2008/12/31

この1年・振り返り  雑感

27日のライブを最後に2008年の演奏は終わりました。

この週は3度のライブがあり、いずれも独自のプログラムを組みながら進んできました。そこがどんな場なのか、そこに自分たちが関わることで何が生まれるのか...。それをゆっくりと思いめぐらすことがライブの原点でした。自分たちの持ち曲を演奏する場というよりは、そこに自分の人生の瞬間があるという事実とそこで生まれてくる音の響きの意味に触れ新たな音や響きが生まれてくる。そんな感じで一年が過ぎました。

 今年は初期のソロ活動に次いで、二人組のユニットを組み始めて10年以上になるメンバーが居なくなり、途中から加わった3人目のメンバーと再び二人組のユニットになるという変化がありました。一人の存在の重さを感じつつも、目の前に次々と起こってくる出来事を真摯に受け止めて新たに生きる道が始まりました。

 それは演奏ばかりではなく、製作活動にも大きな影響がありました。二人が力を合わせることで三人分の仕事をしてきたのだと感じました。これまでの協力に心から感謝し、新しい歩みが豊かになることを願いつつのお別れになりました。
 
 すべての工程を一人でこなすことは、想像以上に負担がかかりました。肉体の酷使には限界があることも改めて感じました。一本のフルートがどれだけ多くの工程を経て出来上がっているかを改めて感じることにもなりました。勿論、出来上がりに妥協はできない...。結果的に随分とお待たせした方が多くなり申し訳ないと思いつつの歩みでした。

 こういう時にも関わらず?いや、こういう時期だからなのか、演奏の機会もラブフルートの注文も増えました。ホームページで写真や価格を眺めるだけでは伝わらない、木の感触、手作りの木製フルートの存在感を感じるために遠方から工房を訪ねてくださる方が、今年もおられました。本当に、ありがたく嬉しい出会いに励まされつつの歩みになりました。

 最近の傾向は、お一人で複数のフルートを手にされる方が増えてきたということです。当初は、一度に3本も購入した自分とラブフルートとの出会いをお話していたのですが、もうそれが出来なくなりました。
6本、7本、8本、9本、10本と様々な響きのフルートを生活の中で喜び、楽しみ、旅路の友とされる方と出会い始めたからです。

 お一人のために心を尽くし、時間を掛け、親しく交流しながら作らせていただくラブフルート。それを手にし、一緒に旅をし、共に眠り、傍らにいて心の響きを生み出す時間を感謝する方々との出会い。そんな中から不思議な助けや励ましをいただいて来ました。

 「いつもこのラブフルートと一緒にいる。それが最も大切なレッスンです。」初めてラブフルートに出会ったときに受け取った言葉。その深い知恵に触れ、その通りに歩んできたことで、どれほど多くの出会い、共に生きている喜び、互いの大切さを受け取ってきたことでしょう。感謝しつつ2008年を終えられそうです。

 今年の大晦日も、そして元旦も工房で作業しながら過ごすことになりますが、このブログに立ち寄ってくださった方々に心から感謝します。新しい、素敵な一年をお迎えください。
0



2009/1/1  20:40

投稿者:SHO

naocoonさん
コメントありがとう。
シンプルだけど、ほんとにそうだな〜と感じるコメントでした。吹き初め楽しみにしています。アロマのサプライズなんか期待してもいいかな...

2008/12/31  19:03

投稿者:naocoon

今年もお世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願い致します。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ