2010/11/26

マイナスとプラス  雑感

  フルートの製作依頼があって、ようやく出来上がって、お知らせしても連絡がない、連絡がつかない。そんなことが、何度か続いたためでしょうか...。なかなか製作意欲が湧かない。今年は、そういう波が何度かあった気がします。まあ、単純に加齢のための自然現象、意欲低下かもしれません。

 製作したラブフルートが宙に浮く。それは金銭的な問題ではないのだと思います。KOCOMATSU建築や自宅内部の手直しなどが続いて、製作が遅れたこともあります。メディアが紹介してくださって、一気に注文がやってきたこともあるでしょう。

 じっくり、ちゃんと繋がりを持って、納得して取りかかる。そういうスタイルが、一時的に壊れたのだと思います。かといって、製作依頼を断るわけにはいきませんから、製作するのですが、その後がちょっと悲しくもあり、厳しくもある。

 精魂こめて製作して、応答もなく、無言で時が流れる。こういうことは、全くなかったわけではありませんが、10数年で一人か二人程度でした。それがわずか一年ほどで、何人も...。多分、経済的な状況が変化してしまったということもあるでしょうし、気持ちの変化もあるのだろうと思います。

 何か対策を取った方がという声もありましたが、具体的には考えていません。ラブレターが届いて、精一杯心をこめて返事を書いたけれど、何も返事がない。そういうこともある、そういう人もいると云ったところでしょう。

 一本のフルートを製作する時、それは単なる作業として処理されているわけではないので、依頼者との接点や相互の理解や認識が土台になっていないと形にならないのです。さらには、感じたり、理解できたことが具体的な響きになるまでの課題にも直面します。

 難しい注文では、一人のために平行して複数のフルートを手掛けながら絞り込むことも珍しくありません。或いは、樹種の特質を十分把握するためのプロセスも大切です。同じ樹種でも、産地や成長の仕方に違いがありますし、用いる部分によっても響きは随分と違ってきます。樹種によって、木が生かされる太さや長さ、本体の厚みも違ってきます。仕上げ方は当然、響きに影響します。

 そんな自問自答の末に完成したフルートが生き場をなくしてしまうのは、悲しくもありますが、せめてそれなりの事情や連絡があってほしいとは思います。

 こんな状況に対して、逆に事前にお支払いという方々もおられます。それはそれで、責任を果たすことと信頼されている事が一つになって流れていくのですが、不思議なものです。

 受け取っても支払いがあいまいになる方もいれば、受け取る前からお支払いくださる方もおられる。まるで、空から誰かが見ているようです。あんまり弱って作れなくならないように...減っていた製作依頼もちょっぴり回復傾向のようです。

 工房の壁面にいっぱいになっていた注文書がなくなりかけた頃、そういえばあいつにも餌をあげなくてはと餌台にヒマワリを置くように、だれかがヒマワリや脂身を運んでくれるようです。小鳥も自分も何とか冬を乗り切れるようになっているようです。
9



2010/11/27  18:28

投稿者:SHO

ともこさま
コメントありがとう。
クルミ姫元気とのこと、伝言受け取りました。
今年のプルーンは全滅状態でした.....。
クルミラブフルート、人生の伴侶とまで言われて感激しているでしょうね〜
どうぞいつでも遠慮なくKOCOMATSUへお越しください!

2010/11/27  16:53

投稿者:ともこ

今年のプルーンの実りはどうでしたか?まだ見ていないKOCOMATSU、ゆっくり機会をうかがっています。うちの胡桃ちゃん、いつも荒ぶる(?!)私の心を緩ませてくれます。大切な人生の伴侶を生み出してくださってありがとうございます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ