2011/3/16

心のこもった野菜たち  雑感

  小さな集まり、小さな祈りが繋がって、震災の地へ向かいます。先日、光の中へinKOCOMATSUという案内をしましたが、集まったのは、声を掛けてくれたQさんと自分。

 それは、一人以上、二人以内という最小単位の集まりでしたが、そこから生まれた思いが具体的な形になって動き出しました。

 その場には集えなかったけれど、心が繋がっているNさん。何かしたいという思いで、戸惑いもあり、協賛は無理という方もありながら、思い切って声をかけてみましたと、先ほど連絡が入りました。

 米300Kg以上、玉ねぎ120Kg以上、ジャガイモ 200Kg以上。それぞれ自分たちの分を持ち寄ってくださったと知らせてくれました。農家の方ばかりではなく、個人からも持ち寄りがあったとのことでした。協力できる事があって、良かったといいながらの参加でした。

 わずかな量ではあるけれど、誰か一人でも命を繋ぎ元気を出してくれればとの思いを乗せて、小樽から新潟の港へと向かい、仙台方面に入ることになりました。

 たった二人でキャンドルに囲まれて過ごした夜から、コメやイモや玉ねぎが集まりました。こうした動きは、まだまだ続けなければならないのだと思います。自分では現地に行く事は出来ないけれど、しっかり出かけて役割を担ってくださる方がおられました。

 こうした思いは、現地の方々にとって、どれほど励ましや慰めになることでしょう。小さな灯を灯して声をかけてみて、良かった.....。
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ