2011/4/18

調和しながら備える  雑感

 このところ心に浮かんでくる問題意識を、あまり抑制せずに表現してきました。恐らくは、先日KOCOMATSUで開かれたチェルノブイリと福島原発の集まりで交わされたやりとりの刺激もあったかと思います。

 ツイッターなるものに書き込み、MIXIやフェイスブックにも移行され、ブログにも繋がる。この一連の流れは時に有益で、時に煩わしくもなります。一言のつもりが、一気に広がってしまう現象を前提に賢く関わる必要があるかと思います。

 ソフトバンクの孫社長さんは、3日間ツイッターを封印していて、今日復活したと書き込んでいました。私は、封印まではいきませんが、そろそろ通常のブログの流れに戻りたいと思っています。

 情報を無視せず、無関心でもなく、云い過ぎるほどではなく、ほどほどに関わっているのが良いかと思っています。適度に様々な意見や考えに触れるのは、それなりに有益であり、ひとりよがりにならずに生きる助けになるように思っています。

 震災のあった日に、それを知ることもなくヨーロッパに出かけられた方から電話を頂きました。何度も激しい津波が襲う様子をテレビで放映していたそうです。一つの出来事を、どこでどう知るのか。或いは、何を媒体として情報を得るのか。それは、その後の捕らえ方に少なからず影響を与えながら繋がってくのだと思います。

 即座に援助のために動き出す人、情報を発信し続ける人、客観的な視点に立つ人、激しく感情を揺さぶられる人。個人的な違いはあるにしろ、何らかの影響があり、言動の変化が起こっているのだと思います。

 個人的には、この出来事から引き起こされる流れに沿って生きて行こうとしてきました。最初は、KOCOMATSUで集まりたいという方の連絡を受けて場を用意。その中で、緊急援助物資の事が出て来ましたので、その場で心当たりのある方にアプローチをしました。それはやがて大きなうねりになり、現地での食料や物資の供給に繋がりました。いまは、活動の継続に向けての動きが始まっています。

 次は、情報の収集と分析、選択、発信という流れでした。その一つとして、チェルノブイリ&福島原発を考える集まりになりました。そこで引き出された事を、しっかり受け止め、次の段階に向かって準備を始めています。それは放射能に汚染された方々への具体的な助けの実践を視野に置いています。自己防衛の具体的な取り組みをしながら、必要な範囲で発信し行動することになりそうです。

 もうひとつは、メンタルな要素に対する具体的な取り組み。自分たちの命、あらゆる所有物、それが一切自分たちのものではないこと。もしくは、与えられた人生の時間の中で、何が本当に大切なのかを明確にする出来事が起こったと感じています。それはドラムと声のワークの中心的なテーマとして継続してきたことでした。

 人が自己存在の根源に触れる可能性は、必ずしも今回のような激しい揺さぶりを伴う訳ではありませんが、扉を開く一つの要素でもあるかと思います。果たしてそれが必要で、それを用いる機会があるかどうか未知数ですが、少なからず今置かれた場所で自らの鼓動と呼吸の源を感じながら過ごしています。
その可能性を広げるためにネイティブアメリカンたちが輪になって素朴に叩き続けるハンドドラムを11個用意しました。それが現地での動きに必要になる事があれば、いつでも動けるようにと考えて用意しました。

 この他に、時間が許す限りチャリティーライブでの演奏などの動きをしています。考えること、情報を得ること、具体的な行動をすること、繋がりの中で受け止めることなど、バランスをとりながら根気よく進んでいきたいと思っています。

     
9



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ