2012/2/10

助けは備えられている  雑感

  先日、タングロン北海道を訪問し、福島の子供達にタングロンを届けたいという思いをお伝えし、協力をお願いして来ました。

 昨年の震災後、早々に呼びかけを始めましたが、様々な関門があり、一歩一歩進んで来ました。

 お届けする場所が、内部被曝を回避するために懸命に取り組んでいる相馬保育園に決まりました。

 次は届ける側の準備。チャリティーライブでタングロンを送るための基金を集めたり、工房への来訪者にタングロンを飲んで頂き、思いを伝え続けて来ました。

 そして今回は販売元の社長さんと直接お会いして、お話をさせていただきました。タングロンそのものの安全性、成分分析、検査証明、その他を提示していただきました。

 成分の中に昆布のヨードが含まれていることやリンゴの成分があることを確認出来ました。カリウムやカルシウムも入っています。また、原材料の放射能検査ではヨウ素やセシウムが検出されていないとの証明書もとっておられました。

 僕がタングロンを届けたいと願う理由は大きく二つあります。一つは、内部被曝軽減の可能性を含む飲み物を届けること。もう一つは、これを受け取り、飲む事で心理的負担が少しでも軽減されるかもしれないという思いです。

 資金に限りがありますから、今回タングロンをお届けするのをきっかけに、継続して飲み続けたいと思う方がおられ、長い目で子供たちを守る動きに繋がればと思っています。或は、昆布やりんごに意識を向け、ヨウ素の体外排泄の可能性を考えるきっかけになればと思っています。

 今回の訪問で、タングロン北海道から好意的、協力的なお話を頂きました。活動の当初から、タングロンの送料負担が気になっていましたが、相馬保育園への支援に限り送料無料で提供していただけることになりました。また、価格も特別価格で提供くださるとの申し出がありました。

 ここまで協力を頂けるとは思いも寄らぬことでした。それぞれができる事を持ち寄って、幼い子供達のためにできる事をしよう、そんな方々が色んな所におられて、それが命を繋いで行くのだと思います。

 今はタングロンをきっかけに、周囲の仲間に声を掛けさせて頂き、様々な協力をいただき始めています。

 3月に入ったら、タングロンと作家たちの思いを携え、子供達と一緒に愛の笛を吹き、心のドラムを叩き、それぞの思いを天に向けて歌い、踊ってくる予定です。
10



2012/2/27  14:51

投稿者:SHO

珠帆美汐
コメントありがとう!
入金確認させていただきました。感謝します!
どうぞあちこちに言いふらしてやってください!!

2012/2/20  13:48

投稿者:珠帆美汐

感動しました。
フェイスブックやツイッターなど、あちこちでご紹介させていただきますね!
私も先日のお振り込みに、ほんのわずかですがプラスして入金させていただきました(^^)

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ