2007/6/27

ザッソウ  雑感

 香りが素敵な淡いピンクのバラが次々と咲いています。今までは2〜3個咲いて終わっていたのに、今年はどうしたことか30個以上あります。何かあるな..。そのお隣のカモミールも所狭しと咲いています。そんな彼らを横目に雑草取りをしていたのですが、見たことはあるけど名前のわからない草花がいっぱいあります。

 ところで、自分はなぜ彼らを雑草として取り除き、バラたちを保護しているのか..。とても不思議な気持ちが湧き上がって来ました。これが植物だから?平然と区別して処理しているのだろうか。数が多く、どこにでも芽を出す草たちを雑草と呼び、外来の植物のために優先的に場所を確保する自分。そのことに何の疑問も抱かない。それどころか、自分の行為を正当なものと考えている。

 それがそっくり人間同士の間でも起こるのかもしれません。無自覚、当然、正しいといった思いの中で、不可解な行動が正当化されてしまう。これは、非難したり、批判する問題ではなく、自分自身の中にある性質なのに気づかない...。

 問題無しと思う気持ちそのものが引き起こす危険。それぞれに正しいと信じて行動する生き方。それが知識や経験や論理、思想、権力と結びつく。それが争いを引き起こす...。そんなうねりが波のように繰り返されていく...。こうした歴史の背後にあるものに目を留めることが必要な気がします。

 自分が引き抜いた雑草たちに意思があり行動を起こせるとすれば、私は確実に非難され抹殺されるのではないだろうか。或いは、話し合いの場に呼び出されるのかもしれません。自分の中にある雑草というイメージが変わるまで、この課題への答えは見つからないような気がします。

 池のそばの雑草を敢えて抜かずに置いていたら、とっても可愛らしいピンクの小花が咲きました。派手で豪華なバラもいいけど、こっちの小さな花のほうが好きだな...恵庭はガーデニングが盛んな街なのですが、どこかに雑草ガーデンなどがあってもいいかもしれない...。雑草と共存する庭というものいいかもしれません...。
0



2007/6/30  22:43

投稿者:ravensho

育つまでに長い年月を必要とした樹木をいともたやすく自分たちの都合で切り倒す..矛盾は常にあるのでしょうが、少なくとも気づいた人たちでできる事をコツコツと続け、継承していくことが大切なのでしょうね...
 コメントありがとう。

2007/6/29  12:42

投稿者:ケンG

昨日ですが僕も同じような矛盾を感じた事があったのですがいつもの散歩のコースにニセアカシアの並木があったのですが人が植えたものでなく自然に生えて随分と大きくなっていて花の咲く頃は良い香りのなかを歩くのが好きでした。その近くには桑の木があって実が付く頃はウッディと食べるのが楽しみでした。でも昨日ぜーんぶ伐られてしまいすごくショックでした。片方で二酸化炭素削減と称してせっせと植林して片方では環境整備事業と称してズバズバ木を切って本当に人間の愚かしさを感じましたよ。人間が植えた木は大切にされ自然に生えた木は雑草のごとく切られこの街にも本当の自然ってないんだって改めて感じました。散歩のコースも変えました。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ