2008/2/28

雪は降る...  雑感

  あまり風のない中で降りしきる雪が誕生日のプレゼントになりました....。雪の美しさを改めて感じながら、この日は3時間の雪かきでした。バードテーブルが埋まるほど降り積もった雪も、暖かい部屋から窓越しに眺めるのはいいものです。

 あの吹雪の中の冷た過ぎる格闘を思えば、なんと贅沢で安らかなのでしょう。とはいうものの、降り積もる雪を甘く見ると、建物だって押しつぶされてしまいますから、そうそうのんびりしてもいられません。

 窓が屋根からの落雪で割れてしまえば、損害は大きく、冷気が襲ってきます。大きな事故にだってなる可能性があります。外の作業は、一人でせずに他の人と一緒にやりましょうと拡声器から市民放送が流れていますが、一人暮らしでは、無理な話です。

 夜の雪かきは、大変ではあるのですが、いいことも色々とあります。柔らかな雪は、雑音を吸収してくれますから、独特の静けさで包み込んでくれます。これが不思議と心地よいのです。それに加えて、雪はほんとに美しい...。その雪が惜しげもなく次々と空から降りてきて、ほわっと積み重なるのです。何故、こんなに美しいものが空から降りてくるのでしょう。きっと舞い降りてくるときや積み重なるときに音がしてるのでしょうが、私たちの耳では聞き取ることは出来ませんけれど...。

 雪かきは単純労働で、全身を動かすことになります。こういう時は思考が無意識と繋がりやすくなり素朴で素直な思いが生まれて来やすいような気がします。重大だと思っていたことや、深刻な問題が意外な形でまとまってくることも珍しくありません。慌しさに追われて、ゆっくり見詰めることが出来なかったことを率直に受け止めるいい機会にもなります。

 吹雪の只中で過ごす夜もあれば、雪かきに精を出す夜もあり、ストーブのそばで窓から雪景色を楽しむ夜もある...。今年もなかなかいい冬です....。
0



2008/3/4  0:30

投稿者:SHO

SHIBATAさん
 コメントありがとうございます。お元気ですか?九州の雪。五島列島関連の仕事で出かけた時、確か数センチ雪が積もったのを記憶していますね〜
 お二人で楽しむ旅とフルート、いいですね!!

2008/2/29  0:03

投稿者:Y. SHIBATA

吹雪や日常の雪かきで大変な経験をされても、「雪はほんとに美しい」と感じてあるんですね。九州に住む私にとっては雪には何かロマンチックな楽しいイメージがあります。この前の週末に熊本の山の中の農家に泊まり、翌朝の積雪に妹と大喜び・・裏山を二人で笛を持って散策し、音の響きを楽しみました。吹き始めたときにシーンと静まり返ったかと思うと、吹き終えたときに、今度は風がしばらく続いて木々から雪が舞い降りてきてなんか自然とつながっている感覚でした。雪の洗礼を受けた気持ちになりましたよ。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ