2008/2/25

吹雪の夜  雑感

 今朝の気温はマイナス20度。厳しい冬の真っただ中です。春が来るかなと思わせるような日射しになったかなと思うと、激しい突風と雪に襲われて状況が一変する季節です。四季の移り変わり、天候の起伏は辿ってきた人生と重なるようにも思えます。

 百合が原のコンサートのための練習が続いた一昨日、メンバーを送るために車を出しました。その帰り道で状況は急変。向かっている段階で、既にあちらこちらに動けなくなっている車が10数台いましたし、呼吸も危うくなるような吹雪が続いていました。

 何とか送り届けた帰り道、立ち寄ったコンビニで動けなくなり、30分雪と格闘。その数分後、工房手前100Mのところで悪夢のような時間が待っていました。吹雪で固まった雪は硬く重たい。それがボディーの下に食い込む...。スコップで取り除かなければなりません。一か所抜け出たと思ったら、次の難所が待っている。この繰り返しで、全身寒さで凍傷寸前でした。狭い三叉路に車を置き去りにすれば多くの人に迷惑がかかる...。広い道路に車を出したくても出られない状態でした。目の前に広い道があるものの、吹きだまりの雪を取り除くのに数時間はかかる。その間にも、雪は降り風が吹きつけて来ました。

 そこに通りかかった男性が声をかけてくださり、自宅からスノーダンプを2個持ってきてくださいました。緊急用の小さなスコップから切り替えて作業を続けました。するとその直後、その方の奥様が身支度を整えて吹雪の中を駆けつけてくださったのです。驚きと感動で、胸がいっぱいになりました。お二人が、どんな道を辿ってこられたのか...それを知ることはできませんが、ひたむきな姿が吹雪の中で輝いていました。

 除雪がもう一歩というところに、小型のジープがやってきました。助手席に小さな男の子を乗せた男性が飛び込むように駆けつけて、ひっぱりましょうか?と声をかけてくださいました。その救出作業は、あまりにも手際よく、見事でした。

 疾風のように現れて、疾風のように去っていく〜という歌を思い出しました。おそらく、困っている方々のためにジープを出して、救出作業をしておられたのでしょう。凄いことです。

 さらに気がつくと、その現場に全く見ず知らずの別のご婦人がひそかに駆けつけて手伝ってくださっていたのでした。あまりにも吹雪は辛く冷たく身の危険を感じさせるものでしたが、人の心の温かさと輝きを十分感じる時間でもありました。

 さて、何とか広い道に車を寄せてみたものの大型除雪車が数台迫ってくるのが見えました。避けなければならない、ところが今度はバッテリーがあがってしまって動かない....。大声で叫んで状況を説明したもののどうにもならず、再び車は除雪された雪の山に囲まれ行く先を阻まれてしまいました。JAFは繋がらない、携帯の電池は切れそうになる。バッテリーを外そうにも、暗さと吹雪で指先が動かない....。

 こういう場合はどのように対処すれば迷惑をかけずに切り抜けられるか、警察署に電話して相談してみました。そんな電話ばかりで対応に苦慮している様子でした。結局、故障中の張り紙をして置くことぐらいしかできない..とのことでした。

 気がつけば吹雪の中に4時間半、ひたすら肉体労働。体力の限界と危険を感じ、やむなく帰宅。翌日は工房前の除雪に3時間半。バッテリーの充電を済ませて、今度は車の周囲の除雪。ようやく、練習のためにメンバーのお迎えに向かいました。練習は、全身のけだるさいっぱいでしたが、今はコンサートの当日が吹雪にならないことを願っています。

 今朝のニュースで、吹雪の中で20時間過ごした人とか、凍傷になって病院に運ばれたり、吹雪に閉じ込められて車の中で亡くなった方のことが報じられていました。

 自分が助けていただけたことを心から感謝し、自分に出来ることをしっかりやっていきたいとしみじみ思う冬になりました。
0



2008/3/4  0:23

投稿者:SHO

hiroさん
 この冬が新しいドラマを生み出しながら春に向かっているのでしょうね。車中泊、風向きや雪の状態一つで命取りになりかねませんからね...。燃料切れやバッテリーのトラブル、排気ガスの危険..いろいろありますね。
 なにはともあれ、お互い無事で何よりでした。

2008/2/29  11:52

投稿者:hiro.

当日はお店まわりで埋ってしまった車の救助に暮れました。人間、こういう時に人格がわかるのかもしれないな・・なんて考えながらでしたが。
結局、私も帰ることができず車中泊をしたひとりです。
車の中から観る光景は、自分の身の安全より、自然の強さや神秘さ、そして木の大切さを強く感じられ、私にとっては良い一日になったのかもしれません。
SHOさんの住む所はすごい状況だと聞いております。無理せず、ゆっくり春を待ちましょう^^こんな日があろうと、日本は平和ですね〜

http://homepage2.nifty.com/hidamari_no_terase~

2008/2/28  14:08

投稿者:SHO

それぞれのコメント。嬉しいものです。吹雪で立ち往生の当人もさることながら、それを知って感じる心の流れもまたいいものです。

 それぞれ無事に春を迎える楽しみがありますよね!

2008/2/25  12:22

投稿者:naocoon

お疲れ様でした。
無事でよかったです。
こんなことは私も生まれて初めての経験でした。うちの中が冷蔵庫のように冷たくて。
双子を抱えてこもっていました。
翌日に買い物にと思いましたが、店も開かず、朝刊が来たのが11時過ぎ。
自然の中で、なんて自分はちっぽけで弱いんだと思いました。でも、SHOさんを助けてくれた方々を思うと、その中でも人の出来ることが大きいかもしれないとも思いました。

2008/2/25  12:09

投稿者:珠帆美汐

そ、そ、そんな目に遭われていたとは・・・。
昨日って、そんな日だったんですね。
札幌市内で自分主催の講座を開いてましたが・・・札幌近郊でそんな事件が繰り広げられているとはつゆしらずに過ごしてました(><)

なんだか、人生とか運とかははかりしれませんね。

助けてくださった方がそんなにいらっしゃったんですね。
SHOさんの人徳だと思います。
そしてまた、私もそんな時に人に手をさしのべられる人でいたいな。
精進します!!


http://sprtcoach.com/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ