2008/11/11

心の精進レストラン  雑感

  精進レストラン「葉」さんが、この23日で閉店になります。その事を知ったとき、いろんな思いが浮かんで来ました。突然のように何かが終わる。そういう時が来る...。お世話になりっぱなしのお付き合いでしたから、何か出来ることはないかな..と思いつつ時が流れました。

 そのうち、いつかと思ってるだけで具体的な行動が乏しかった..。振り返るのが遅かった..。こういうことが、人生にはいくつもあって、それを思い返すだけで分厚い日記が書けそうです。

 3人展、5人展、ワークショップ、レッスン、ライブなどで何もかもお世話になりっぱなしでした。ローカル紙にラブフルートのことが紹介された記事を見て、明日演奏に来てくれませんかという突然の連絡をいただいて始まったお付き合いでした。

 チェルノブイリの取り組みに触れる機会をくださり、チャリティーライブをさせていただき、フルートの展示の場も用意してくださいました。顔を出すと、さりげなく食事を用意してくれる心づかい、咳をしているのを見てプロポリスキャンディーを買いに走ったり、腱炎症で傷んだ手のために高価なサポーターを手渡してくれたり。そういう無償の行動から学ぶことはたくさんあります。

 顔を合わせる機会は少ないけれど、あの人が、あそこで頑張って元気に働いていると思い返すだけで、自分も自分の道をしっかり歩もうという思いを与えてくれる存在。その貴重で素敵なお一人が「葉」のNさんでした。

 店は閉まっても、Nさんは次の道を生き生きと辿り始めると思います。寂しさと楽しみが一緒になっています。ありがとうが心にいっぱいになってます。

 心に刻まれた、精進料理レストラン「葉」は、健忘症にならない限りずっと覚えていると思いますし、時折思い返すことになるでしょう。随分沢山の方々を励まし、喜びや元気や健康を届けてくれたことに改めて感謝です。
0



2008/11/11  8:21

投稿者:魂の笛吹き

読ませて頂いておるだけで、行った事がない場所にも関わらず『とてもあたたかい雰囲気』が伝わってきたのでござる。

ぢつはちょうど先月、わしがとてもお世話になっておった『玄米菜食』の店がやはり閉店になったのでござる。

最後に『お客様に対する感謝ライブ』をやりたいと打診され、あの空間に音を入れさせて頂いたのぢゃ。

なんとなく、それとふとかぶってしまったのでござる。

終わりは新たなる旅立ち、とよく言われるものの、やはりちと寂しい気もいたすのう。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ