2007/7/6

沖縄音階ラブフルート  ラブフルート

 沖縄音階でラブフルートをというお話があり、1ヶ月前から試作をしてきました。5穴のペンタトニック(5音階)ラブフルートを替え指することで演奏は可能なのですが、純粋な沖縄音階のラブフルートをご希望とのことで製作しています。

 おそらく三味線などの世界と同じように、地域によって調弦が違ったりして地域独特の音楽が存在していると思われますから、沖縄にも同じような状況があるのかもしれません。詳しいことはむしろいろんな方に教えていただかなくてはならないと思います。とりあえず今回は一般的に沖縄の音階として知られているもので取り組みました。

 行ったことのない沖縄はどこまでも想像の世界でしかありませんが、ラブフルートの独特の揺らぎとは意外と相性が良いかもしれないという予感はありました。実際試作されたものを、富良野のクリエーターズマーケットに並べたのですが、こういう笛がほしいな..という方が何人かおられました。

 すでにオリジナルスケールのラブフルートが色んな方の手元に旅立っていますから、沖縄音階のフルートもそのひとつではあるのですが..。純粋に、その音階だけの笛になることと、色んな音が出せる笛との違いは確かにあるように思います。

 マルチ的に何でもできることに価値を見出すことと、純粋にそれしかできないこと。いえ、出来ないではなくそのことが純粋にできるということには本質的な違いがあるように思います。

 実際に吹いてみると、様々なことに気づかされます。どこからこの音の並びが生まれてきたのか不思議です。とりわけ高音域の二つの音程には、内奥にある思いが引き出されてくる独特の感覚があります。旅路の途上で見つけた切なくも美しい一輪の花をふと思い起こすような...。

 音色がいやおうなく人の心を引き出す神秘の一端に触れる。その喜びと奥深さを改めて受け止めるきっかけになったようです。この笛を持って、沖縄に行く機会があれば、また違った感覚が呼び起こされるのかもしれません..。
0



2007/7/10  9:05

投稿者:ravensho

Dreamcatcherさん
こんにちは。沖縄を知っておられる方からコメントをいただけるのは嬉しい限りです。吹いていると不思議な空気が流れます。沖縄を知っていれば随分と吹き方も変わると思います。関心のある方もおられますので、何本か作っておこうと思っています。ゆったりと吹くと独特の広がりを感じます。
 別荘は時々伺っていたのですが、更新されたとのこと早速伺いますね!

2007/7/9  23:16

投稿者:Dreamcatcher

小野さん、こんにちは。
いよいよ沖縄音階のラブフルート製作に入られたのですね。私は沖縄に行くと、ふわ〜と生暖かい現地の空気に触れ、心が開放される思いがします。三線の音色が、その生暖かくてゆったりとした沖縄の人々と土地にとても合うのです。逆に言えば、この空気から、独特の沖縄音階が生まれたと言っていいと思います。木でできたラブフルートで、沖縄音階であれば、ゆったりと周りを包み込む暖かな調べと柔らかな音のフルートができるのではないでしょうか?
素晴らしい思索だと思います。

ところで、長続きするかどうか自信がありませんが、Dreamcatcherの別荘の方を最近更新しています。よかったら、覗いて見てください。かなり不定期的ですが・・・。

http://kyoto.cool.ne.jp/dreamcatcher21/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ