2007/5/22

その瞬間の連なり  ラブフルート

 音楽が遠くに行ってしまったな...という感覚。それはガイアシンフォニー第6番を見た率直な感想でした。先鋭化され、特殊化された世界は、凡人の日常とは別世界になる。それは思想であれ、宗教であれ、芸術であれ、似たような状態が生まれてくるものなのでしょう。

 映画はすばらしいものでした。いろんな触発をいただいて帰ってきました。それぞれが必要な自分へのメッセージを受け取る機会になるだろうな..と。

 私の場合は、ラブフルートを作ったり、演奏したり、レッスンしていることを改めて考える機会になりました。多分、中心にあるのは一輪の花のように生きることかもしれません。花という不思議な存在から受け取るメッセージはたくさんあって書き尽くせませんし、まだまだ気づいていないこともたくさんあるのだと思います。

 今回は、その中のひとつにだけ光を当ててみたいと思います。それは周囲からの賞賛や評価とは無縁だけれど、素敵な輝きや色合い、美しさを与えられて生かされている。その喜びと感謝をそっと分かち合うことです。

 たとえ一瞬でも、自分の息と木が生み出す音色の美しさに触れることができたなら、言葉にならない喜びや深いところから湧き上る勇気や感謝が心を満たすでしょう。その時、自分が出会った笛が何故ラブフルートと呼ばれているか気づくかもしれません。

 美しい響き、音色はそれを生み出しているその人と木の笛がひとつになって生まれてくるように思います。それは、樹木の美しさと、それを感じる人の心の美しさがひとつになる瞬間のことではないだろうか...。

 人生に備えられている喜怒哀楽のうねり。その意味が凝縮されて輝く。その輝きの連なり、その化身として笛の響きが見えない空間を満たす..。そのことが、ごく日常の中で手にしたラブフルートとすごす時間の中に生まれてくる。そこに一輪の花が咲く。その花たちが人生の旅路を誘ってくれる。密やかな感謝が道端に咲いているこの道はどこに向かっているのでしょうか...。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ