2007/9/27

お茶笛  雑感

 お茶を楽しむ会での演奏がこの10月に予定されており、いまから楽しみにしています。それこそ一服のお茶をいただきながらゆったりとお話をする空間のような繋がりが、この秋の新しい時間を生み出してくれそうです。

 明日演奏に来てくれませんか?というお電話に答えて、翌日お訪ねしたのが精進料理のお店でした。笛一本でやってくると思ったらちゃんとPAまで持ってきた..と驚かれていました。その後かなり時間が過ぎてから、これまた突然連絡が入り、お茶会をするので今から来てみませんか?とお誘いを受けました。

 この時、煎茶のお茶会を始めて知りました。笛を持ってきてくださいということで、何も分からないままお手前の席で吹かせていただきました。自然茶の一滴が今も強く印象に残っています。何かの間違いではと思うほど..一滴の目薬のようなお茶が目の前に配られました。ところが、その一滴が全身をお茶のエキスで満たすような不思議な感覚をくれたのです。

 今思い返すと、その一滴が実に様々なメッセージを運んできてくれます。それは心をこめた笛のひと吹きと繋がります。静寂の中で注がれる一滴の自然茶は、あれこれ物申す生き方の稚拙さを浮かび上がらせてくれます。

 このお茶には、もう一つの突然があります。それは、精進料理「葉」さんの移転先での出来事でした。お茶を楽しむ会の主宰の方から声がかかり、これまた明日来てほしいとのことでした。どうやらお茶の静けさと直感的な行動はどこかで繋がっているのかもしれません。

 結局、本格的なお茶会の席は主宰のお任せしますという一声で、流れのままに進んで行きました。依頼するほうも、それを受けるほうも、似たもの同士だった?のかも知れません。それ以来、何度か声をかけていただき、その度に新しい気付きがありますから、今回もそれを楽しみにしています。

 自然茶の色、香り、味わい、そして心に残してくれるもの。その空間には素敵な優しい風が吹き抜けます。人は自ずと、辿るべき道を予感します。茶葉が育まれ、煎じられ、水が沸き、融合し、心の思いとつながって、一人ひとりの席に届けられるのです。

 その一滴は、与えられている人生のすべてのものを運んできてくれます。言葉では言い尽くせない、感謝が生まれてきます。ゆっくりと、深く、静まる時間です。

 そこで吹く笛。笛は大地から生まれ、育まれた木から作られます。その笛は、風、息、魂と繋がって周囲を震わせます。
 
 お茶は大地に根ざし、天に向かい、自然のすべてと繋がりながらやってきます。そして、水の中、湯の中に溶け込み、体と心を潤します。

 慌しく過ごした夏を終えて、秋の一日をお茶と笛で過ごせるのはありがたいことです...。よろしければどうぞお出かけください...。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ