2008/12/7

一音  ラブフルート

 ラブフルートの一つのトーンホールのための試行錯誤。それは計算された位置に、計算された穴を開けるという単純作業ではありません。もし、それで済むのならば製作の時間はかなり短縮されますから、価格も抑えることが出来ると思います。

 この工程は笛の類いを製作しておられる方によってさまざまだと思いますが、基本的に一人のためにゼロから取り組むというスタートを大切にしています。決められた図面に基づいて、定位置に穴をあけ音程を決めるという流れは、既成のフルートの形状を前提に作り上げていくことになります。

 厳密に、正確に作り上げるという価値観には、こうした方法が評価されるのでしょうが、均質で正確なものを作り上げるという行為によって何がもたらされるかをじっくりと考えてみる必要があるかと思います。

 以前、農作業に使う鋤や鍬を製作している方とお話したことがあるのですが、自分の作った鋤や鍬を提供するのではなく、使う人の状態や癖に合わせて、その人が使いやすいように作るのだと伺いました。こうした物作りがいつの間にか変化し、製作者の価値観を提供し、使う人がそれに合わせるという流れが優先されるようになってきました。

 画一的に量産することが有効なものもありますが、個々の存在の状況に合わせて作られるものの必要もまた大きいと感じます。自分が自分として存在していることを根元から受け取る。そのための知恵と助けを伝えてくれるモノがあってほしいと感じます。

 笛の類い、とくにラブフルートは一音の幅(レンジ)が広いことが特徴(構造的な要素と繋がっています)とも言えます。ひとつの穴から生まれてくる音の幅が広い(豊か)のです。これを音程が不安定だと捉えれば、実に曖昧で不安定で使い物にならないとも言えます。逆の視点から見れば、一音から自在に揺らぎのある音を生み出せる点で自由度の高い笛とも言えます。

 この特徴があるために、最初に書いた一つのトーンホール(指穴)のための試行錯誤が起こるのです。ひとつの穴に対して、基準になる音を設定する必要があるときに問題が生まれてきます。吹きこまれる息の状態によって、音程は揺らぎます。ということは、どんな息の状態の時に、求められている音程が生まれるようにすればよいのかを考えなければなりません。

 笛は音程を生み出すのですが、同時にその人の状態を生み出すものでもあるわけです。どんな心の時に、どんな音が生まれてくるか..。その笛の音程を決める時、どんな状態でフィニッシュするのか..。それを、お会いした時の印象や、試し吹きの呼吸の状態などを思い起こしながら考えます。心が音色を生み出し、音色が心を変えていく。その循環の中に、笛の知恵があるように思います。

 音が高くなってくる時、あるいは音の流れ方によって引き起こされる心理的な変化を考えて全体のバランスを考えます。テンションが高くなるほど、静けさと和らぎが生まれるように..。その微妙な揺らぎは依頼者とのコミュニケーションから生まれてくるような気がします。

 いずれにしても、息(自らの心)を吹き込みながら笛を作っていくわけですから、自分自身の内面と肉体のバランスを繊細に感じ取ることが製作の土台になることを確かめながらじっくり歩き続けてみようと思っています。 

クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ