2007/12/26

色んなリズムのクリスマス  雑感

 最近デイサービスの方々やグループホームの方々のクリスマスパーティーでの演奏の機会が与えられました。自分の両親の年齢を遥かに越えた方々がドラムやフルートの音色に合わせて手を叩いたり体を揺らしたりして過ごす時間は不思議な感覚です。

 ふと自分自身をその場に置いてみて、どんな時間になるといいのかなと考えます。幾つかの曲や音色の繋がりがどんな風に人の心を変えていくのかをじっくりと考えて準備をします。受身の時間が多くなっているだろうな..と思い、参加できる時間を用意しました。すると、見事にリズムに乗ってドラムを叩き続ける方々が思っていた以上におられます。

 ハンドドラムの他に卵形のラットルを幾つか用意していたのですが、数に限りがあり参加できないのは申し訳ないと思っていると、近くにあったミカンを手に楽しげにリズムをきざみはじめました。リズムは不思議なものです。命の動きそのものなのでしょうね..。

 決まりごと、決め事で何かを動かそうとしても通用しない空間。そこに起こってくる出来事を受け止めて柔軟に答えていく。そこには独特の流れ、リズムがありました。若い方たちが声をかけ、手を貸し、家族の方々がそっと見守る...。

 以前、耳が全く聞こえない方の書物に、周囲の動きに自分なりのリズムを感じ、音のイメージを繋げながら生きている様子が記されていました。視覚で捕らえる音楽の世界を知らされて新鮮に感じた記憶があります。

 聴こえなくても視覚を通して感じる人。音が響き始めると目を閉じて心を傾ける方。音が聞こえてくると体を動かし始める人。様々な方々の集まるライブは、演奏者の音楽に繋がる様々なリズムや動きが楽しげに回り始める楽しい空間でした。

 また、演奏に来てほしいな..一緒に楽しみたいな..と思っていただけるのは感謝なことです。今回のライブでは図々しくもビンゴゲームに加えていただき楽しませていただきました。あちこちから車椅子に乗って集まられた皆さん、ご一緒させていただきありがとうございました。
0



2007/12/26  23:48

投稿者:SHO

健さん
コメントありがとう
先日はお二人のスナップの笑顔が印象的でした..素敵な演奏の旅が支えられますように!
 生き延びればいつかは確実に聴いておられる方々と同じ場所にいるのでしょうね..手足が自由に動かせることを感謝して、いい旅をしたいですね..

2007/12/26  17:06

投稿者:健

先日は、どうもでした。

良いお話ですね・・。

自分も時々老人ホームなどで演奏しますが、自分がその年になったら、どうだろう、とよく考えます。

http://blog.livedoor.jp/dulciman/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ