2007/4/25

春の鴨カップル  雑感

 数日前、今年一番の春の陽気に誘われて30分ほどくつろぎの時間ができました。このところ急に動きが慌しくなり、一体いつ休息すればよいのだろうと思う気持ちにすらなれずに過ごしていましたから、とても貴重な時間でした。できればもう少しくつろぎたいな〜と思いつつ引き上げました。

 市内の図書館の傍に池があり、小山があって、いろんな犬たちが散歩していて、今年もきっと美しい桜が見られるだろうと楽しみにしている。そんな場所でのひと時でした。

 昼食はここにしようと思い立って出かけました。風はやや冷たいものの、日差しはとても心地よかった。ふと見ると、池にはカモたちが3組ほどいました。コガモのカップルたちです。

 彼らの様子を見ていて、あることに気づきました。彼らは声も出さずに、絶妙なコンビネーションで池を移動していたのです。二羽の距離感は見事でした。くっつきすぎず、離れすjぎず...。一緒に移動していたかと思えば、いつしか別々の動きをする。それでいてちゃんとお互いを見ているのです。

 考えてみると、動物たちの行動には言葉はないけれど、不思議な絆があることは珍しくありません。どうやら以心伝心などと口にする人間たちは、動物たちこそ大先輩ではないかと気づかなければならないのかもしれません。

 言葉はとても大切なものであり、必要なものであることは確かでしょう。それによってどれほど人はすばらしいことを成し遂げてきたことでしょう。ですが、醜く愚かな事もまた言葉から生まれてきたように思います。たった一言で支えられる人もいれば、たった一言のために苦渋をなめ、苦悩や悲劇を背負うこともあるのだと思います。

 言葉を口にしているときよりも、沈黙しているときのほうが、よくよく物事を考えているし、相手のことや自分のことを考えている。そんな気がします。ラブフルートとのかかわり方にも、同じようなことが言えそうです。まずは深いところにまで息を吸い込む。沈黙や静けさや思い巡らす時があって、息を注ぐ。音色が響くことと、音色が消えて静けさの中に佇むこと。それはどちらも大切なのだと思います。
フルートを吹くことのできる生活もよし、吹くことの出来ない生活もまた次の流れに繋がって行くことでしょう。

 今年の春は、まず鴨カップルからメッセージをいただきました。工房のバードテーブルにやってくるヒヨドリたちは、やたらと鳴き交わしてうるさいときがありますから、鴨を見習って少し静かにしてみたら..と明日の朝話してみることにします..。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ