2010/10/27

トンコリがやってきた  雑感

  カントリーバーンのN氏に依頼していたオリジナルトンコリ。ライブの時に皆さんへの紹介を含めて届けていただきました。スプルースで作られたシンプルなトンコリはなかなか存在感があります。

 その音色は素朴で、殊更何かを演奏しようという気持ちになるよりは、ただそっとつま弾いて居たい感じです。これはKOCOMATSUに来られた方が、好きに弾けるようにと思っています。

 素朴で独特の音の並びは、焚き火を眺めながら、それとなくつま弾くのが似合っているように思います。月がきれいだな..とか、流れる雲が心をよぎる思いに似ているな...とつぶやくように歌うのも良い感じです。

 短いフレーズをゆっくり繰り返しながら、浮かび上がってくる心の思いを見つめるのも良さそうです。特定の誰かが特別な何かをするというのも一つのありかたではあるのでしょうが、上手なもの、素晴らしいものが並び続けると、距離感を感じたり、感覚がマヒしてくる.......。

 へたっぴでも、自分が自分らしく存在している事を感じたくなる。そのうち、自分らしくというやり方にも疲れたり飽きが来ることがあるでしょう。やがて、ただただ、河辺の石ころの一つになって、水の流れや風を感じ、流れる雲や草花の揺らぎや小鳥たちの鳴き交わしの中でそっと過ごしたくなる。そういう感覚に似たものが生まれてくる。そんなときに似合いそうなトンコリがやってきました。

 ラブフルートのレッスンでお伝えすることの一つに、自分が吹き抜ける風になるというアプローチがあります。自分が流れ去る風そのものであり、実際に風を感じ始める時、心の安らぎや幸せに気づき始めるかも知れません。それはフルートを手にしたり吹き始めればすぐに現実になるものではないでしょう。少し時間が必要かもしれませんし、心の柔軟さ素朴さも必要になるでしょう。そんな話を聞いたことも忘れ、様々な道を通り過ぎた頃に、ふと心が安らぎの中に居ることに気づき始めるかもしれません。

 このお話をレッスン始めた頃に聴かれた方が、足掛け6年目で少し分かるようになってきましたと先日伝えてくださいました。ラブフルートを吹く。その真意に気づかれる方は、決して多くはないのかもしれません。自分の人生に何故、ラブフルートとの出会いがあるのか、それを素朴に問いかけ、自分のペースで根気よく吹き続けていく中でゆっくりと届けられるメッセージがあるように思います。

 素朴で、音域もせまく、音程の揺らぎも大きく、あれこれと技巧をこらすことができない。およそ楽器としては、隅っこで肩身が狭くて、ほんの少し仲間に入れてもらえればいい.....。トンコリもどちらかというと、似たような存在かもしれません。(バリバリに色んな音楽と演奏して居る方々もおられますので、ここでは一般的な意味で表現しています事をご了承ください。)

 KOCOMATSUで待っているラブフルートとトンコリ。この二人。素朴で、限られているからこそ、人があれもこれも出来なくなった時こそ、そばにいて心に寄り添ってくれるような気がします。
11



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ