2010/4/27

月の光、そして闇  雑感

 明りがあると気付かないことがありました。太陽の光で浮かび上がるステンドの美しさを楽しむ時間が終わり、ふと一人になって、キャンドルが消えたとき、暗闇に不思議なものが浮かび上がってきました。

 それは月明かりを受けたステンドの枠の反射やステンドグラスの影が壁面に浮かび上がっているのだとゆっくり気付きました。モノトーンの世界。うっすらと浮かび上がる影の様は、不思議な感覚を呼び起こしました。

 月明かりが見せてくれる独特の輝きのステンドと暗闇に浮かび上がるモノトーンの淡いシルエット。
こういう空間には、これまで決して現れなかった心の中の何かを感じます。

 そこには何の響きもなく、暗がりだけがあるのですが、その空間には十分すぎるほど豊かな何かが満ちていました。光の世界と闇の世界。そのどちらでも、自分が明確に生きていくことを改めて確かめる時間。すべての存在とのかかわりが断ち切られた時、心は否応なく自分と直面することになる可能性を与えられるのかもしれません。果たして、その闇の中に光を見ることはできるのでしょうか?

 この世界が光の世界と闇の世界を、交互に繰り返しながら動いている。その意味に気づくとき、自分自身にも、その周囲に存在する世界との関係にも深くて明確な変化がやってくるように思います。この自然が告げるメッセージは、与えられた旅路を辿るに十分すぎるのだと思います。

 そのメッセージを、あわただしく言葉に変えて理解しようとするという安易なプロセスから離れて、じっと見つめ続けることが大切だと思います。

 次々と流れる内面の変化を取りたてて誇張せず、現象の表面的な変化に一喜一憂するざわつきから離れて、自分の道をじっくり見つめること。その道へと誘う月明かりを浴び、月明かりから生まれる豊かな光の響きを身にまといながら歩いていきたいものです。
6



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ