

 言葉は、読むか聞くが中心で、書くことが少ない。書くといっても、キーボードに、向かって指の位置を換えるだけで文字が並んでいくのです。このままでは、自分の手で直接書くのは名前と住所に生年月日。これとて、個人情報が云々で書く機会が減っています。

 一列5文字とか10文字のパーソナルワープロから始まって、大きなディスプレイの本格ワープロ、パソコンまで随分と使いました。ということは、文章は書いても、自分の手で文字を書いてはいない状況が長いということです。

 これは書くことの意味を変えてしまうのではないか。確かに活字化された文章には、どこか自分との距離があるような気がします。或いは、自分と他人との区別が、文字そのものの印象からは起こらない。書き込んだ内容の特性での判別しかできない。活字だけが行き交うと、成りすましが可能になる。

 何を媒体にするかは、気づかないうちに自己と他者との関係を変質させていくような気がします。活字化された文字表現が独特の関係を作り出しているのかもしれません。こんなにも書くことを望む、もしくは好む人がいたのか!自己表現をする媒体として膨張しているブログは、簡単に消去、書き直しが出来る。それは利点であると同時に、生身のお互いを見えなくさせているのかもしれません。

 素早く鮮度のある書き込みと、敏速なレスポンス。数日反応がないと、無視か否定か誤動作かと気がかりになる。どうやらこの時代のキーボードを使った書くという行為は、会話の代わりのようでもあるようです。

 あれこれ思いつくことを書いてみましたが、フルートをお渡しした方の中に、丁寧な手紙で礼状を下さる方たちがおられることを思い出しました。単に言葉だけをやりとりするのではなく、自分の思いや心を伝える。人と人の触れ合い、繋がりが大切なのだと改めて感じます。手書き文字の個性。大切にしたいものの一つのような気がします。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ