2010/9/17

待っていたイチイ  雑感

  ライブの打ち合わせに伺ったレストランでの面白い出会い。お客様のご夫妻が、木の笛の演奏家が来ていると云うことで会いに来てくださいました。様々な木の響きのお話をしていると、私のところにイチイの木があるから見にきませんかと云われました。

 お言葉に甘えて、ライブの打ち合わせの途中で出かけることになりました。お伺いすると、真っ先にアンモナイトの化石がいっぱいの小屋に案内されました。びっしり並んでいる削りかけの化石。珍しいものもいっぱい...。

 さらに別の小屋にも...色んな化石がいっぱいでした。最後はご自宅に、とっておきの化石が立派な棚に並んでました。その他にも、いろいろと珍しい物の発見が続きました。よかったらどうぞ..ということで大小3個の化石を頂きました。

 いよいよイチイの木があるところまで連れて行っていただき、老けてる部分はあるけれど立派なイチイとご対面できました。気に入った物を一枚選んで良いですよと言われ、素直にいただくことにしました。

 これまで使っていたイチイは、最初の出会いから随分経ちます。最初は、良かったら持って行って使ってみな..というスタートでした。ところが2度目に伺った時は、かなり高価な値段が付けられました。その材料もなくなって、3度目に訪ねた時は2度目の時の倍の価格に跳ね上がっていました。しかも切り分けると老けてる部分や日割れも多く、使える部分は少なくなっていました。

 倉庫にはまだまだ立派なイチイがありましたが、あんたには手の出せるような価格ではないからとのひとことで、終わりでした。この時、今後はここでイチイを求めることを断念しました。木をお金に換えて出来るだけたくさん儲けるという繋がりに自分を置くことはできないと感じたからです。

 生きて笛を作り続けられる間必要な最小限のものがあれば十分と考えて、笛の価格を決めて来ましたから、これ以上価格がつり上がってしまえば、イチイの笛をお渡しすることは難しいと判断したのです。時に、一般の木材の100倍とも言われるイチイですが、必要ならばその分だけどこかで出会えるだろうと感じていました。

 それからしばらくして、今回のイチイとの出会いがありました。それは、ある方からイチイのラブフルートを製作してほしいとの依頼を受けてから間もなくのことでした。待っていたかのように、イチイの木とそれを求める方との出会いが生まれたのでした。

 さらに今日の朝、ついにイチイのフルートを作ってもらうことにしますという方がやってきました。以前から、色々と考えて来たけれど、ついに決断となりました。

 どうやら、この流れからすると分けていただいたイチイの材料も、思いのほか早く全員旅立ってしまうかもしれません。成長がかなり遅く、丈夫で、美しく、気品のある深い響きは、それを必要とする方々のところへと手渡されていくことになるのでしょう。

 手を出せないような高価な価格で売り渡す人と、あっさりと手渡してくれた人。そしてイチイのラブフルートを求める人。木の価格も土地の価格も、その他もろもろの世界に見られるもとなのだと思いますが、どこか人間の行為には不可解な部分があるような気がします。
14



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ