2010/2/26

光の伝言  雑感

 長い時間の隔たりを経て、再会した瞬間に生まれてくる感覚。時の移ろい、時間が圧縮されたような奇妙な感覚。過去の記憶と現実が一気に繋がる瞬間が興味深くもあります。

 時計の秒針を眺めていると、随分と時間の流れは速いものだな..という気持ちがやってきます。すーっと溶けていくように、人生の時間が消えていく感覚。あたかも何か乗り物に運ばれているような不思議な感じがします。

 何をしているか、その内容が何であれ、時間は淡々と過ぎていきます。意識しようとしまいと、すべての事柄が時の中に吸い込まれていく..。新しいと云われていたものが、瞬く間に色あせ、次に色あせるだろう新しいものがやってきます。新しいものとは、瞬間の感覚に過ぎず、次々と古いものが集積されていく世界があるだけなのかもしれません。古いものは、新しいという瞬間を示すために存在しているのかもしれません。

 あたかも言葉遊びのようですが、時間の先を見つめるのか、過ぎ去ったことに視点を向けているのかで、現実の受け止め方が随分と違ってくるように思います。時間という乗り物は、自分が怠けていても、真剣に取り組んでいても、一定の速さで動いているようです。人は、目の前の出来事によって、時の流れを早いと感じたり、遅いと感じたりしながら生きているのでしょう。

 色んな出来事がいっぱい詰まっていると思ってきた人生も、ほんの少し瞬きをして、ふと目を開けると、自分の棺が用意されている。時の流れは速いものなのですね。

 青年期にもそういう感覚はありましたが、今は速いという感覚に加えて、確実に終わりに向かっているという意識がとても具体的で、現実的になってきます。終わりというゴールを否定的に考えているわけではありません。ある瞬間から、きっぱりとそれまでかかわってきた事柄のすべてから離れていく、それがとても新鮮であり、不思議さや面白さも感じられます。だったら、今直面している事柄の意味はどこにあるのだろう..。自分が本当にしなければならないことは何なのでしょう。

 仮設置されたステンドグラスに太陽の光が差し込んで、それが壁や床に反射するのですが、美しいさを味わい、楽しんでいるうちに、次々と光が移動し変化していきます。どこに自分の思いを向ければ良いのか定まらないまま、次々と移ろっていきます。音楽もそうだ...そして人の生涯の歩みや、これまでの出会いの流れもそうだな..と。

 流れの中に身を置いている自分の行き着く先は、恐ろしい滝壺なのか、それとも滝壺の奥深くに不思議の世界があるのでしょうか。それとも落下する瞬間に吹きつける上昇気流に乗って別世界に行くのでしょうか。はたまた、単なる闇の世界があるだけなのでしょうか。

 論理的であれ、直観的であれ、体験的であれ、何やら確信的にそれぞれの見解を掲げることはできるのでしょうが、それらもまた一瞬の中に消え去るような気がします。長い伝統や歴史を誇り、知恵と誇り正当性の確信に依存する生き方もまた、同じ道を辿るような気がします。

 にもかかわらず、自分たちは存在している。このあたりが出発点であり、帰結点かもしれません。何事かを得ること、知識や物事に携わる道ではなく、からっぽになる。空っぽな状態が死に近いとすれば生と死が融合する場所はこのあたりかもしれません。

 小さなスペースに現れた移ろいゆく光の伝言をメモしてみました...。
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ